プログラミング教育の教材やソフトの人気ランキング!子供用でおすすめは?

ビジネス

2020年度からプログラミング教育が小学校で必修化した今、学習教材に注目が集まっています。そして、2018年2月21日のワールドビジネスサテライトでは、プログラミング教材の専門サイト「coporii(コポリ)」の販売金額ランキングが発表されました。

この記事ではランクインしたベスト5の製品を紹介します。

スポンサーリンク

ランキング

coporii(コポリ)のHPはコチラ

順位商品名
1位Edison(エジソン)プログラミングロボ
2位MESH アドバンスセット
3位Sphero SPRK+(スフィロスパーク)
4位プログラミングロボ Dash(ダッシュ)
5位アーテックロボ T-REX
6位プログラミングロボ コード・A・ピラー
7位Gravity Maze(グラビティ・メイズ)
8位タミヤ カムプログラムロボット工作セット
9位Code & Go ロボットマウスアクティビティセット
10位Makey Makey(メイキーメイキー)

 

1位:Edison(エジソン)プログラミングロボ

Edison – Fun robotics for tomorrow's inventors

 

  • 販売価格:5,980円(税込6,458円)
  • 対象年齢:5歳以上
  • 対象OS:Windows、Mac、タブレット(iPad,Android)、RasberryPi

Edisonは二輪ロボットで、音を鳴らしたり車を動かしたり(線に沿って走行・障害物をよけて走行等)することができます。
操作方法は、パソコンやタブレットに専用ソフトをダウンロードしてプログラミングするEdware(エドウェア)とブラウザ上でプログラミングするEdBlocks(エドブロックス)の2種類があります。どちらも日本語には対応していないようです。

WBSにて放送されていたのはEdBlocks(エドブロックス)でのプログラミングです。ブロックを移動させる直感的な操作なので日本語非対応でも幅広く活用されています。実際、Amazonでは2月21日時点で在庫切れです。

ちなみにEdisonは、KickStarterというクラウドファンディングで900万円以上集めたプログラミング教材です。「KickStarter」とはWebサイト版の「マネーの虎」のようなものです。①商品化したいアイデアを試作し出資者を募る ②出資者がお金を支払う という流れで商品化が実現しました。

 

2位:MESH アドバンスセット

MESH – 誰でも簡単に楽しめる次世代工作ツール

 

  • 販売価格:35,167円(税込37,980円)
  • 対象年齢:7歳以上
  • 対象OS:iOS8.0以降、Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)を搭載
    Andoroid5.0以降、Bluetooth 4.0 (Bluetooth Low Energy)を搭載

MESHとは、ソニーが開発した無線通信が可能な機器です。それぞれの機能(LED・ボタン・人感・動き・温度湿度・明るさ・GPIO)を持った7つのブロックを利用して様々なプログラムを作ることができます。

操作方法はタブレットにアプリをダウンロードし、表示されたブロック同士をつなぐだけ。プログラミング知識は不要で直感的に操作が出来る為、子供はもちろん、大人でも楽しめます。(むしろ大人の方が楽しめそうな気がします。)

実際、「MESH」のサイトを見てみると「人気レシピ」というページがあり、いろんな方のアイデアが公開されています。

  • 一人暮らしの親の安否を確認
  • 子供のテレビ見過ぎを防止
  • ベビーベッドの温度や湿度を監視

 

3位:Sphero SPRK+(スフィロスパーク)

Just add imagination – Introducing SPRK+

 

  • 対象年齢:7歳以上
  • 販売価格:16,800円(税込18,144円)
  • 対応OS:Android 4.4以降、iOS9.0以降のiPhone, iPad, iPod touch.

ボール型のプログラミングロボットで、地面だけでなく水上でも移動が可能です。また、球体と車のおもちゃを組み合わせて遊ぶことができます。とにかく楽しそうです。

操作方法は、アプリをダウンロードしてプログラムを作ります。既に作られているプログラムも利用できますし、下記のように自分でプログラムを作る方法もあります。

  • DRAW:初心者向けで図形を描くような操作
  • BLOCKS:ブロックを移動させて操作
  • TEXT:JavaScriptを利用してテキストコードにて操作

興味がある子とそうでない子の差が激しそうです。興味ある子であれば、とことん突き詰めて夢中になると思います。

 

4位:プログラミングロボ Dash(ダッシュ)

The Dash & Dot Show: Intro

 

  • 対象年齢:3歳以上
  • 販売価格:20,000円(税込21,600円)
  • 対象OS:iOS 8.1 又はそれ以上、Android 4.4.2 又はそれ以上で、Bluetooth 4.0 LE搭載機種、Amazon Kindle OS version 4.5.5+(機種によっては対象外の可能性有)

Dashは、動くだけでなく話せるプログラミングロボットです。全世界で2,000校以上の小学校で導入され、ホワイトハウスの公式動画にも登場しています。日本では「NEWS ZERO」で2016年6月20日に放送。「FQ JAPAN」で2016年9月1日に掲載されました。

操作方法は、下記5種類のアプリをダウンロードします。それぞれに用途が決められており、プログラミングの基礎から応用まで段階に合わせて学ぶことができます。

  1. GO:コントローラーでdashを動かしプログラムの基礎を学びます
  2. Path:描いた通りにダッシュを動かしブログラミングの思考を学びます
  3. Blocky:ロックを移動させてプログラミングを学びます
  4. Wonder:1~4で学んだ知識で課題に挑戦します
  5. Xylo:作曲した音楽をdashが演奏します

 

5位:アーテックロボ T-REX

ロボティスト T-REX

 

  • 販売価格:14,900円(税込16,092円)
  • 対象年齢:7歳以上
  • 対象OS:Windows、Mac

T-REXは、株式会社アーテックが開発したプラモデル型のプログラミングロボットです。下記4種類に組み立てることができ、それぞれ動きが異なります。

  • リアルアクション
  • 二足歩行
  • 二足歩行ロボ
  • ロボコング

操作方法は、パソコンにドライバをインストールします。アイコンと動く角度を入力するプログラミングの為、上記で紹介したロボットに比べて動きは限定されると思います。

また組み立て式の為、子供向けというよりはプラモデルを作っていた世代の方に人気があるように感じます。

 

スポンサーリンク

まとめ

第4次産業革命の時代を勝ち抜く人材育成のためのプログラミング教育。

WBSの解説者の方も言われていましたが、子供はロボットに触れる事で新しく楽しいことを思いつくんでしょう。そして、その興味が革新的な技術を次々と生み出す源になるんですね。対する大人は応用方法が思いつかずすぐに飽きてしまいそうです。

この教育改革により、生きている内に「ドラえもん」が生まれてくれたらと切に願います。(笑)

 

ビジネス
スポンサーリンク
shungikuをフォローする
高還元で年会費無料のクレジットカード
リクルートカード

nanacoチャージも1.2%と最高のポイント還元率!更に年会費無料で国内・海外の傷害保険とショッピング保険も付帯!

楽天カード

還元率は1.0%で楽天市場ではポイント3倍。発行枚数1,200万人を超える、最も人気のあるクレジットカード!

Yahoo! JAPANカード

還元率は楽天カードと同じく1.0%。CMでもおなじみ10,000円分のTポイントが貰えるキャンペーンを実施中!

クレジットカードでの支払いに目覚めたい

コメント