B/43はどこで使える?PayPay・モバイルSuicaにチャージ可?Apple Payには登録不可!

プリカ・電子マネー

下記のようなメリットがあるB/43。

メリットデメリット
・招待コード入力で300円ゲット
・券面デザインが良いと評判
・まとめレポートが自動で作成され節約が容易になる
・ペアカードで2人の支出管理が可能に
・ポケットで積み立て預金が可能
・クレジットカードが無くとも後払いでチャージが可能
・還元率が0%
・出金手数料がかかる
・3Dセキュア対応カードは発行手数料がかかる

 

世界中のVISA加盟店で使用はできますが、プリペイドカードなので、電気料金など一部の継続的決済には対応していません。また、B/43から楽天ペイやd払い等の決済サービスへのチャージもできません。

では、どんな入金方法があり、B/43を介してどのような電子マネーやQRコード決済にチャージ可能なのか?この記事ではまとめます。

B/43へのチャージ方法は?

クレジットカード

よって、B/43でポイントをためるには3Dセキュアに対応しているクレジットカードからのチャージしかありません。

入金は1,000円以上から1円単位で可能ですが、クレジットカードの国際ブランドはVisa・MasterCard・JCB・American Expressのみで、Diners Clubや銀聯カード等ではチャージできないので注意が必要です。

入金の単位 1円
最低金額(1回あたり) 1,000円
最高金額(1回あたり) 100,000円
最高金額(1日あたり) 100,000円
最高金額(月あたり) 300,000円
手数料 0円

 

 

後払いチャージ

後払いチャージは、リアルカードが手元に届いた後、可能になります。

ただし、入金するごとに下記のような手数料がかかりますし、支払いが遅れれば延滞料金も発生するので、現金での支払いを先延ばしにしたい方以外はメリットがありません。

申請金額 B/43
3000円〜10,000円 500円
〜20,000円 800円
〜30,000円 1,150円
〜40,000円 1,500円
〜50,000円 1,800円

 

 

コンビニからのチャージ

ファミリーマート・ローソン・セブンイレブン・ミニストップ・デイリーヤマザキ・セイコーマートで入金は可能です。入金の単位や最高金額は以下のようになります。

入金の単位 1,000円
最低金額 1,000円
最高金額 299,000円
手数料 0円

 

セブンイレブンは、セブン銀行ATM。ローソン・ミニストップはLoppiで手続き後、レジで現金払い。それ以外のコンビニは、レジにて現金でチャージができます。

 

銀行振込でのチャージ

入金の単位 1円
最低金額 1円
最高金額 振込元口座の上限
銀行振込手数料 利用者負担

 

BANK PAYでのチャージ

2022年6月2日より、BANK PAYでのチャージに対応を開始しました。メガバンクの三井住友銀行やみずほ銀行を含む112からの金融機関から入金が可能です。

BANK PAYは、初回の金融機関登録は必要になりますが、その後は、Webサイトにログインすることなく手続きは金額入力だけなので、上述した銀行振込より簡単にチャージをすることが可能です。

 

Pay-easyでのチャージ

入金の単位 1,000円
最低金額 1,000円
最高金額 100,000円
手数料 0円

 

\招待コードの入力で300円ゲット!/

【招待コード:KC8ZPR】

 

どこで使える?使えない店はあるの?

2022年6月よりICチップ・3Dセキュア付きのカードが発行開始されました。

 ICチップ付きカードノーマルカード
年会費無料無料
発行手数料900円
(今だけ500円)
無料
(※300円)
ICチップ搭載×
VISAタッチ決済×
3Dセキュア
※2022年6月以前に発行されたノーマルカードは3Dセキュアに非対応です。3Dセキュア対応のノーマルカードへ切り替える際は、300円の手数料が発生します。

 

ICチップ・3Dセキュア付いていないノーマルカードでは、対応店舗での決済はできません。

また「一部公共料金・一部携帯電話料金・保険料等、毎月継続的な請求が発生したり自動更新手続きが必要な店舗では使用できない」と公式サイトには記載されているので注意が必要です。

東京電力・関西電力・九州電力・中部電力等の公共料金やSPOOX(スプークス)等のサブスク、サーバーの自動更新の支払い等、一部の継続的な決済はB/43でも可能でした。

使用不可
継続的な決済公共料金、携帯電話料金、家賃、保険料、衛星放送、ケーブルテレビ視聴料、インターネットサービスプロバイダ―利用料
あとから金額が決定する店舗ガソリンスタンド、宿泊施設
電子マネー等へのチャージ楽天Edy、nanaco等の電子マネー
ICチップが必要な店舗ICチップのみ対応している店舗では利用不可
3Dセキュア本人認証が必要なウェブサイトでは利用不可
オフラインの加盟店ネット環境が無い店舗

 

電子マネーやQRコード決済へのチャージは可能?

2022年6月よりICチップ・3Dセキュアへの対応を開始しましたが、それでもB/43から電子マネーやQRコード決済へのチャージはできません。

 決済サービス可否
QRコード決済PayPay
楽天ペイ×
d払い×
au PAY×
LINE Pay×
FamiPay×
電子マネー楽天Edy×
nanaco×
モバイルsuica
Google Pay
Apple Pay×

 

ただ、PayPayに関しては、事前にB/43のプリペイドカードを紐付けすることで、PayPay払いが可能です。

また、モバイルsuicaに関しては、3Dセキュアに対応した為、B/43でのチャージも可能です。これにより、クレジットカード⇒モバイルSUICAで対象外となっていたポイントが、クレジットカード⇒B/43⇒モバイルSUICAと経由することで、チャージ分のポイントを獲得することができるようになりました。

 

\招待コードの入力で300円ゲット!/

【招待コード:KC8ZPR】

 

TOYOTA Walletからのチャージも不可

TOYOTA Walletは、常時1.0%が還元される決済サービスで、クレジットカードや他の決済サービスとの組み合わせにより、ポイントの複数取りが可能になります。2022年1月10日までは、下記のルートが重宝されていました。

2.4%の還元率=クレジットカード(1.2%)⇒Kyash(0.2%)トヨタウォレット(1/0%)⇒B/43

しかしながら現在は、TOYOTA WalletからB/43へのチャージが不可能になった為、ポイント3重取り後、リアルカードとしての出口は封鎖されてしまいました。

TOYOTA Walletが実店舗ではiD加盟店しか利用できない為、VISAブランドであるB/43へチャージすれば使える店舗が格段に増えていたんです。

ただ、2022年11月現在でも、TOYOTA Walletを使ったポイントの複数取は健在なので、興味のある方は下記記事をご確認ください。

TOYOTA Walletはデメリットなしだが、PayPayカード・リクルートカードが必須?
TOYOTA Walletは、トヨタ自動車を所有しているかに関わらず、全ての人がポイント三重取りで2.0%以上の還元率を受けられるキャッシュレス決済アプリで、以下のような特徴があります。 5種類の決済サービスを利用可能 ...

 

出金はセブン銀行ATMで可能!

出金はセブン銀行ATMから可能ですが、1回あたり220円の手数料がかかります。また、出金額は下記のように上限があるので注意が必要です。

  • 1回あたり出金額:1,000円~10万円
  • 1日あたりの出金額:1,000円~20万円

尚、ご自身でチャージした金額は出金可能ですが、あとばらいチャージで入金した金額は出金できません

B/43の「あとばらいチャージ」は審査落ちも?ミライバライはCICを確認する?
B/43という家計簿とVISAプリペイドカードの機能を持ち合わせたキャッシュレス決済アプリがあります。プリペイドカードなのでチャージが必要にはなりますが「あとばらいチャージ」であれば、クレジットカードや現金、口座からの振込も不要です。 ...

 

支払い方法やキャンセル時の返金方法・時期は?

支払方法は通常のクレジットカードと同じです。

ネットショッピングで名義人が必要な場合は、ご自身の名前ではなくカードに記載されている「BE MEMBER」で決済する必要があります。

また、買い物した後にその決済をキャンセルした場合は、利用した店舗が返金データを送り次第残高に反映されます。

ただ通常、返金データが届かなければ処理をしないクレジットカード会社が多い中、B/43は60日程度たっても返金データが届かない場合には、残高に自動で反映してくれます。

柔軟に対応してもらえるという面ではメリットがありますね。

B/43の評判や口コミは?ペアカードはデメリットあるも招待コードで払拭?
B/43は、株式会社スマートバンクが運営する家計簿を備えたVISAブランドの家計簿アプリで、サービス名の由来は「Balance(残高) / 43(予算)」 や「Budget(予算) / 43 (資産)」 を意識して生活できるようにという願い...

コメント