楽天銀行カードと楽天カードの違いを徹底比較!切り替えで手間が2倍に?メリット・デメリットまとめ!

メリット・デメリット

楽天カードと楽天銀行カードの違いについてまとめてみました。

そもそも違いは何か?

楽天カードはクレジットカード機能のみ。楽天銀行カードはクレジット機能と楽天銀行のキャッシュカードの機能が一体化されています。それだけを聞くと楽天銀行カードを作った方が便利と思いがちですが、実は意外な落とし穴があります。

申込を検討中の方は、楽天カードと楽天銀行カードの違いをしっかりと把握した上で手続きを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

楽天銀行カードの種類

楽天銀行カードは下記3種類があります。ご覧いただければ分かると思いますが、楽天銀行カード以外は、楽天カード株式会社と提携しているのではなく、セディナカード(株式会社セディナ)とジョーヌカード(九州カード株式会社)との提携です。

よって、キャンペーン内容や還元ポイントが異なってきますので申込の際は、注意が必要になります。

カード種別還元率年会費
楽天銀行カード1%無料
楽天銀行セディナカード0.5%1905円
楽天銀行ジョーヌカード0.5%無料
※金額は税抜です。

 

又、楽天カードには下記種類があり上記、楽天銀行カード含め重複所持はできません。(2017年12月以降はVISAブランド所持者に限り可)

カード種別親カード家族カードETCカード
楽天カード
無料無料500円
楽天PINKカード無料無料500円
楽天銀行カード無料不可500円
楽天ANAマイレージクラブカード初年度無料。
翌年度から500円(1回1円以上の利用で無料)
無料500円
楽天カードアカデミー無料不可不可
楽天ゴールドカード2,000円500円無料
楽天プレミアムカード10,000円500円無料
楽天ビジネスカード
(楽天プレミアムカードの申込必須)
2,000円不可1枚目のみ無料。
2枚目以降は500円。
※金額は税抜です。

 

スポンサーリンク

楽天カードとの違い

 楽天カード楽天銀行カード
入会キャンペーン最大8000pt最大7000pt
国際ブランドVISA、MasterCard、JCBJCB
家族カード付帯可付帯不可
楽天Edy、ポイント機能付帯可付帯不可
引き落とし口座選択可楽天銀行のみ

 

キャンペーン

楽天カードと楽天銀行カードの一番の違いはなんといっても入会キャンペーンでしょう。楽天カードは、常時5,000ptで最大8,000ptのキャンペーンを実施しています。対する楽天銀行カードは、常時5,000ptで最大7,000ptです。

入会時期によって差がでてきます。

 

国際ブランド

楽天カードは、VISA、JCB、Mastercardの3種類から選択できますが楽天銀行カードはJCBのみです。

よって頻繁に海外利用等をされる方にとっては若干、不向きなカードかもしれません。ちなみに日本国内でのみ利用される場合にはJCBでも、私の場合は特に不便を感じた事はありません。

ちなみに、公共料金や税金の支払いができるnanacoという電子マネーがあります。楽天カードのJCBブランドであればチャージによりポイントが付与されていましたが、運用変更により2017年11月からポイントは付与対象外となりました。

 

家族カード

楽天銀行カードは、ETCカードは付帯できますが家族カードは付帯できません。よって、家族カードの発行が必要な場合には、楽天銀行カードは選択肢から外れてしまいますね。

 

楽天Edy・ポイント機能

楽天銀行カードは、電子マネーのEdy・楽天ポイント機能を付帯する事ができませんので楽天Edy・ポイントカードを別々に所持する必要があります。

楽天銀行カードを所有しつつ、楽天Edy・ポイント機能を利用したい場合は、楽天Edyや楽天ポイントのスマホアプリを使う事で、財布の中がかさ張るのを避ける事ができます。ちなみに、楽天Edyとポイント一体型のカードにはカワイイデザインのカードも発行されてます。

 

引き落とし口座

楽天カードは、様々な金融機関から引き落とし口座を選択できるのに対し、楽天銀行カードは楽天銀行のみです。他の金融機関を引き落とし口座に設定する事はできません。

 

■参考記事

楽天カードの締め日・支払日・再引き落としはいつ?利用可能額反映や二重払い時の対処法は?
楽天カードの支払いサイクルは、月末締めの翌月27日払いです。 ですが、クレジットカードの支払いって、そんな単純ではありませんよね。以下のようなことでお困りの方も多いはず・・・ 請求確定日はいつ? 27日に引き落とし...

 

スポンサーリンク

発行後の手続きが面倒

盲点なのが楽天銀行カード発行後の手続きです。

楽天カードは、楽天カードへの連絡だけで済みますが、楽天銀行カードはクレジットカードとキャッシュカードが一体化したカードです。よって、下記表のとおり、限度額変更・解約以外の手続きは両方の会社へ連絡が必要。

つまりは一つの手続きに2倍の手間がかかることになるんです。

又、面倒なことに紛失時だけでなく磁気不良や更新カード等で再発行される際は必ずカード番号が変更になります。(楽天カードは紛失の場合のみカード番号が変更になります)

 楽天カード楽天銀行
紛失
再発行
住所変更
名義変更
限度額変更不要
解約不要
※「要」は窓口への連絡、若しくはWeb上での手続きが必要になります。

 

◆公式サイト⇒楽天カード

 

 

スポンサーリンク

切り替え手続き

楽天カードを所有している方が楽天銀行カードへ切替する場合は、楽天e-NAVIよりログインし下記の順で手続きをしましょう。

  1. 各種お申し込み
  2. 楽天銀行カードへの切替

尚、既に楽天銀行口座を所有していると、e-NAVIから切り替えができない可能性があります。その場合には一度、楽天カードを解約後に楽天銀行カードの新規申し込みを行いましょう。どちらにしてもまずは、楽天カードコンタクトセンターへの連絡が必要になります。

 

同じく、楽天銀行カードを所有している方が楽天カードへ切替する場合も、楽天e-NAVIより手続きが必要です。

  1. 各種お申し込み
  2. 楽天カード・楽天PINKカードへのお申し込み

 

切り替え手続き時の注意事項

カード切り替え時は必ず審査が必要になります。審査の結果によっては、切り替えができない場合もあります。

また最悪の場合、切り替えができないだけでなく利用中の楽天カードも利用停止になる可能性があります。手続き前は、ご自身のカード利用状況を確認(延滞履歴が無いか等)してみましょう。

その他の注意事項については下記にまとめています。

 

継続的な支払い

カード番号が変更になる為、公共料金等の毎月の支払いを楽天カードで行っている場合には、再手続きが必要になります。特に保険料や携帯電話料金の決済をしている場合は切り替え前に変更手続きを行いましょう。

 

リボ・分割払い残高の支払い

リボ払いや分割払いの残高が残っている場合、残高の支払いが終わるまでは各カード別々に引き落としが行われます。

 

楽天Edyの残高

楽天カードを解約してもEdyの残高は利用できます。必ず残高は使い切った後にカードを破棄しましょう。尚、切り替え後は、Edy利用によるポイントは付与されませんので可能であれば残高を使いきった後に手続きを行いましょう。

 

付帯カード

利用中の家族カードやETCカードは利用できなくなります。

楽天銀行カードへ切り替えした場合は、ETCカードのみ付帯は可能です。尚、年会費は540円発生しますが楽天カードと同様に、楽天会員ランクがダイヤモンド・プラチナであれば年会費が無料になる場合もあります。

 

楽天カード破棄のタイミング

切り替え前に利用していたクレジットカードは、新しいカードを利用した時点で機能が停止します。停止する前に上述した継続決済等は変更しておくのが無難でしょう。

 

■参考記事

楽天銀行カードの解約・再発行・限度額変更等の各種手続き!問い合わせ先はどこ?
楽天銀行カードは楽天のクレジットカードと楽天銀行のキャッシュカードが一体化したカードです。 その為、通常の楽天カードとは違い各種手続きにはどちらの窓口にも問い合わせが必要な場合があります。今回は楽天銀行カードを利用する上で必要になる手...

 

スポンサーリンク

楽天銀行カードの新規申込

楽天銀行カードを新規で申込する場合には必ず、口座開設が必要になります。既に口座をお持ちの方は、マイページにログインした後、「カード・ATM」のタブから申込手続きを行いましょう。

 

楽天銀行

 

スポンサーリンク

メリット・デメリットまとめ

以上、楽天カードと楽天銀行カードの違いと申込手続きについてまとめてみました。

メリットデメリット
・一体化によりカードがかさばらない・入会キャンペーンポイントが少ない場合有
・JCBブランドのみ選択可
・家族カード付帯不可
・楽天Edy、ポイント機能付帯不可
・引き落とし口座の選択不可
・手続きが二重になり面倒
・再発行の度にカード番号が変更

 

キャッシュカードとクレジットカードが一体化する事を除けば、楽天銀行カードを選ぶメリットはあまりないように感じます。手続き等も面倒になりますしね。

実際に問い合わせを行った体験談として、「これは楽天カードの管轄」、「それは楽天銀行の管轄」という風に問い合わせを2社間で誘導し合う場面もありました。

確かに提携カードの機能性は優れている部分もあるかと思いますが、それ故に手続きが2倍必要になる事も事実です。又、再発行の度にカード番号が変更になり継続的な決済の変更を忘れてしまう可能性があります。

楽天銀行カードを検討中の方は一度、楽天カードの申し込みも検討してみてはいかがですか?

 

◆公式サイト⇒楽天カード

メリット・デメリット
スポンサーリンク
shungikuをフォローする
高還元で年会費無料のクレジットカード
リクルートカード

nanacoチャージも1.2%と最高のポイント還元率!更に年会費無料で国内・海外の傷害保険とショッピング保険も付帯!

楽天カード

還元率は1.0%で楽天市場ではポイント3倍。発行枚数1,200万人を超える、最も人気のあるクレジットカード!

Yahoo! JAPANカード

還元率は楽天カードと同じく1.0%。CMでもおなじみ10,000円分のTポイントが貰えるキャンペーンを実施中!

クレジットカードでの支払いに目覚めたい

コメント