ゼンショーの電子マネーCooCa(クーカ)!使える店舗や利用方法とメリット・デメリット!

プリペイドカード

株式会社ゼンショーホールディングスが発行する電子マネー「CooCa(クーカ)」。

nanacoや楽天Edy等と比べて利用できる店舗は少ないですが、お得なキャンペーンも実施しているので限定的ではありますが、十分に活用できる電子マネーだと思います。

ということで今回は、CooCaの使い方やメリット・デメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

CooCaの利用方法

CooCaは事前にチャージを行い、その残高内で対象店舗にてショッピングができる電子マネーです。

 

使える店舗は?

全国的に使える店舗は、すき家・はま寿司・ココス・焼き肉宝島がありますね。尚、「ZENSHO CooCa取扱店検索」にて確認出来る店舗でしか利用はできないので注意が必要です。

利用可能店舗
すき家はま寿司ココス
焼き肉宝島ジョリーパスタ華屋与兵衛
和食よへいヴィクトリアステーションいちばん
牛庵ミルキーウェイビッグボーイ
※京都府内、富山、石川、福井、岐阜、滋賀、奈良県とのココスでは利用不可。

 

チャージ

CooCaを利用するには上述した「使える店舗」にてプリペイドカードの発行が必要になり、同時に1,000円分の現金チャージも必須です。

2回目以降の入金は、1回につき1,000円単位で49,000円まで。最大10万円までチャージができます。入金方法は、下記2つの方法があります。

  • レジにて現金チャージ
  • 会員サイト「my Cooca」にてクレジットカードチャージ

 

決済方法と会員登録

CooCaの決済方法は、下記2種類があります。

  • プリペイドカード決済
  • スマホでのバーコード決済

プリペイドカード決済なら会員登録をしなくてもポイントは獲得できますが、ポイント利用はできません。また、スマホでのバーコード決済は事前の会員登録が必須です。

登録は、Webまたは郵送(店舗内のガイドブックに添付された申込書)にて可能ですがプリペイドカードに記載のカード番号とPIN番号が必要です。

 

ポイントの利用方法

CooCaでの決済により200円につき1円分(還元率0.5%)のCooCaポイントが付与されます。ポイントはWebから100円単位でCooCaクーポンへ交換できます。

会計時にCooCaクーポンを提示して決済を行いましょう。

 

メリット

クレジットカードチャージ

電子マネー全般に言えることですが、クレジットカードでCooCaに入金してから、ショッピングをするとポイントの二重取りが可能です。(クレジットカードによっては、付与対象外の場合有)

例えば、現金でチャージした場合は、CooCaでのショッピングで得られる0.5%のポイントしか獲得できませんが、還元率1%のクレジットカードでチャージした場合、クレカ決済によるポイントとCooCaでの決済による2種類のポイントを獲得できます。

現金クレジットカード
(還元率1%)
・50pt
(1万×0.5%)
⇒合計50pt
・50pt
(1万×0.5%)
・100pt
(1万×1.0%)
⇒合計150pt

 

毎月25~27日は3%のポイント獲得

通常は、チャージで付与されるCooCaポイントはありませんが、毎月25~27日の3日間は1万円以上のチャージをすると3%のポイントを獲得できます。

また、還元率1%のクレジットカードで1万円のチャージを行いCooCaで1万円のショッピングを行うと得られるポイントは、450pt。実質4.5%になります。

通常25~27日
・50pt
(1万×0.5%)
・100pt
(1万×1.0%)
⇒合計150pt
・50pt
(1万×0.5%)
・100pt
(1万×1.0%)
・300pt
(1万×3.0%)
⇒合計450pt

 

CooCaの日はポイント9倍

毎月9の付く9・19・29日にCooCaでショッピングをすると、通常の9倍のCooCaポイントを獲得できます。

例えば、CooCaで1万円のショッピングをしても通常は、50ptですが、CooCaの日は450pt。更に、毎月25~27日のチャージポイント3%。極めつけはクレジットカードの還元率を1%とすると、合計で実質8.5%と驚異的な還元率になります。

通常毎月9の付く日と25~27日
・50pt
(1万×0.5%)
・100pt
(1万×1.0%)
⇒合計150pt
・450pt
(1万×4.5%)
・100pt
(1万×1.0%)
・300pt
(1万×3.0%)
⇒合計850pt

 

現金との併用も可能

CooCaは、他の電子マネーと異なり現金との併用が可能です。

例えば、CooCaの残高が500円で会計が600円の時。500円はCooCa、残り100円は現金という決済ができます。nanacoやWAON等の主要電子マネーは、柔軟な決済ができない為、大きなメリットといえます。

 

▼還元率の高いクレジットカードはコチラ▼

 還元率年会費
リクルートカード1.2%無料
Yahoo! JAPANカード1%無料

 

デメリット

CooCaクーポンの有効期限が短い

CooCaポイントはクーポンへ交換することで対象店舗にて利用ができます。しかしながら、CooCaクーポンの有効期限は3ヵ月と短いです。

よって、クーポンへの交換はポイント利用直前に限定するようにしましょう。

有効期限
(最終利用日から起算)
CooCaマネー2年間
CooCaポイント1年間
CooCaクーポン3ヵ月

 

100pt単位でのみ利用可

nanacoやWAON等の主要電子マネーは1円単位でポイント利用が可能ですが、CooCaのポイントは、100円単位でしか利用ができません。

しかしながら、ファミリー登録をすることで、デメリットの一部は解消できます。ファミリー登録はCooCaポイントを家族・友人同士で共有できるサービスです。

各々でCooCaのポイントを貯めておけば、一緒に対象店舗へ出かけた際に、まとめてポイント利用ができます。家族間であれば支払ったポイント数が「多い・少ない」でもめる事もなさそうですね。(笑)

 

まとめ

メリットデメリット
・クレジットカードチャージはお得
・現金との併用も可能
・毎月25~27日は3%のポイント獲得
・CooCaの日はポイント9倍
・CooCaクーポンの有効期限が短い
・100pt単位でのみ利用可
・Web上で完結不可

 

以上、CooCaの使い方やメリット・デメリットについてまとめてみました。

CooCaでの決済は0.5%と他の電子マネーと変わりませんが、還元率1%のクレジットカード利用に「毎月25~27日」と「9の付く日」の大幅なポイント増量キャンペーンを併用することで最大8.5%の驚異的な還元率となるのは大きな魅力です。

確かに、対象店舗は主要電子マネーに比べると少ないですし、ポイントも100pt単位の利用と不便に感じる部分もありますが、年会費等もかからないので頻繁に利用する店舗が近くにあれば、登録していて損は無い電子マネーだと思います。

今後の店舗数の増加に期待しましょう。

プリペイドカード
スポンサーリンク
shungikuをフォローする
高還元で年会費無料のクレジットカード
リクルートカード

nanacoチャージも1.2%と最高のポイント還元率!更に年会費無料で国内・海外の傷害保険とショッピング保険も付帯!

楽天カード

還元率は1.0%で楽天市場ではポイント3倍。発行枚数1,200万人を超える、最も人気のあるクレジットカード!

Yahoo! JAPANカード

還元率は楽天カードと同じく1.0%。CMでもおなじみ10,000円分のTポイントが貰えるキャンペーンを実施中!

クレジットカードでの支払いに目覚めたい

コメント