イオンカードの締め日・支払日・確定日!利用可能額反映や再引き落としはいつ?

スポンサーリンク
締め日・引き落とし日

イオンカードの支払いサイクルは、10日締めの2日払いです。

ですが、クレジットカードの支払いって、そんな単純ではありませんよね。急な出費等で普段と違う使い方をすると、様々な疑問が浮かんでくると思います。

  • 請求確定日っていつ?
  • 締め日がおかしい・・・
  • 請求金額を事前に入金したい
  • 引き落としができなかった
  • 支払ったのに利用可能額が回復しない
  • 振込入金して二重払いになった
  • ・・・

ですが、支払日前後は、問い合わせが多く電話が繋がりづらいので聞くに聞けない状況になりえます。そんな時に不安を解消できるよう、この記事ではイオンカードの支払いに関連する事柄を徹底的にまとめてみました。

スポンサーリンク

締め日・請求確定日・支払日

請求スケジュール

イオンカードの請求スケジュールは下記のようになります。

請求スケジュール
締め日10日
請求確定日20日頃
支払日2日

 

前月11日~当月10日までの利用分が当月20日頃に確定。そして、確定した金額は翌月2日(土日祝の場合、翌営業日)に口座から引き落としされます。

ちなみに、2019年の締め日と支払日は下記のようになり、引き落とし日が翌営業日にずれ込む月は赤字で記載させて頂きました。

締め日2019年
11/11~12/101/4
12/11~1/102/4
1/11~2/103/4
2/11~3/104/2
3/11~4/105/7
4/11~5/106/3
5/11~6/107/2
6/11~7/108/2
7/11~8/109/2
8/11~9/1010/2
9/11~10/1011/5
10/11~11/1012/2

 

締め日がおかしい?

また、イオンカードの締め日がおかしいと感じる方がいらっしゃるようですが、11日~10日までの利用分というのは、実際にショッピングを行った日ではなく、利用先の店舗が売り上げとして計上した日を基準に計算を行います。

よって、下記のように10月利用分が翌年1月に請求されるようなケースもあります。

<例>

11月30日:3万円の買い物
12月11日:店舗が売上計上
2月2日:3万円の請求

 

ボーナス一括・2回払いの支払い月は?

ボーナス払いの支払い月は、基本的に利用店舗ごとに決められていますが、店舗によっては選択ができる場合があります。その際は、下記のように支払い月を選ぶことができます。

 利用日支払い可能月
一括夏(11/21~6/20)7、 8、 9月
冬(6/21~11/20)1月
2回1年中1月、8月
※支払日は2日(土日祝の場合、翌営業日)

 

2回払い・分割・リボ払いの支払い月は?

締め日と支払日の考え方は変わりませんが、2回払いを除き分割払いやリボ払いは手数料が掛かります。

支払日2回分割(5回)リボ
2/215,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
3/215,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
4/26,000円+手数料
(以降も続く)
5,000円+手数料
(以降も続く)
◆条件
・11月30日:3万円の買い物
・12月11日:店舗が売上計上
・分割払いは5回払い
・リボ払いの支払いコースは5,000円

ちなみに分割払いは、3・5・6・10 ・12 ・15 ・18 ・20 ・24・30・36・42・48・60回の14種類。

イオンスマートペイカード以外のリボ払いの支払いコースは、Sコース・Aコース・Bコース・Cコースがあり、リボ払いの残高に応じて支払い金額が変動します。

 

引き落としができなかった場合は?

2日に残高不足で万が一、引き落としができなかった場合は、下記3点の対処法があります。

  • 再引き落とし
  • 振込入金
  • 払い込み用紙にて支払い

ただし、イオンカードのコールセンターに確認したところ、再引き落としを含め上記の支払いは「遅延の記録が残る」との事です。

約定日(毎月2日)に引き落としができないと、ご自身のクレジットヒストリーに傷をつけてしまう可能性があるので、上記3つはあくまでも最終手段としての位置づけにしましょう。

 

再引き落とし

イオン銀行を引き落とし口座に設定している場合は、平日のみ3日~5日に再引き落としが実施されますので、遅くとも最終引き落とし日の前日までに入金をしておきましょう。

但し、3日~5日が土日祝日の場合、引き落としは行われません。ちなみに2019年の再引き落とし日以下のようになります。

 2019年
1月
2月5日
3月5日
4月3、4、5日
5月
6月4、5日
7月3、4、5日
8月5日
9月3、4、5日
10月3、4日
11月
12月3、4、5日
※金融機関の年末年始休みを12/30~1/3として計算しています。
※2日が土日祝日で引き落とし日が3~5日にずれ込む場合は、再引き落としの日数を減らしています。

 

また、イオン銀行以外を引き落とし口座に指定している場合、再引き落としは行われませんので振込入金か払い込み用紙での支払いが必要になります。

 

振込入金

再引き落としが出来ない場合はMyPage、またはテレホンアンサー(自動音声応答サービス)にて振込口座を確認のうえ、手続きを行いましょう。

イオンカードテレホンアンサー
固定電話0120-223-212
携帯電話・スマートフォン0570-064-750
or
043-331-0999
※24時間年中無休で受け付け可能です。

MyPageでの振込口座の確認方法はコチラ

 

払い込み用紙にて支払い

イオンカードは引き落としができなかった時、払い込み用紙が届きます。その用紙で支払う事もできますが、この方法はお薦めできません。理由は用紙が届くまでに時間がかかる分、遅延の期間が延びることになるからです。

遅延は、ご自身の信用情報に影響を及ぼす可能性があります。引き落としができなかった場合は、一刻も早い支払いを行うようにしましょう。

 

■関連記事

イオンカードセレクトは口座変更ができないがイオンカードは可!反映までの期間と手続きまとめ!
引っ越しや転職等、様々な機会に訪れる引き落とし口座の設定。 手続きに関して気になることも多いと思います。 また、イオンカードの引き落とし日は毎月2日(土日祝の場合、翌営業日)ですが、イオン銀行を引き落とし口座にすると、再引き落と...

 

利用限度額(利用可能枠)の仕組み

クレジットカードには、人それぞれ利用限度額が決められており、その限度額内でショッピングを行うことができます。

その利用限度額は1ヵ月等、期間で設定されているものではなく、通算期間で買い物ができる合計の金額です。支払いを済ませた分が利用可能額に反映され再度、利用できるようになる仕組みです。

 

引き落とし後、利用限度額への反映時期!

 

利用可能額は

「利用限度額」-「利用残高」=「利用可能額」

で計算されます。よって請求金額を支払えば、

「現在の利用可能額」+「請求金額」=「利用可能額」

となります。ちなみにリボ払いやキャッシングの支払いに関しては、請求金額に手数料が含まれているので、

「請求金額(元本返済部分+手数料)」-「手数料」=「利用可能額への反映金額」

となります。

 

支払い分が利用可能額に反映されない

カード会社によって支払い後、利用可能額へ反映される時期は異なります

これはカード会社が「みなし決済」を行うかどうかで変わってきます。イオンカードは「みなし決済」を行わない為、金融機関から引き落としされたデータが届き次第、利用可能額に反映される仕組みです。

反映期間は、2日に引き落としされた後、3~5営業日かかります。5営業日として計算すると利用可能額反映は下記のようになります。あくまでも参考程度にお考えください。

引き落とし日利用可能額反映日
2019年6月3日2019年6月10日
2019年7月2日2019年7月9日
2019年8月2日2019年8月9日

 

尚、「イオン銀行」を引き落とし口座に設定すると、引き落とし日に利用可能額へ反映する時期が若干?早く(5営業日⇒翌営業日~5日位)なります。

 

早めに利用可能額を増やす(枠戻り)方法

請求金額が20日前後に確定したあとは、その金額を振込にて入金ができるようになります。但し、振込してから利用可能額へ反映するまでには3~5営業日程時間がかかるので注意が必要です。

請求スケジュール
締め日10日
請求確定日20日頃
支払日2日

 

また、振込入金には注意点があります。

請求金額が確定した後は、当月請求分の引き落としを止める事が出来ません。よって、2日の引き落とし日に、口座を残高不足(請求金額より低い残高)にする必要があります。

よって、振込前にはテレホンアンサー(自動音声応答サービス)ではなく必ず、オペレーターに繋がる電話番号に連絡のうえ、手続きを行いましょう。

 イオン銀行コールセンターイオンクレジットサービスのコールセンター
電話番号0120-13-10890570-071090
  or
043-296-6200
営業時間9時~21時9時~18時
※「0570~」から始まる電話番号は「かけ放題」でも通話料がかかります。

 

二重払いになってしまったら

万が一、口座を残高不足にできなかった場合には、二重払いとなります。その過剰支払分は、1週間~10日程で引き落とし口座へ返金されるようですが、振込手数料はご自身の負担となります。

 

まとめ

以上、イオンカードの締め日と支払日についてまとめてみました。

引き落とし後だけでなく事前に振込入金をしても利用可能額反映まで3~5営業日かかるのは物凄く不便に感じます。特に、大型連休が重なると反映は通常よりも遅くなるので、限度額近くまで利用されている方は、ご自身の利用可能額を確認し計画的な利用を心掛けるか、限度額の引き上げ(増枠)を視野に入れてみましょう。

また、もし利用可能額反映が即日のカード会社を希望するのであれば、還元率の高い下記カード会社を検討してみてはいかがでしょうか?

カード会社
(関連記事)
還元率反映
dカード1.0%即日
三井住友VISAカード0.5%即日
※キャッシングの利用可能額は入金データが届き次第の反映となります。

 

◆参考記事

クレジットカード会社ごとの締め日・支払日と引き落とし後の利用限度額反映時期まとめ!
クレジットカードを利用する時、気になるのが請求金額の支払日でしょう。給料日に合わせて設定される方もいらっしゃると思います。 今回は、人気のクレジットカードの締め日・引き落とし日と支払い後の利用可能額への反映時期をまとめてみました。クレジット...

 

コメント

スポンサーリンク