ジャックスカードの締め日・支払日と確定日!引き落とし後の利用可能額反映はいつ?

スポンサーリンク
締め日・引き落とし日

ジャックスカードの締め日と支払い日は、末日締めの翌月27日払いです。

ですが、クレジットカードの支払いは1回払いだけでなくリボ払いや分割払い。ボーナス払い等、支払い方法は多種多様です。

では、それらの締め日や支払日はどうなるのか?

請求スケジュールや引き落とし後の利用可能額反映時期と、それに伴う注意事項を踏まえ徹底解説します。

スポンサーリンク

締め日と引き落とし日(支払日)はいつ?

ジャックスカードの請求スケジュールは以下のようになります。

ジャックスカード請求スケジュール
締め日末日
請求本確定日10日~13日頃
支払日27日

毎月1日~月末利用分が翌月10日~13日頃に確定し、27日(土日祝の場合、翌営業日)に口座から引き落としされます。

ちなみに、2019年の締め日と支払日は下記のようになり、引き落とし日が翌営業日にずれ込む月は赤字で記載させて頂きました。

締め日2019年
12/1~311/28
1/1~312/27
2/1~283/27
3/1~315/7
4/1~305/27
5/1~316/27
6/1~307/29
7/1~318/27
8/1~319/27
9/1~3010/28
10/1~3111/27
11/1~3012/27

 

ボーナス一括・2回払いの支払い月は?

ボーナス払いの支払い月は通常、店舗ごとに決められていますが、場合によっては選択が可能な時があります。その際の、支払い月は以下のようになります。

 利用日支払い可能月



夏(3~6月)6・7・8月
冬(8~11月)12月・翌年1月
2


夏・冬(1~6月)初回:6・7・8月
2回目:12月・翌年1月
冬・夏(7~12月)初回:12月・翌年1月
2回目:6・7・8月
※支払日は27日(土日祝の場合、翌営業日)

 

2回払い・分割・リボ払いの支払い月は?

締め日と支払日の考え方は変わりませんが、2回払いを除き分割払いやリボ払いは手数料が掛かります。

支払日2回分割(5回)リボ
7/2715,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
8/2715,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
9/276,000円+手数料
(以降も続く)
5,000円+手数料
(以降も続く)
◆条件
・5月30日:3万円の買い物
・6月1日:店舗が売上計上
・分割払いは5回払い
・リボ払いの支払いコースは5,000円

ちなみに分割払いは、2回払いを除き、3・5・6・10 ・12 ・15 ・18 ・20 ・24・30・36回の11種類あります。

 

引き落としができなかった場合は?

ジャックスカードは、27日に引き落としが出来なかった場合、再引き落としはありませんので忘れないよう前日までに入金をしておきましょう。引き落としされる時間帯については、各金融機関ごとに運用が異なる為、設定されている金融機関に確認が必要です。

また、万が一、引き落としができなかった場合には、翌月の上旬頃に振込用紙が送付されてきます。その用紙を利用して支払いを行うようにしましょう。

 

口座変更手続き

手続きは口座振替依頼書を郵送する必要があります。Web上「インターコムクラブ」からの変更はできません。口座振替依頼書は、電話又はWeb上から申請を行えば後日、自宅宛に郵送されてきます。

尚、月末までに口座振替依頼書がジャックスカードへ到着した場合は、翌月27日から新し口座にて引き落としがされるようです。但し、いつ届いたか?という事は利用者には分かりませんので、手続きを行った場合はどの口座から引き落としされるか事前に確認しておきましょう。

 

利用限度額の仕組み

クレジットカードには、人それぞれ利用限度額が決められており、その金額内でカードの利用ができます。

そして、利用限度額は1ヵ月等、期間で設定されているものではなく、通算期間で買い物ができる合計の金額です。つまり、支払いを済ませた分が利用可能額に反映され再度、利用できるようになる仕組みです。

 

 

利用可能額は、、、

「利用限度額」-「利用残高」=「利用可能額」

で計算されます。よって請求金額を支払えば、

「現在の利用可能額」+「請求金額」=「利用可能額」

となります。ちなみにリボ払いやキャッシングの支払いに関しては、請求金額に手数料が含まれているので、

「請求金額(元本返済部分+手数料)」-「手数料」=「利用可能額への反映金額」

となります。

 

利用可能額への反映時期

カード会社によって引き落とし後、利用可能額への反映する時期は異なります。

通常は、引き落としできているという前提で当日に反映される「みなし決済」を行うカード会社と「引き落としされた」というデータが金融機関から届き次第、反映させるカード会社があります。

ジャックスカードの場合は上記、どちらも行っているようです。契約内容によって、どちらの方法が適用されているか変わってくるとの事でした。ご自身の反映時期を確認したい場合にはジャックスカードへ問い合わせを行いましょう。

キャッシングは、必ず入金確認が出来次第の反映となります。

ちなみに、金融機関からデータ到着次第、反映される場合は最長で1週間程かかる為、最も遅い利用可能額の反映日は以下のようになります。

引き落とし日利用可能額反映日
2019年6月27日2019年7月4日
2019年7月29日2019年8月5日
2019年8月27日2019年9月3日

 

◆参考記事

ジャックスカードの限度額を変更!一時的・継続的な増枠の申込と審査結果の確認方法は?
ジャックスカードで決済したいけど限度額が足りない。そんな時、別カードの発行を検討される方もいらっしゃるでしょうが、その他にも方法があります。 それが、限度額の変更手続きです。 ジャックスカードは、1回払いだけでなく割賦枠(分割払...

 

早めに利用可能額を増やす(枠戻り)方法

カード決済できる金額が少なくなったが、ポイント等の兼ね合いで利用可能額を事前に増やしたい。そんな時は、カードの利用残高を振込入金すれば、払った分が利用可能額へ反映されます。

但し、この先入金には注意事項があります。カード会社は請求額が確定すると金融機関に「○○円引き落としてください」というデータを送信します。この日を過ぎると、先入金したにも関わらず27日にも重複して引き落としされてしまいます。よって27日には口座を残高不足(引き落とし金額より少ない残高に調整)にする必要があります。

先入金をする場合は、電話連絡が必要になりますので、その際に残高不足が必要か否かを確認しましょう。

 

二重払いになってしまったら・・・

万が一、残高不足にできず二重払いになってしまった場合には、過剰入金となります。この過剰入金分は、優先的に現在の利用残高へ充当される事となります。

尚、充当ではなく過剰入金分を一旦、返金してほしいという場合は月末から遅くても翌月の5日位までに電話連絡を行えば、引き落とし口座へ返金を行ってくれるようです。返金時期は、中旬あたりとの事でしたので、返金希望の場合は、なるべく早めに連絡を行いましょう。

 

まとめ

以上、ジャックスカードの締め日と支払い日の注意事項に関しまとめてみました。ジャックスカードのデメリット以下のようになります。

  • 支払日(27日)後、再引き落としができない
  • 利用可能額反映に時間がかかる

再引き落としがない為、1度の入金忘れが遅延に繋がってしまいます。27日は引き落としが重なる事も多い日なので事前にしっかりと金額等を含め確認しておきましょう。

また、利用可能額反映に時間がかかるのを不便に感じているのなら限度額の引き上げ(増枠)か、即日反映する下記カードの申し込みを検討してみてはいかががですか?

カード会社
(関連記事)
還元率反映
リクルートカード1.2%即日
dカード1.0%即日
三井住友VISAカード0.5%即日
※キャッシングの利用可能額は入金データが届き次第の反映となります。

 

◆参考記事

クレジットカード会社ごとの締め日・支払日と引き落とし後の利用限度額反映時期まとめ!
クレジットカードを利用する時、気になるのが請求金額の支払日でしょう。給料日に合わせて設定される方もいらっしゃると思います。 今回は、人気のクレジットカードの締め日・引き落とし日と支払い後の利用可能額への反映時期をまとめてみました。クレジット...

 

コメント

スポンサーリンク