PayPayあと払いは危険?PayPayカードとの違いやメリット・デメリットまとめ!

QRコード決済サービス

「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列です。ただ、クレジットカードの発行を拒む属性の方を「PayPayあと払い」という名目で、会員として取り込むための施策に過ぎません。

だからか「PayPayあと払いは危険だ!罠だ!」と言った声を見かけるのかもしれません。

よって「PayPayカード」から申し込んでも「PayPayあと払い」は利用できますし、「PayPayあと払い」から申し込んでも「PayPayカード」を発行したことになります。

では、具体的にどのような違いがあるのか?

メリット・デメリットを踏まえこの記事にてまとめます。

PayPayあと払い(一括のみ)とは別サービス

2020年4月より「PayPayあと払い(一括のみ)」というPayPay残高が無くともチャージ不要で利用できる支払方法がありました。

ですが、この記事で紹介する「PayPayあと払い」が2022年2月より始まった為、「PayPayあと払い(一括のみ)」の新規受付は終了しました。

 PayPayあと払い(一括のみ)PayPayあと払い
利用できる方対象者のみ全員
清算手数料300円無料
サービス開始2020年4月15日~2022年1月28日2022年2月1日~
締め日・支払日月末締め翌月払い月末締め翌月27日払い
※PayPayあと払い(一括のみ)の申込みは2022年1月28日で終了しました。

 

 

PayPayカードとの違いは?どっちがお得?

「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つですが、利用するにあたり下記点に相違があります。

  • 入会時に貰えるポイントが違う
  • プラスチックカードの利用可否を選択できる
  • PayPayカードよりもあと払いの方がポイント還元率が高い場合がある
  • PayPayポイントが付与されるタイミングが違う
  • PayPayカードの限度額内でしかPayPayあと払いは利用不可

 

申込時に貰えるポイントが違う

入会キャンペーンに違いはありませんが「PayPayあと払い」はポイントサイトを経由しての申込みができない為、PayPayカードから申し込んだ方が5,000円以上もお得です。

 獲得ポイント
公式サイト8,000円
ポイントサイト5,000円
合計13,000円

 

ポイントサイトには、クレジットカード発行や商品購入・アンケート回答・アプリインストール等、様々な案件が用意されており、条件をクリアすることで公式サイトのキャンペーンとは別に高額なポイントを貰えるので、簡単にお小遣い稼ぎができるメリットがあります。

PayPayカード(あと払い)の入会特典で8,000ポイントゲット!更に5,000円をプラスで獲得するには?
「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列なので「PayPayカード」から申し込んでも「PayPayあと払い」は利用できますし「PayPayあと払い」から申し込んでも「Pa...

 

プラスチックカードの利用可否を選択可能

「PayPayあと払い」から申し込んだ場合は、プラスチックカードの発行可否を選択できます。

 PayPayカードの申込みPayPayあと払いの申込み
プラスチックカード必ず発行される発行可否を選択可能で、発行する場合はVISA・MasterCard・JCBから選択可
バーチャルカードのみ国際ブランドはJCBに限定され、PayPay加盟店以外での実店舗では決済不可

 

ただ、バーチャルカードのみを発行する場合には、PayPay加盟店以外の実店舗で決済はできません(ネットショッピングは可能)し、バーチャルカードの国際ブランドはJCBに限定されるので注意が必要です。

 

ポイント還元率は?二重取りも可能?

「PayPayカード」や「PayPayあと払い」のポイント還元率は下記のようになります。

 paypay残高支払いPayPayあと払いPayPayカード
通常還元率0.5%0.5%1.0%
上乗せ+1.0%
PayPayステップ+1.0%+1.0%+1.0%
合計1.5%2.5%2.0%
※PayPay加盟店で「あと払い」をすると、通常還元率+上乗せ+PayPayステップが適用されます。
※PayPay加盟店以外で「PayPayカード」決済すると通常還元率+PayPayステップが適用されます。

 

ご覧のように「PayPayカード」より「PayPayあと払い」の方が還元率は高くなるんです。使用方法は、PayPayアプリ上で「残高払い(赤い画面)⇒あと払い(青い画面)」に切り替えてからPayPayで支払うだけ。

そうすれば、最大で2.5%の還元率が実現されます。

 

PayPayポイントが付与される時期が違う

「PayPayカード」で支払うと一ヶ月分がまとめて12日に付与されます。

月末締めの翌月12日払いなので、5月1日~5月末の間に利用店舗からの売上データが届いた分が6月12日に付与されます。

一方、「PayPayあと払い」で支払うと、店舗からの売り上げが届き、尚且つ、承認され次第(約1ヶ月)都度付与されます。

実際に、PayPayあと払いの利用履歴とポイント獲得履歴をみてみると下記のようになります。

決済日 店舗 金額 ポイント ポイント獲得日
5月1日 paypayフリマ \5,700 57 5月31日
5月2日 はま寿司 \3,388 33 6月1日
5月3日 蕎麦 \1,180 11 6月2日
5月3日 マイング \340 3 6月2日
5月3日 ドトール \224 2 6月2日
5月4日 吹上庵 \1,390 13 6月3日
5月4日 モスバーガー \230 2 6月3日
5月5日 paypayモール \5,445 108 6月1日
5月5日 おみやげ \1,188 11 6月4日
5月5日 おみやげ \1,680 16 6月4日
5月7日 イタリアン \11,050 110 6月6日

引用元:ペイ・コーリング

 

PayPayあと払いの限度額は最大でも25万円

「PayPayカード」の限度額は最大で100万円までですが「PayPayあと払い」は最大でも25万円で、且つ、本人認証が完了していなければ、それよりもさらに低い金額しか利用できないので注意が必要です。

PayPayあと払いの限度額は25万円でおかしい?

 過去24時間過去30日間
本人認証未設定5千円5千円
本人認証設定済み2万円5万円
本人認証設定済み+青いバッジ表示25万円25万円
※青いバッジが表示される条件は開示されていません。

 

デメリット

PayPayあと払いは加盟店でしか利用不可

2022年5月現在、PayPayあと払いの還元率は下記のように一番お得に利用できます。

 paypay残高支払いPayPayあと払いPayPayカード
通常還元率0.5%0.5%1.0%
上乗せ+1.0%
PayPayステップ+1.0%+1.0%+1.0%
合計1.5%2.5%2.0%
※PayPay加盟店で「あと払い」をすると、通常還元率+上乗せ+PayPayステップが適用されます。
※PayPay加盟店以外で「PayPayカード」決済すると通常還元率+PayPayステップが適用されます。

 

ただ、あくまでもPayPay加盟店での決済に限られます。

QRコード決済で断トツのシェア率を誇るPayPayの加盟店数は366万ヵ所と圧倒的ですが、クレジットカードの国際ブランドであるVISAやJCBの加盟店数に比べると少なくなるのは否めません。

よって、PayPay加盟店以外では「PayPayカード」での支払いになる為、還元率は下がってしまいます。

 

限度額が少なくPayPayステップの条件を満たせない

「PayPayあと払い」の利用限度額は最大でも30日間で25万円です。しかも、本人認証が完了していなければ、その限度額は5万円となり、月に30回以上で尚且つ、5万円以上の決済というPayPayステップの条件を満たすことすらできません。

本人認証が完了するとPayPayアプリ右下のアカウント上部の画像横に表示名の隣に青いバッジイメージ画像が表示されます。

 達成条件付与率・付与上限
①PayPay支払い300円以上の支払い30回以上且つ、5万円以上達成+0.5%(基本還元率)








PayPayモール or Yahoo!ショッピング1回の買物につき1,000円以上+0.5%(基本還元率)
PayPayフリマ or ヤフオク!1回の購入・落札につき1,000円以上
Yahoo!トラベル1回の予約につき1,000円以上
ebookjapan電子書籍の買い物1回につき300円以上
LOHACO by ASKUL1回の買い物につき1,000円以上
③Yahoo!プレミアム会員会員登録+2%(PayPayモール&Yahoo!ショッピング)
④PayPay・ヤフーアカウント連携連携+2%(PayPayモール)
合計最大1.5%(基本還元率)
最大15.5%(PayPayモール)
最大13.5%(Yahoo!ショッピング)

 

青いバッジ(本人認証完了の証)が付与される条件は開示されていませんが、引き落とし口座の登録や外部サービス(Yahoo! JAPAN ID・ソフトバンクやワイモバイル等)との連携、更には、利用頻度も重要な指標になってくると思います。

よって、PayPayが利用できる店舗ではできる限り「PayPayあと払い」で決済し、且つ、支払いも遅延のないようしっかりと実績を作り、PayPayから信用できるアカウントであると評価を受けなければなりません。

PayPay(あと払い)カードの締め日・支払日と確定日はいつ?再引き落としはあるの?
2022年2月より始まった「PayPayあと払い」は、PayPayカードの支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い等と同列のサービスです。 PayPay(あと払い)カードの支払いサイクルは、月末締めの翌月27日払いです。 ですが、...

 

ただ、PayPayステップの難易度は高い為、決済頻度を増やした結果、無駄遣いになってしまったという声も見かけます。それでは、本末転倒なので、条件達成が厳しい時は、無理せず「TOYOTA Wallet等」の決済サービスの利用をお薦めします。

「PayPayカード」で「TOYOTA Wallet」にチャージしてから決済すると最大で2%の還元率になるため、私も頻繁に利用しています。

条件も一切ないので、PayPayステップクリアが難しい方はお試しする価値は十二分にあると思います。

 

他社のあと払いと比較したメリットは?

PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」を皮切りに、QRコード決済サービスが爆発的に普及し始めました。その中で後払い(BNPL)を提供しているのは、PayPayとメルペイ・FamiPayの3社です。

 PayPayFamiPayメルペイ
年会費0円0円0円
ポイント還元率最大2.5%最大1.5%0%
限度額25万円10万円30万円
審査難易度
チャージ不要不要不要
精算時手数料0円0円一部有料
リボ払いへの変更可能不可可能

 

ただ、メルペイは、決済時に還元されるポイントが無いですし、FamiPayは、限度額が最大でも10万円と少ないです。その両者のデメリットを払しょくできる「PayPayあと払い」は魅力的ですが、その分、審査が他社と比べて厳しくなります。

PayPayあと払いの審査はブラックや無職は落ちる?難易度は高く通過は厳しいのか?
PayPayが2022年2月1日より「後払い決済」への対応を開始しました。 QRコード決済では、メルペイやFamipayに続いての参入となります。 メルペイ定額払いやFamiPay翌月払いは、過去に金...

 

よって、まずはPayPayあと払い(カード)の審査を受けて通過しなければ、メルペイスマート払いFamiPay翌月払いの申込みをしてみましょう。

そして、それでもだめなら、審査通過の事例であふれかえっている「Nexus Card」を検討してみてはいかがでしょうか?

Nexus Card(デポジット型)の審査は無職でも落ちない?在籍確認はあるの?
Nexus Cardは、デポジット(保証金)型のクレジットカードです。 在留外国人の方の為に【Nexus Global Card】も発行していますが、この記事では、日本人向けの【Nexus Card】に関して解説し...

 

ちなみに、私は、以前金融事故を起こしてしまい人間失格の烙印を押されましたが、Jトラストカード(旧Nexus Card)でクレジットカードが作れない5年間をしのぎ、喪明け後にメルペイスマート払いFamiPay翌月払いの審査に通過し、最終的にPayPayカード発行までこじつけました。

よって、金融事故歴があってクレジットカードが作れない方の中で、余剰資金が5万円以上あるなら、【Nexus Card】も選択肢としてはお薦めです。

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。 ...

コメント