上司や取引先に新年の挨拶をLINEの年賀状で送るのはマナー違反?

ビジネス

LINE株式会社が行った「新年の挨拶風習」に関する調査結果を見て正直、ビックリしました。今、少しずつ日本の年賀状文化が変化しつつあります。

スポンサーリンク

調査概要

  • 調査方法:「LINE Research Platform」を活用したスマートフォンリサーチ
  • 調査対象:全国に住む15~59歳の男女
  • 有効回答:3,595人
  • 調査期間:2016年12月1日~12月2日

 

スポンサーリンク

LINEでの挨拶をマナー違反と感じる人が少ない

■LINEでの挨拶を失礼と感じない人の割合

世代パーセンテージ
全体70%
10代男性71%
20代男性70%
30代男性64%
40代男性70%
50代男性69%
10代女性76%
20代女性72%
30代女性69%
40代女性68%
50代女性70%

 

調査結果によると、「新年の挨拶がLINEでもマナー違反と感じる相手がいない」と答えた人の割合は、70%です。私は、10代や20代が大半を占めていると思いましたが、以外にも全世代あまり大差ない比率が結果として出ています。

この調査は、プライベートだけでなく、仕事での付き合いがある方も対象に含まれています。よって、上司が部下からLINEで新年の挨拶が来ても、失礼と感じる人が少ない事になります。

 

スポンサーリンク

LINEでの挨拶がマナー違反と感じる相手

■LINEでの挨拶がマナー違反と感じる相手

 取引先部下上司
全体15%12%10%
10代男性9%8%6%
20代男性14%10%10%
30代男性18%13%10%
40代男性13%14%14%
50代男性14%16%9%
10代女性8%8%5%
20代女性16%10%9%
30代女性17%13%12%
40代女性16%13%11%
50代女性15%12%10%

 

「新年の挨拶がLINEではマナー違反と感じる」と答えた人の中で、その相手の上位に位置するのは、取引先、部下、上司です。気を遣われる立場の人間(上司や取引先の人)が、気を使う立場の人間(部下)からLINEで挨拶されればマナー違反に感じるのは当然と思います。

しかしながらこれは、あくまでも「新年の挨拶がLINEでもマナー違反と感じる相手がいる」と答えた30%の人の回答ですから、70%の人達は年賀状はLINEでも失礼じゃないと考えている事になります。

 

■新年の挨拶をLINEで送る予定の相手

 1位2位3位
10代男性友達クラスメイト部活
20代男性友達恋人部活
30代男性友達同僚家族
40代男性友達同僚家族
50代男性友達同僚家族
10代女性友達クラスメイト部活
20代女性友達恋人家族
30代女性友達家族同僚
40代女性友達家族同僚
50代女性友達家族同僚

 

勿論、「年賀状も送ってLINEも送るのが当たり前」と考えている人の数も含まれるでしょうし、「新年の挨拶をLINEで送る予定の相手」の中の上位には、上司や取引先の人が含まれていない事から、LINEでは上司や取引先に送らないという事は暗黙の了解なのかもしれません。

 

スポンサーリンク

まとめ

1949年に始まった郵便局が発行している年賀はがきの発行枚数は、2003年のピークを境に年々、減り続けています。人口も減少傾向にあるからと思うかもしれませんが、「日本人一人当たりの平均枚数」も同様に減少している事が事実としてありますので、「紙の年賀状」という文化が減少傾向にある事は否めないでしょう。

又、「紙の年賀状」を使うのはビジネスマンがメインです。今後、ビジネスマンになる10代・20代の若者が日本の文化を引き継いでいくのか、気になるところです。

コメント