女性限定の三井住友VISAアミティエカードは学生も発行可?メリット・デメリットまとめ!

クレジットカード

三井住友VISAアミティエカードは、三井住友カードが発行するクレジットカードです。

従来の三井住友VISAカードと違い女性しか作れないカードなので、携帯電話料金のポイントが2倍など様々な特典があります。また、券面はピンクがかっており財布を開いた時にほんのりとオシャレさを感じさせるデザインです。

そんな三井住友VISAアミティエカードのメリット・デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

三井住友VISAアミティエカードとは

女性限定のクレジットカードです。基本情報は以下のようになります。

券面デザイン
ポイント還元率0.5%~
ポイント有効期限2年間
入会資格高校生を除く満18歳以上の女性
国際ブランドVISA・MasterCard
年会費
(本カード)
初年度無料。
2年目以降1,250円。
年会費
(ETCカード)
初年度無料。
2年目以降500円だが、年一回以上のETC利用で無料。
年会費
(家族カード)
1人目は初年度無料。2年目以降は400円。
発行手数料無料。
(再発行時のみ1,000円)
締め日・支払日15日締10日払
 or
月末締26日払
海外旅行保険最高2,500万円
国内旅行保険最高2,500万円
ショッピング保険最高100万円

 

年会費

本会員の年会費は、女子大生であれば無料。(ただし、利用限度額の上限は30万円)

それ以外の方は、初年度のみ無料。2年目以降は1,250円(税抜)かかります、尚、三井住友VISAカード全般にいえることですが、年会費を割引または、無料にする方法があります。

 

年会費を500円割引に

三井住友カードは、「カードご利用代金WEB明細書サービス」に無料登録をすると年会費の割引を受けられます。割引額は以下のように会員ランクにより異なります。

三井住友VISAアミティエカードは「その他のカード会員」に該当する為、2年目以降の年会費が750円(1,250円-500円)になります。

会員ランク割引額
プラチナカード会員1,000円
ゴールドカード・
プライムゴールドカード会員
1,000円
その他のカード会員500円
※金額は税抜きです。

 

年会費を無料に

三井住友VISAアミティエカードは、「マイ・ペイすリボ」に登録及び、年1回以上の利用で年会費が無料になります。

「マイ・ペイすリボ」とは、三井住友VISAカードのリボ払いの一種ですが、通常のリボ払いと異なり手数料を発生させずに利用する方法があります。

通常のリボ払いは支払い金額を5,000円に設定すると、リボ払いの利用残高が5,000円未満でも手数料が発生します。対する「マイ・ペイすリボ」は、5,000円未満であれば手数料が発生しません。
すなわち、支払い金額を1回払いの上限まで引き上げれば実質、1回払いと同じく手数料を支払わなくて済みます。

 

ワールドプレゼント

三井住友VISAカードは、1,000円のお買い物につきワールドプレゼントを1ポイント獲得できます。1ポイントが5円なので還元率は0.5%です。

貯まったポイントは以下のようなポイントに交換できます。お薦めは、等価交換が可能な楽天ポイント・dポイント・au walletポイントです。また、Amazonギフト券やVJAギフトカードへも交換できます。

交換先交換単位
(⇒交換先)
三井住友プリペイド1P⇒5円
楽天スーパーポイント1P⇒5P
Tポイント1P⇒4.5P
ゴールドポイント
(ヨドバシカメラ)
1P⇒5P
dポイント1P⇒5P
ビックポイント
(ビックカメラ)
1P⇒5P
PeXポイント1P⇒50P
au WALLETポイント1P⇒5P
nanacoポイント1P⇒3P
Gポイント1P⇒5P
Pontaポイント1P⇒4.5P
スターバックスカード1P⇒4円
楽天Edy1P⇒3円
ジョーシンポイント1P⇒5P
ベルメゾン・ポイント1P⇒5P
ショップdeポイント
(PiTaPa)
1P⇒50P
タリーズカード1P⇒4円
カテエネポイント
(中部電力)
1P⇒5P
プレミアムポイント1P⇒4P
自治体ポイント1P⇒5P
カエトクカード1P⇒3、4円
JAF次年度年会費400P、800P
PointExchange1P⇒5円

 

スポンサーリンク

メリット

ケータイ・PHSの代金ポイント2倍

三井住友VISAアミティエカードで、携帯電話・PHSの毎月の利用料金の決済をすると通常の2倍のポイントが獲得できます。

対象となるキャリアは、docomo・au・ソフトバンク・ワイモバイルです。電話料金が高くなりがちな方には嬉しい特典です。

 

ポイントUPモールで還元率UP

また、ポイントUPモールを経由してお買い物をすると、下記還元率のワールドプレゼントポイントだけでなく、ショップ利用によるポイント(楽天市場⇒楽天ポイント)も獲得することができます。

店舗還元率
Amazon1.0%
楽天市場1.0%
LOHACO1.5%
Yahoo! ショッピング1.0%
ポンパレモール1.0%
セブンネットショッピング2.0%
ベルメゾンネット1.0%
ニッセン2%
ヤマダモール2%
※上記以外にも多数の店舗がそろっています。

 

ココイコで実店舗もお得

「ココイコ!」とは以下のステップを踏んでショッピングするとキャッシュバックやボーナスポイントが貰えるサービスです。

  1. 行きたいお店にエントリー
  2. ポイントやキャッシュバック等、特典を選択
  3. エントリー有効期限内に三井住友VISAカードで決済
  4. 特典ゲット!

対象となる店舗の一部は以下のようになり、毎週金曜日や過去のプレミアムフライデーではポイント還元率やキャッシュバックが大幅に変わることもありました。

 

■百貨店

 PtCB
天満屋2倍0.5%
大丸3倍1%
タカシマ屋3倍1%
東急百貨店3倍1%
京王百貨店2倍0.5%
小田急百貨店3倍1%
松坂屋3倍1%
藤井大丸3倍1%
京急百貨店2倍0.5%
福屋3倍1%

 

■ショッピングモール

 PtCB
三井アウトレットパーク3倍1%
東急プラザ銀座3倍1%
渋谷ヒカリエ ShinQs3倍1%
モザイクモール港北2倍0.5%
ユニバーサル・シティウォーク大阪TM5倍2%

 

 

傷害保険が付帯

三井住友VISAアミティエカードは、海外・国内の旅行保険が付帯されます。年会費が実質無料で付帯されるカードは稀ですし、保険会社は「三井住友海上」と安心感は絶大です。

 

海外旅行傷害保険

海外旅行時の補償内容は以下のようになります。

死亡・後遺障害に関しては、300万円の自動付帯があります。アミティエカードと同様に学生も保有できる「デビュープラスカード」は自動付帯が無いため、大きなメリットといえます。

補償内容金額
傷害死亡・後遺障害合計:2,000万円
自動付帯:300万円
条件付帯:1,700万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
100万円
疾病治療費用
(1疾病の限度額)
100万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2,500万円
携行品
(自己負担額3千円)
20万円
救援者費用
(1年間の限度額)
150万円

 

国内旅行傷害保険

国内旅行時は、死亡・後遺障害保険が付帯されます。自動付帯の部分が最高300万、利用付帯の部分が最高1700万、合計で最高2000万円です。

補償内容金額
傷害死亡・後遺障害合計:2,000万円
自動付帯:300万円
条件付帯:1,700万円

 

ショッピング保険が付帯

年間合計で最大100万円までのショッピング保険が付帯されます。傷害保険と同じく年会費が実質無料で付帯されるカードは稀です。

自己負担額は1件につき3,000円で購入日~90日間が補償対象となります。

ただし、海外でのショッピングは1回・2回払いも対象ですが、国内では3回以上の分割払い・リボ払いなど手数料が発生する支払い方法だけが補償対象となるので注意が必要です。

年会費を無料にで紹介したように、「マイ・ペイすリボ」で支払い金額を高く設定して1回払い同様に利用すれば、国内でも補償対象となります。

強固なセキュリティ

三井住友VISAカードは、セキュリティ面でも信頼感は絶大です。

また、米国Dynamics Inc.と提携し世界初の「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に発行することも発表しています。

三井住友カードがロック機能付のクレジットカードを発行!対するJCBは手のひらで決済!両者の特徴は?
三井住友カードが米国Dynamics Inc.と提携し、世界初の「ロック機能付きクレジットカード」を2018年に発行することが発表されました。「ロック機能付き」という時点で既に、セキュリティが強固なイメージが湧いてきますね。 また、2...

 

顔写真入りカード

VISAブランド限定となりますが、希望する方はカード裏面に顔写真を掲載できます。これにより万が一、不正利用しようとする輩がいても対面での決済を避け被害にあう確率が大幅に減ります。

ただ、写真が気に入らなければカード決済の度に、少し恥ずかしい気分になりそうですね・・・(写真の取り替えは可能です。)

 

不正利用の監視

三井住友カードは頻発する不正利用を防止する為、常に利用状況を確認し懸念がある場合にはカード決済を一時的または恒常的にロックする部署を設けているため高確率で不正利用を防止できます。

そして、そのセキュリティレベルは世界最高峰

実際、VISAインターナショナルが、三井住友VISAカードの徹底したセキュリティをアジア・太平洋地域で唯一表彰したほどです。

 

電子マネー

三井住友VISAカードは、WAON・iD・PiTaPaと3種類の電子マネーを利用できます。

 

WAON

WAONはご存知の通り、イオングループが発行する電子マネーで、200円のショッピングにつき1円分のポイントが貰えます。また、以下のように月に何度もお特に買い物ができるメリットがあります。

  • 毎月20・30日の感謝デーは5%OFF
  • 毎月5・10・25日のわくわくデーはポイント2倍

ただし、三井住友VISAカードにWAONを付帯できるわけではなく、別で「三井住友カードWAON」を発行できるだけ。そして、WAONに三井住友VISAカードからチャージはできますが、それによるポイントは貯まりません。

また、発行手数料も300円かかります。

 

iD

三井住友VISAカードは、電子マネー「iD」を付帯することができます。「iD」は後払い方式の電子マネーなので事前のチャージは不要です。「iD」で決済した金額は、三井住友VISAカードの支払日に請求されます。

「iD」を利用する方法は下記3つ。

  1. 三井住友カードiD(専用カード)
  2. 三井住友カードiD(クレジットカード一体型)
  3. 三井住友カードiD(携帯)

①はクレジットカードとは別に専用カードを保有しなければなりません。財布をスッキリさせたい方は、②・③から選ぶことになります。

最近は、スマートフォンで管理する方が多いように感じます。

Androidであれば、アプリをインストール。iPhoneであれば、Apple payに三井住友VISAカードを登録することで全国の「iD」加盟店で利用できます。

 

PiTaPa

PiTaPaは、主に関西圏内のバスや電車・ショッピングに利用できる電子マネーで、下記のような割引が受けられます。

  • 利用回数割引
  • 利用額割引
  • 登録型割引サービス

この電子マネーはWAONと同じく、三井住友VISAカードとは別に「PiTaPaカード」を発行できます。

また「iD」と同じく事前のチャージ不要で基本的には利用できますが、PiTaPaのエリアを出て全国相互利用をする際は、事前にチャージが必要になります。

全国相互利用とは、全国にある10の交通系電子マネーをどのエリアでも利用できるサービスのことです。例えば、PiTaPa(関西)はSuica(東日本)のエリアでも利用できますし、その逆も可能です。

 

支払日変更可能

三井住友VISAカードは、支払日の変更が可能です。ちなみに三井住友VISAカードの中で支払日が変更できるのは以下のカードになります。

三井住友プラチナカードアミティエカードOne's CARD
ゴールドカードデビューカードTuoカード
プライムゴールドカードデビュープラスカードエブリカード
ヤングゴールドカード20sバーチャルカードエブリプラス
エグゼクティブカードSMBC CARDETC一体型ゴールドカード
クラシックカードSMBC CARD SuicaETC一体型クラシックカード

 

支払日を変更できない大手のクレジットカードは多いので、ご自身のライフスタイルに合わせて選択できる点は大きなメリットです。

変更はインターネットまたは、郵送にて行うことができます。

 

利用可能額反映が当日

クレジットカード会社の多くは、「引き落としされました」というデータが金融機関から届き次第、利用可能額(カード決済できる金額)へ反映する為、遅ければ1週間程時間がかかります。

例えば、楽天カードであれば27日に引き落とし後、その金額が限度額に反映されるまで最大で4営業日かかります。

対する三井住友VISAカードは「みなし決済」を行う為、支払日当日に反映するので、限度額ギリギリまで利用するヘビーユーザーにとっては大きなメリットです。

 

スポンサーリンク

デメリット

ポイント還元率が低い

三井住友VISAカードの還元率は0.5%です。

年会費無料の楽天カードやYahoo! JAPANカードの還元率が1%。リクルートカードに至っては1.2%なので、お世辞にも高いとは言えません。

ただし、いくら使ってもポイントを得られない現金決済より遥かにお得ですし、ポイントUPモール経由やココイコの利用で、低い還元率を補える程の魅力があります。

 

海外旅行の補償が手薄

年会費実質無料で、海外旅行傷害保険が付帯されているだけでも大きな魅力ですが、利用頻度が高い「傷害・疾病」の限度額(100万円)がもう少し高ければと個人的には思います。

海外では日本のように医療保険が受けられず全額自己負担の国もあるので、いささか不安です。年会費無料のリクルートカードを併用すれば、利用付帯ですが治療費用が100万円まで補償されるので安心できます。

 

電子マネーでポイント二重取不可

ご存知の方も多いと思いますが、電子マネー決済は以下の段階でポイントの二重取りができます。

  • クレジットカードから電子マネーへのチャージ
  • 電子マネーでの決済

私がよく使うのは、リクルートカードで楽天Edyへチャージ(1.2%)。そして、楽天Edyで決済(0.5%)。すると還元率1.7%。1万円につき170円分のポイントがもらえます。

しかしながら、三井住友VISAカードで利用できる電子マネーは、ポイントの二重取りができません。還元率で比較すると3倍(1.7%÷0.5%)以上の差が生まれることになります。

 チャージ決済
WAON0.5%
iD0.5%
PiTaPa割引等有
※iDはチャージ不要です。利用分は三井住友VISAカードの支払日に引き落としされます。

 

この点はデメリットとなりますが、電子マネー自体利用しない方にとっては無関係です。また、どうしても電子マネーを利用したいのであれば、ポイント還元率1.2%と高く尚且つ、年会費無料のリクルートカードがお薦めです。

以下の電子マネーにチャージでき1.2%のポイントも貰えます。ただし、nanacoだけは1枚のカードにつき月額合計3万円までがポイント付与の対象となるので注意が必要です。

 JCBVISA/
MasterCard
楽天Edy対象外pt付与
nanacopt付与pt付与
モバイルSuicapt付与pt付与
SMART ICOCA対象外pt付与

 

スポンサーリンク

メリット・デメリットまとめ

以上、三井住友VISAアミティエカードのメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリットデメリット
・ケータイ・PHS利用料のポイント2倍
・ポイントUPモールで還元率が大幅にアップ
・「ココイコ!」で実店舗もお得に
・充実の旅行保険
・強固なセキュリティシステム
・支払いが他社より柔軟
・ポイント還元率が低い
・海外旅行の補償が手薄
・電子マネーでポイント二重取不可

 

三井住友VISAアミティエカードは、3つのデメリットが挙げられます。しかしながら、それを上回るメリットは豊富です。

その最たるものが三井住友VISAカードというブランドです。世界のトップシェアを誇るVISAブランドを日本で初めて発行した会社であり、絶大的な信頼性は言うまでもありません。

その三井住友VISAブランドの中でアミティエカードは、年会費が実質無料にもかかわらず自動付帯の海外旅行保険携帯電話料金のポイントが2倍になる点は旅行・友人とのやり取りが多い女性に魅力的なクレジットカードです。

尚、2018年9月28日まで新規入会で最大10,000円がキャッシュバックされるキャンペーンを実施中です。

◆公式HP⇒三井住友VISAアミティエカード

コメント