出世したくない若者が多い理由は「笑顔の素敵な尊敬できる上司」がいない事?

ビジネス

ある調査会社が、日本の若者世代(20歳~39歳)に対し、出世欲の調査を行ったところ、昇進を心から望んでいる人の割合は、全体の「1割程」という結果が出ました。

おまけに最近はプレミアムフライデーなんて構想もある状態・・・

今後日本の経済を支えて行くであろう人々に出世欲がなければ、「日本の将来はどうなるのだろう?」と不安に思わずにはいられませんね。では、なぜこのような結果が出たのでしょうか?

若者が出世を拒む理由

  • 責任が重い
  • プライベート優先
  • 仕事への意識低下
  • 上司が嫌い

と言った事が、挙げられます。上記3つは、「上司が嫌い」から来るケースって結構多いのではないでしょうか?

人間と言うのは情で生きる生き物です。(そうでない方もいると思いますが・・・)

つまりは、「上司が嫌い」から「尊敬できる上司」に変われば、出世を拒む理由なんて大体は解決する気がします。「この人のようになりたい!」あなたはそんな上司ですか?勿論、人生なんて、仕事なんて自分次第。結局は自分で決める事です。しかしながら、上に立つ人間が、部下へ道をしっかり教えてあげる事も今の世の中必要ではないでしょうか?

じゃあ、尊敬できる上司ってどんな人でしょう?

 

笑顔の素敵なカッコイイ上司

仕事が出来る

「当然だろ?」という聞こえてきそうですが、世の中には勤続年数が長いだけで役職に就いている方もいらっしゃいます。勿論そういう方にどうこう言うつもりはありませんが、偉くなれば、長く携われば自分への反省を怠りがちになります・・・

私の知る限り最高の上司は、常に自分を振り返り、自己満足ではない仕事を心掛けている方でした。

 

誰に対しても対等に接する

人間ですから、誰にだって好き嫌いはあります。しかし、それを表面に出す行為ほど愚直な事はありません。特に容姿の素敵な若い女性にだけ優しいなんてもっての他・・・周りの人間は意外と人を見ているものです。

又、自分の感謝や謝罪の気持ちを誰に対しても伝える事が出来る人って本当に魅力的です。上司から深々と頭を下げられお礼を言われた時、なんというかとても嬉しい気持ちと同時に、凄い人だなと感じた事を今でも覚えています。

 

怒った後の対応

部下のミスに対してはやはり注意しなければなりません。そして、同じミスを何度も繰り返せば声を荒げる事が必要な時もあります。しかしながら、問題はその後。出来ない人が不在の時に、会話のネタにする方がいらっしゃいます。

周りは楽しそうに笑顔を返してくれるでしょう。そんなの当たり前です。話を合わせてるんです・・・何より、自分も同じことを言われるかも?と怯えているかもしれませんね・・・

ミスはミス。陰で悪口を言うなんて高校生です。怒った後は、綺麗さっぱりその事を忘れて皆と同様に接する方。素敵だと思います。

 

清潔感がある

人間は外見より内面。その言葉自体間違いではないと思います。しかしながら、社会人として清潔感は絶対に大切です。年を取れば、自分の見た目なんてどうでもよくなり、ヨレヨレのスーツに悪臭を漂わせている・・・

そんな方に好意が湧く人なんていませんよね。ましてやこの人に仕事を任せて大丈夫?と不安までよぎるようになります。

仕事が出来る人ってほぼ間違いなく清潔感がありますよね。理由は周りの方々への心配りです。心配りが出来ない方が仕事が出来るとは思えませんね・・・

 

いつも楽しそう

人って不思議な物で、楽しそうに笑っている人を見て不快に思う方って滅多にいません。楽しそうな笑顔って人を惹きつける力があるんです。尚且つ、仕事中は真剣な表情で、世間話の時は無邪気な笑顔・・・

このギャップに女性だけでなく男性社員からも魅力的な存在に映るでしょう。又、誰だって不機嫌な日はあります。それを表に出さず自分の気分で人と接さない人って本当に凄いなぁと思います。

 

優秀な部下を育てるメリット

「そんな周りを気にする余裕なんてないよ!お前に何が分かる!」と突っ込まれそうですが・・・

上司だからと言って周りに気を使わなくいいわけありませんし、自分への反省も必要ではないでしょうか?面倒くさい部分もありますが、決してデメリットだけではありません。

昔は、「ヤクザは自分を心酔する2人の部下がいれば天下が取れる」と言ってました。

自分の出世の為にも、明るい未来の為にも優秀な部下に教育していくことが必要と思います。いずれは、その部下に助けてもらうことだってあるかもしれないんですから・・・

何よりせっかく出会った人間同士。会社だけの関係って嫌じゃないですか。会社辞めた途端、見向きもされなくなる程、悲しい事はありませんからね・・・

私が尊敬する上司からの一言です。

「貰った物を貰った人に返すのではなく、自分の部下に返しなさい。そして与えた人に同じ言葉を言いなさい。それが日本文化です」

と・・・

 

まとめ

現代の仕事って「働く=お金」の意識が強すぎる気がします。「働く=自己実現」のような感覚で仕事を取り組む事ができれば、自ずと出世欲って湧いてくると思うんです。そのために必要なのは、「若者が尊敬できる上司」ではないでしょうか?

自分が与えられたものを次の世代の人間に同じように与えていく。家族であれば当然ですが、社会の人間関係でも同じことが言えると私は思います。

コメント