PayPayあと払いは危険な罠?PayPayカードとの違いやメリット・デメリットまとめ!

QRコード決済サービス

「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列です。ただ、クレジットカードの発行を拒む属性の方を「PayPayあと払い」という名目で、会員として取り込むための施策に過ぎません。

だからか「PayPayあと払いは危険だ!罠だ!」と言った声を見かけるのかもしれません。

よって「PayPayカード」から申し込んでも「PayPayあと払い」は利用できますし、「PayPayあと払い」から申し込んでも「PayPayカード」を発行したことになります。

では、具体的にどのような違いがあるのか?

メリット・デメリットを踏まえこの記事にて徹底解説します。

PayPayあと払い(一括のみ)とは別サービス

2020年4月より「PayPayあと払い(一括のみ)」というPayPay残高が無くともチャージ不要で利用できる支払方法がありました。

ですが、この記事で紹介する「PayPayあと払い」が2022年2月より始まった為、「PayPayあと払い(一括のみ)」の新規受付は終了しました。

 PayPayあと払い(一括のみ)PayPayあと払い
利用できる方対象者のみ全員
清算手数料300円無料
サービス開始2020年4月15日~2022年1月28日2022年2月1日~
締め日・支払日月末締め翌月払い月末締め翌月27日払い
※PayPayあと払い(一括のみ)の申込みは2022年1月28日で終了しました。

 

 

PayPayカードとの違いは?どっちがお得?

「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つですが、利用するにあたり下記点に相違があります。

  • 入会時に貰えるポイントが違う
  • プラスチックカードの利用可否を選択できる
  • PayPayあと払いの方がポイント還元率が高い
  • PayPayポイントが付与されるタイミングが違う
  • PayPayカードの限度額内でしかPayPayあと払いは利用不可

 

申込時に貰えるポイントが違う

入会キャンペーンに違いはありませんが「PayPayあと払い」はポイントサイトを経由しての申込みができない為、PayPayカードから申し込んだ方が3,000円以上もお得です。

 PayPayカードPayPayあと払い
公式サイト7,000円7,000円
ポイントサイト3,000円
合計10,000円7,000円

 

ポイントサイトには、クレジットカード発行や商品購入・アンケート回答・アプリインストール等、様々な案件が用意されており、条件をクリアすることで公式サイトのキャンペーンとは別に高額なポイントを貰えるので、簡単にお小遣い稼ぎができるメリットがあります。

PayPayカード(あと払い)の入会キャンペーンで7,000ポイントゲット!更に3,000ポイントを獲得するには?
「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列です。 よって「PayPayカード」から申し込んでも「PayPayあと払い」は利用できますし「PayPayあと払い」から申し...

 

プラスチックカードの利用可否を選択可能

「PayPayあと払い」から申し込んだ場合は、プラスチックカードの発行可否を選択できます。

 PayPayカードの申込みPayPayあと払いの申込み
プラスチックカード必ず発行される発行可否を選択可能で、発行する場合はVISA・MasterCard・JCBから選択可
バーチャルカードのみ国際ブランドはJCBに限定され、PayPay加盟店以外での実店舗では決済不可

 

ただ、バーチャルカードのみを発行する場合には、PayPay加盟店以外の実店舗で決済はできません(ネットショッピングは可能)し、バーチャルカードの国際ブランドはJCBに限定されるので注意が必要です。

 

ポイント還元率はPayPayあと払いが高い?

「PayPayカード」や「PayPayあと払い」のポイント還元率は下記のようになります。

 PayPay残高支払いPayPayあと払いPayPayカード
通常還元率
(~2022年12月)
0%1.0%
(0.5%)
1.0%
PayPayステップ
(~2022年12月)
+0.5%+0.5%+0.5%
(0%)
PayPayカード ゴールド所有+0.5%
合計
(~2022年12月)
0.5%2.0%
(1.5%)
1.5%
(1.0%)
※2023年1月以降の利用からPayPayあと払いの基本還元率が1.0%になります。
※2022年12月1日以降、PayPayカードによる決済もPayPayステップの特典の対象となる支払い方法に加わります。よって、PayPayステップの条件を満たせば、2023年1月以降の利用は+0.5%の特典が適用されます。
※PayPayゴールドカードを所有してPayPay加盟店で「あと払い」をすると、+0.5%が還元されますが、PayPay加盟店以外(VISA/MasterCard/JCB加盟店)で決済しても+0.5%は還元されません。

 

還元率は「PayPayあと払い」の方が最大で1.5(2022年12月まで)と高くなります。更に、2022年10月17日~12月28日までPayPayジャンボが開催されるので「PayPayあと払い」はかなりの高還元が期待できます。PayPayジャンボは、、、

対象店舗でPayPayにて支払うと抽選が行われ、最大1.5%に加え下記ポイントを獲得することができます。

  • 1等:100%
  • 2等:5%
  • 3等:0.5%

しかもPayPayあと払いでの支払いや本人確認済みかにより、最大で3回チャレンジでき、3等でも+0.5%(計2.0%)。2等なら+5.0%(計6.5%)。1等なら全額が還元されることになるんです。

私は、前回の当選結果は3等しか当たらず、尚且つ当選率は5割弱だったので、今回は大いに期待しています。

決済日 店舗 金額 還元率 獲得予定日
7月1日 寿司  ¥ 2,260 0.50% 7月31日
7月3日 うどん  ¥   780 0.50% 8月2日
7月8日 うどん  ¥ 2,130 0.50% 8月7日
8月8日 寿司  ¥ 2,497 0.50% 8月8日
8月9日 蕎麦屋  ¥ 1,420 0.50% 8月9日
7月10日 カフェ  ¥   320 8月9日
7月10日 ドラッグストア  ¥ 1,872 8月9日
7月13日 タクシー  ¥ 1,000 0.50% 8月12日
7月13日 観光  ¥ 1,500 0.50% 8月12日
7月14日 タクシー  ¥ 3,880 8月13日
7月14日 タクシー  ¥   920 8月13日
7月15日 昼食  ¥   750 0.50% 8月14日
7月15日 CAFÉ  ¥   320 8月14日
7月17日 寿司  ¥ 3,383 8月16日
7月17日 ホテル  ¥ 1,500 8月16日
7月18日 アミュプラザ  ¥ 1,400 8月17日
7月18日 アミュプラザ  ¥ 2,052 8月17日

 

ただ、PayPayカード単体での還元率は1.0%(2022年12月まで)。PayPayあと払いの還元率は1.5%(2022年12月まで)+PayPayジャンボの還元率と、PayPayあと払いの方が高くなりますが、PayPayステップクリアは達成が難しく、

PayPayで無理に買い物をして、無駄遣いしてしまい、結果ポイント還元の意味がなくなってしまった。

という声も見かけます。そうなる位なら、ポイント還元よりも本当に必要な物かどうかを考えたうえで買い物を行うようにしましょう。

また、PayPayの加盟店数(366万ヵ所)には適いませんが、iD決済が使えるお店(150万ヵ所)なら、常時2.0%の超高還元率であるTOYOTA Walletも個人的にはお薦めしております。

TOYOTA Walletはデメリットなしだが、リクルート・PayPayカードが必須?
TOYOTA Walletは、トヨタ自動車を所有しているかに関わらず、全ての人がポイント三重取りで2.0%以上の還元率を受けられるキャッシュレス決済アプリで、以下のような特徴があります。 5種類の決済サービスを利用可能 ...

 

PayPayポイントが付与される時期が違う

2023年1月1日(日)以降の利用分から、PayPayカード決済によるポイント付与日は「売上が到着した日の翌日から起算して約30日後」に変更になります。

「PayPayカード」で支払うと一ヶ月分がまとめて15日に付与されます。月末締めの翌月15日払いなので、8月1日~8月末の間に利用店舗からの売上データが届いた分が9月15日に付与されます。

一方、「PayPayあと払い」で支払うと、店舗からの売り上げが届き、尚且つ、承認され次第(約1ヶ月)都度付与されます。実際に、PayPayあと払いの利用履歴とポイント獲得履歴は下記のようになります。

PayPayカードでの決済により獲得したポイントは確認しづらいので、私は「②PayPayカードの請求金額ー①PayPayあと払いの合計金額」で把握しています。

 

デメリット

PayPay加盟店でしか利用不可

前述しましたが、PayPayあと払いの還元率は下記のようになります。

 PayPay残高支払いPayPayあと払いPayPayカード
通常還元率
(~2022年12月)
0%1.0%
(0.5%)
1.0%
PayPayステップ
(~2022年12月)
+0.5%+0.5%+0.5%
(0%)
PayPayカード ゴールド所有+0.5%
合計
(~2022年12月)
0.5%2.0%
(1.5%)
1.5%
(1.0%)
※2023年1月以降の利用からPayPayあと払いの基本還元率が1.0%になります。
※2022年12月1日以降、PayPayカードによる決済もPayPayステップの特典の対象となる支払い方法に加わります。よって、PayPayステップの条件を満たせば、2023年1月以降の利用は+0.5%の特典が適用されます。
※PayPayゴールドカードを所有してPayPay加盟店で「あと払い」をすると、+0.5%が還元されますが、PayPay加盟店以外(VISA/MasterCard/JCB加盟店)で決済しても+0.5%は還元されません。

 

ただ、それはPayPay加盟店での決済に限られます。

QRコード決済で断トツのシェア率を誇るPayPayの加盟店数は366万ヵ所と圧倒的ですが、クレジットカードの国際ブランドであるVISAやJCBの加盟店数に比べると少なくなるのは否めません。

よって、PayPay加盟店以外では「PayPayカード」での支払いになる為、還元率は下がってしまいます。

 

PayPayステップの難易度が高い

また、PayPayあと払いによる最大還元率を達成するには、PayPayカード ゴールドを所有(+0.5%)し、更に、月に30回以上で尚且つ、10万円以上の決済(+0.5%)が必要です。

 

日常的に利用して苦も無く達成できる方はいいですが、中には、、、というより大半の方はハードルの高さを感じるのではないでしょうか?

私も達成を目指しましたが、クリアの難易度に途中で気づき、諦めました。

結果、無理に決済頻度を増やし、無駄遣いになってしまったという声もたびたび見かけます。それでは、本末転倒なので、条件達成が厳しい時は、無理せず「TOYOTA Wallet等」の決済サービスの利用をお薦めします。

「PayPayカード」で「TOYOTA Wallet」にチャージしてから決済すると最大で2.2%の還元率になるため、私も頻繁に利用しています。条件も一切ないので、PayPayステップクリアが難しい方はお試しする価値は十二分にあると思います。

TOYOTA WalletへのチャージはKyashがお薦め?楽天・バンドルカードやB/43からは不可?
「TOYOTA Wallet」は、iDが使える店舗(全国150万ヵ所以上)で幅広く決済でき、尚且つ、1.0%の残高が還元されるので、利用している方は多いと思います。 私の買い物は、TOYOTA Wallet一択です...

 

FamiPayやメルペイ等のあと払いと比較したメリットは?

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」を皮切りに、QRコード決済サービスが爆発的に普及し始めました。その中で後払い(BNPL)を提供しているのは、PayPayとメルペイ・FamiPayの3社です。

 PayPayFamiPayメルペイ
年会費0円0円0円
ポイント還元率最大1.5%最大1.5%0%
限度額200万円/30日間
50万円/24時間
10万円30万円
審査難易度
チャージ不要不要不要
精算時手数料0円0円一部有料
リボ払いへの変更可能不可可能

 

ただ、メルペイは、決済時に還元されるポイントが無い(メルカード所有者はポイント還元有)ですし、FamiPayは、限度額が最大でも10万円と少ないです。その両者のデメリットを払しょくできる「PayPayあと払い」は魅力的ですが、その分、審査が他社と比べて厳しくなります。

PayPayあと払いやPayPayカードの審査は厳しくブラックや無職は落ちる?在籍確認はあるの?
PayPayが2022年2月1日より「後払い決済」への対応を開始しました。 QRコード決済では、メルペイやFamipayに続いての参入となります。 メルペイ定額払いやFamiPay翌月払いは、過去に金...

 

よって、まずはPayPayあと払い(カード)の審査を受けて通過しなければ、メルペイスマート払いFamiPay翌月払いの申込みをしてみましょう。

そして、それでもだめなら、審査通過の事例であふれかえっている「Nexus Card」を検討してみてはいかがでしょうか?

Nexus Card(デポジット型)の審査は無職でも落ちない?在籍確認はあるの?
Nexus Cardは、デポジット(保証金)型のクレジットカードです。 在留外国人の方の為に【Nexus Global Card】も発行していますが、この記事では、日本人向けの【Nexus Card】に関して解説します。 ...

 

ちなみに、私は、以前金融事故を起こしてしまい人間失格の烙印を押されましたが、Jトラストカード(旧Nexus Card)でクレジットカードが作れない5年間をしのぎ、喪明け後にメルペイスマート払いFamiPay翌月払いの審査に通過し、最終的にPayPayカード発行までこじつけました。

よって、金融事故歴があってクレジットカードが作れない方の中で、余剰資金が5万円以上あるなら、【Nexus Card】も選択肢としてはお薦めです。

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。 ...

コメント