ジャックス・アルペンカードの解約方法は電話のみ?退会時に住所変更必須の理由とは?

スポンサーリンク
解約

ジャックスカードの解約手続きと注意事項についてまとめてみました。

ジャックスカードの解約は、カスタマーセンターへの電話連絡が必要です。

地域電話番号
東京0570-002277
(046-298-60009)
大阪0570-005599
(06-6872-6111)
札幌011-271-1680
※営業時間は平日9:30~17:30です。
※「0570~」から始まる電話番号は「かけ放題」でも通話料がかかります。

尚、解約は電話1本でできますが、解約をキャンセルすることは難しいので事前に以下の注意事項を確認のうえ手続きを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

継続決済

公共料金や電話料金・保険料等の毎月請求される支払いにクレジットカードを利用している場合は再度、手続きが必要になります。

特に保険料金については手続きを怠ると決済ができずに自動で解約となってしまう可能性があります。そうなると今まで支払ってきたお金が無駄になってしまいますよね。

又、携帯電話料金についても注意が必要です。電話料金の中に端末代金がふくまれている場合、割賦契約。つまりは分割払いで支払っていることになります。支払いが遅れることにより延滞と見なされご自身のクレジットヒストリーに傷を付けてしまいかねません。

なるべくなら支払い方法を変更したあとに解約手続きを行うようにしましょう。

 

ETC・家族カードも同時解約

ETCカードや家族カードは同時解約となります。それぞれの注意事項をまとめてみました。

 

ETCカード

解約後は必ずカードをハサミで切って処分しましょう。

ジャックスカードだけに限りませんが、ETCカードは解約後も利用できる可能性が高いです。理由は通常のクレジットカードより簡易的な方法でカードの利用可否を確認するから。

クレジットカードの場合はカードの有効期限や利用可能額(決済できる金額)を確認のうえ決済が行われますが、ETCカードは事故防止の為に有効期限でのみ判断されるようです。

故に利用限度額を超過する事象が起ってしまうわけです。

しかしながら、有効期限内のカードでも100%利用できるとは限りません。解約後は必ず破棄をするようにしましょう。

 

家族カード

家族カードでも同様に公共料金等、毎月発生する継続的な支払いに関しては再度手続きが必要になります。解約前には家族会員の方にその旨、伝えるようにしましょう。

また、家族カードのみの解約でも本会員からの電話連絡でなければ手続きはできません。

 

■関連記事

ジャックスカードの締め日・支払日と確定日!引き落とし後、利用可能額への反映はいつ?
ジャックスカードの支払いは、末日締めの翌月27日払いです。 この記事ではジャックスカードの請求スケジュール・引き落とし後の利用可能額反映時期と、それに伴う注意事項について徹底解説します。 締め日と引き落とし日(支払日)はいつ...

 

残高支払い

分割払いやリボ払いの残高がある場合は解約後も今までと同様、毎月27日に引き落としされます。

尚、解約後の一括返済を希望の場合には上記ジャックスカードカスタマーセンターへ連絡を行いましょう。

又、「リボ変更サービス」は利用ができなくなります。万が一、支払い方法を変更予定の場合は解約前に手続きを行いましょう。

 

ラブリィポイントは?

ラブリィポイントは解約後、自動的に失効してしまいます。せっかく貯めたポイントを使わずに解約するのはもったいないですよね。ポイントの利用は1000ポイントからと若干ハードルが高いですが、可能であれば交換後に手続きを行いましょう。

又、カードの種類によっては専用の商品を用意している場合もあります。

交換ができない時や、したい商品が見つからない場合は一度カスタマーセンターへ問い合わせしてみましょう。

 

解約証明書は?

住宅ローンや借り換えを行う際、解約証明書の提出が必要になりますよね。

ジャックスカードは・・・というより、ほとんどのカード会社は証明書を自動で発行してくれません。必要な場合にはカスタマーセンターへの連絡が必要になります。

 

個人情報の変更

引っ越し済みや今後、引っ越し予定のある方。

解約時には住所変更の手続きをおすすめします。理由は請求書が届かなくなるから。

「カードの利用残高が残っていないから関係ない」と思うかもしれません。しかしながら、請求が発生するタイミングって私達が利用した日ではなく、決済した店舗が請求を計上した日です。

遅い店舗であれば1ヵ月、2ヵ月程かかることもありますしETCカードの支払いに至っては、もっと遅くなる場合もある。そうなると忘れた頃に請求が発生していて気がつかないうちに「延滞」という事態におちいってしまいかねません。

勿論、引き落とし口座は変わりませんので残高があれば問題ありませんが、万一に備えて変更手続きを行っておきましょう。

 

コメント