ウォーキングデッドはグロいけど面白い?ゾンビ嫌いが食事中も見るほどハマる理由は?

私は年末年始の休みを境にアメリカの人気ドラマシリーズ「ウォーキングデッド」にハマってしまいました。基本的にゾンビやアメリカドラマは苦手だったのですが、見始めてから15分程で完全に虜になってしまい今なお、見続けています・・・

今回は、そんなウォーキングデッドで感じた私なりの魅力を語りたいと思います。

アメリカ映画が苦手な理由

そもそも私は、ゾンビだけでなくアメリカのドラマが物凄く苦手です。

理由は、ストーリーが複雑すぎるし長すぎるから。少しでも見過ごしてしまうと内容が分からなくなってしまうことが多いんです。実際に、「ウォーキングデッド」にハマる前に見たドラマはすべて途中から見る気をなくしました。

ちなみに年末年始休みで見たのは、

  • マジシャンズ(3話で脱落)
  • LOST(5話で脱落)
  • ファーゴ(1話で脱落)
  • 12モンキーズ(3話で脱落)

見始めた理由はHuluという動画配信サイトで上位にランキングされていたから。でも、壮大すぎるし、しつこいし、くどい・・・

特に12モンキーズは映画が面白かった記憶があり、楽しみで見始めたのですが、途中から何が何だかさっぱり分からなくなりました。しっかり見たら面白んだろうなぁとか、ストーリーをネットで調べなおそうかと思ったのですが、休日になぜ「頑張って見なければいけないのか?」と思い直し、見るのを断念しました。

そして、最後に辿りついたのが「ウォーキングデッド」だったわけです。

ウォーキングデッドはグロさが良い

ウォーキングデッドは、始まって15分くらいでゾンビが出現します。私はゾンビが嫌いでした。理由は単純で、「気持ち悪いから・・・」

でも、ウォーキングデッドのゾンビは気持ち悪いだけではなかったんです。もちろん、気持ち悪いし不快感もあり凝視はできません。だけど、目を覆い隙間から見てしまう感じ。

まぁ言えば怖いもの見たさですね。

実際に始まって15分くらいでスマホの画面を手で覆いながら、隙間から食い入るように見ていました。そして、捕食シーンなんか圧巻です。リアリティありすぎて本当にくぎ付けになりました。

私の中では衝撃的な出来事でした。それからというもの、年末年始は1日の半分以上を費やしましたし、シーズン8まであるので、まだまだ見終わらず楽しい日々を過ごしています。

そして、新たな変化が生まれました。

食事中の視聴はNG?

ウォーキングデッドはゾンビを倒すだけでなく人を捕食するグロいシーンが満載です。見始めたころは、食事中にパソコンの画面で見ていると、ご飯が喉を通らなくなりました。当たり前ですよね・・・

そして、あまりにもグロいシーンが多すぎるため、食事中の視聴ができないことに苛立ちを感じたりもしていました。(完全な八つ当たりですね・・・)

でも、限られた時間しか視聴できないし、食事中に見ない手はないと自分に言い聞かせ奮い立たせること。そして、twitterを見ると大抵は食事中無理という方が多い中、うどんをすすりながら見ている人がいることに勇気をもらい、頑張ってみることにしました。

すると、意外と慣れてきて今では、食事中でも頑張って見ることができるようになりました。当然、血まみれで肉を貪るゾンビを見ていると今でも、顔をしかめてしまいますが、見られない苦痛を考えると我慢できてしまいます。

まとめ

Huluでは、全シーズン・全話が見られますが、少しずつ少なくなる残りのシーズンを考えると憂鬱な気持ちになります。

でも、1日の中で一番幸せな眠る前の時間にじっくりと見られる瞬間を思い浮かべると、辛い毎日も頑張れるものです。気持ちが悪くてもここまで、頑張って見ようと思うウォーキングデッドの魅力は圧倒的です。

ゾンビやアメリカドラマが苦手な方、一度は見てみてください。もしかしたら人生観が変わるかもしれません(笑)

最後に

Huluは、2週間の無料期間があり追加料金など、一切かからず全てのコンテンツを視聴できます。また、無料期間終了後も月額933円(税抜)で視聴できるのでウォーキングデッドを観たい方は一度お試ししてみてはいかがですか?

▼公式サイト▼

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする