PayPay(あと払い)カードの締め日・支払日と確定日はいつ?再引き落としはあるの?

締め日・引き落とし日

2022年2月より始まった「PayPayあと払い」は、PayPayカードの支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い等と同列のサービスです。

PayPay(あと払い)カードの支払いサイクルは、月末締めの翌月27日払いです。

ですが、利用したはいいけれど、請求スケジュールをしっかりと把握していないという方も多いのではないでしょうか?

・締め日・支払日はいつ?
・締め日がおかしい?
・請求確定日はいつ?
・支払日に引き落としができなかったら?

そこで、この記事では以下のような疑問を解決できるよう、PayPay(あと払い)カードの支払いに関して徹底解説します。

2022年の締め日・確定日・引き落とし日

PayPayカードの国際ブランドは、VISA、MasterCard・JCBですが、請求スケジュールはどのブランドも下記のとおりです。

PayPayカード請求スケジュール
締め日末日
請求仮確定日12日
請求本確定日
(金融機関により異なる)
15日(20日)
支払日27日

 

当月1日~月末利用分の請求金額が翌月12日に仮確定。

その後、15日 or 20日に金融機関へ

○円を引き落としてください。

というデータを送ります。これが本確定日です。そして、本確定した金額は27日(土日祝の場合、翌営業日)に口座から引き落としされます。

尚、仮確定後、下記等の手続きを行わなければ本確定時に請求金額は変わりません。

  • リボ(分割)払いへの変更
  • 先入金
  • 返品等によるキャンセル

ちなみに、2022年の締め日と支払日は下記のようになり、引き落とし日が翌営業日にずれ込む月は赤字で記載させて頂きました。

 締め日支払日
2022年2021/12/1~311/27
1/1~312/28
2/1~283/28
3/1~314/27
4/1~305/27
5/1~316/27
6/1~307/27
7/1~318/29
8/1~319/27
9/1~3010/27
10/1~3111/28
11/1~3012/27
2023年12/1~311/27

 

また、締め日がおかしいと感じる方がいらっしゃるようですが、毎月1日~月末利用分というのは、実際にショッピングを行った日ではなく、利用先の店舗が売り上げとして計上した日を基準に計算を行います。

特に、ETCカードや海外の利用は、計上が遅くなる場合があります。

 

よって、下記のように8月利用分が10月に請求されるようなケースもありるんです。

<例>

8月31日:5万円ショッピング
9月1日:店舗が売上を計上
10月27日:5万円の引き落とし

 

ボーナス払いの支払い月は?

ボーナス払いの支払い月は、基本的に利用店舗ごとに決められていますが、店舗によっては選択が可能。購入者がいつ支払うかを決められる場合があります。

利用日支払い可能月
夏(2~6月)6月・7月・8月
冬(9~11月)12月・翌年1月
※支払日は27日(土日祝の場合、翌営業日)

その場合には、上記から支払う月を選択しましょう。

 

2回払い・分割・リボ払いの支払い月は?

締め日と支払日の考え方は変わりませんが、2回払いを除き分割払いやリボ払いは手数料が掛かります。

支払日2回分割(5回)リボ
7/2715,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
8/2715,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
9/276,000円+手数料
(以降も続く)
5,000円+手数料
(以降も続く)
◆条件
・5月30日:3万円の買い物
・6月1日:店舗が売上計上
・分割払いは5回払い
・リボ払いの支払いコースは5,000円

 

ちなみに分割払いは、3・5・6・10 ・12 ・15 ・18 ・20 ・24・30・36・48回の12種類。リボ払いの支払いコースは、5,000円以上1,000円単位で割賦枠の限度額まで設定が可能です。

 

PayPayポイントが付与される時期は?

「PayPayカード」で支払うと一ヶ月分がまとめて12日に付与されます。

月末締めの翌月12日払いなので、5月1日~5月末の間に利用店舗からの売上データが届いた分が6月12日に付与されます。

一方、「PayPayあと払い」で支払うと、店舗からの売り上げが届き、尚且つ、承認され次第(約1ヶ月)都度付与されます。

 

引き落としができなかった場合は?

PayPay(あと払い)カードは、27日(土日祝の場合は翌営業日)に引き落としが出来なかった場合、再引き落としはありませんので指定口座への振込入金が必要になります。

「PayPayあと払い」と「PayPayカード」では、設定できる金融機関が大きく異なるので注意が必要です。

PayPayあと払い(カード)の口座登録ができない?郵送ならいつから使える?
PayPayあと払い(カード)は、月末締めの翌月27日(土日祝の場合は翌営業日)払いですが、口座登録をせず請求書払いをしていると、一部手続きが制限されてしまいます。 また、引っ越しや転職等により引き落とし口座の変更を検...

よって、引き落としができなかった場合には、コールセンターへ電話連絡のうえ、早急に振込手続きを行いましょう。尚、振込手数料はご自身負担になりますのでご注意を!

連絡先
オペレーター対応0570-02-8181
自動音声専用ダイヤル0570-09-8181
※「0570~」から始まる電話番号は「かけ放題」でも通話料がかかります。

 

利用可能額の反映時期

PayPay(あと払い)カードの支払日は27日(土日祝の場合、翌営業日)ですが、引き落とし後、利用可能額(カード決済できる金額)へ反映されるまでに最大で4営業日かかります。

連休が重なると回復までに1週間程かかる場合もあります。

よって、その間は「カードが使えない・・・」状態になりかねないので、利用限度額ギリギリまで利用されている方は増枠手続きを検討してみましょう。

PayPay(あと払い)カードの利用可能額が復活しない!引き落とし後、反映が遅い時の対処法は?
PayPay(あと払い)カードの支払日は27日(土日祝の場合、翌営業日)です。 しかしながら、PayPayカードは引き落としされたからと言ってすぐに利用可能額(カード決済できる金額)へ反映するわけではありません。 ...

 

滞納して利用停止になってしまうと・・・

PayPay(あと払い)カードをの支払いを滞納してしまうと、、、

  1. 電話や手紙で督促が始まる
  2. カードが利用できなくなり強制解約になる
  3. 信用情報機関に異動・延滞情報(俗に言うブラックリスト)が記録として残る

という流れで、最終的には他社のクレジットカードも解約に追い込まれます。

クレジットカード会社は、CIC等の信用情報機関の会員になっている為、不定期に顧客情報の照会を行っています。そして、下記のように入金履歴が登録されているので、遅延をしていたら利用停止や減枠等の措置が行われます。

「$」=請求額または請求額以上の入金
「P」=請求額の一部を入金
「A」=支払日に未入金
「R」=契約者以外からの入金
「B」=契約者の事情とは無関係で未入金
「C」=原因不明の未入金
「ー」=請求も入金も無し

そうなると、最低でも5年間はクレジットカードが作れなくなってしまう事態に陥ってしまいます。

私も経験したことがありますが、その時期は本当に辛いです。自分が社会不適業者と思ってしまい自己嫌悪に陥りました。ただ、そんな中でも作れたクレジットカードがあるんです。

それが【Nexus Card】です。

ネクサスカードは、デポジット型という特殊なクレジットカードですが、審査の通過率はかなり高く、俗に言う金融ブラックの方でもたくさんの通過事例があります。

Nexus Card(デポジット型)の審査は無職でも落ちない?在籍確認はあるの?
Nexus Cardは、デポジット(保証金)型のクレジットカードです。在留外国人の方の為に【Nexus Global Card】も発行していますが、この記事では、日本人向けの【Nexus Card】に関して解説します。Nexsu Card

 

そこで、5年間の暗黒期はネクサスカードでしっかりとクレジットヒストリーを積み上げ、最終的にはポイント還元率の高いクレジットカードへの復活を目指してみてはいかがでしょうか?

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。現在

コメント