TOYOTA WalletへのチャージはKyashがお薦め?楽天・バンドルカードやB/43からは不可?

プリカ・電子マネー

「TOYOTA Wallet」は、iDが使える店舗(全国150万ヵ所以上)で幅広く決済でき、尚且つ、1.0%の残高が還元されるので、利用している方は多いと思います。

私の買い物は、TOYOTA Wallet一択です。

更に、クレジットカードやKyash CardからTOYOTA Walletに入金することで2.0%超えの超高還元が実現されます。

では、具体的にどんなチャージ方法があるのでしょうか?

この記事にてまとめます。

iD/Mastercard残高の上限や有効期限は?

まず大前提として、TOYOTA WAlletにチャージできる上限額を知っておきましょう。

チャージ上限額 上限
1回の上限額 5万円
1日の累計上限額 30万円
1ヵ月の累計上限額 30万円
※1日に5万円以上チャージする場合、残高をご利用後、5万円を上限に500円より累計30万円までチャージできます。

日常的なショッピングをするだけなら、月30万円もあれば十分ではないでしょうか?

ちなみに、チャージ後の出金はできないので、残高は使い切る必要がありますし、残高の有効期限は4年間ですが、有効期限の1年前から有効期限到来月の前月26日までの期間に1回以上の利用やチャージがあれば期限は更新されます。

 

iD/Mastercard残高へチャージする方法は?

TOYOTA Walletへは下記の方法でチャージ・利用が可能です。

TOYOTA Walletは、オートチャージ設定はできません。

そして、利用用途をご覧いただければ分かると思いますが、大抵の方が対象になるのはクレジットカードからのチャージが可能な「iD/Mastercard残高」の決済です。

決済手段
(還元率)
チャージ・支払方法利用用途
iD/Mastercard残高
(1.0%)
クレジットカード
TS CUBIC Pay
TS CUBIC CARD
銀行口座
iD/Mastercard®コンタクトレス加盟店(国内・オンラインショッピング)等での利用できる電子マネー
Quick pay+残高
(1.0%)
TS CUBIC Pay
TS CUBIC CARD
Quick Pay加盟店で利用可能
WalletQR
(0.2~1.0%)
クレジットカード
TS CUBIC Pay
TS CUBIC CARD
トヨタ販売店で利用可能
銀行Pay三井住友銀行
ゆうちょ銀行
横浜銀行
福岡銀行
熊本銀行
十八親和銀行
沖縄銀行
北海道銀行
北陸銀行
広島銀行
OKI Pay(沖縄銀行)、こいPay(広島銀行)、はまPay(横浜銀行)、ほくほくPay(北海道・北陸銀行)、YOKA!Pay(熊本・十八親和・福岡銀行)として利用可能
BankPay各金融機関全国のBankPay加盟店でデビット支払い可能。iD/Mastercard残高のチャージ手段

 

では「iD/Mastercard残高」へチャージする方法を見ていきましょう。

 

TS CUBIC Payでチャージ

TS CUBIC Payは、年会費無料の後払い型バーチャルカードで、TOYOTA Walletへのチャージやトヨタ販売店での支払いに利用できます。

ただ、「TS CUBIC Pay」を利用するには審査が必要になりますが「TS CUBIC CARD」を所持してなければ旨味はありませんし、そもそも「TOYOTA Wallet」へチャージしてもポイント還元はないので、メリットは皆無です。

TS CUBIC Pay(後払い)の審査は厳しい?ポイント還元率も低いのでTOYOTA WalletかTS CUBIC CARDを!
TS CUBIC Payは、後払いが可能な支払い方法でTOYOTA Walletへのチャージやトヨタ販売店での支払いに利用できます。 ただ、利用するには審査が必要になるんです。 個人的には、信用情報機関である...

 

クレジットカードでチャージ

国際ブランドは、VISAかMastercardで尚且つ、3Dセキュアに対応していなければチャージはできません。

JCBブランドは非対応なんです・・・

ちなみに、クレジットカードで3Dセキュアに非対応なのは、見かけるほうが少ないです。年会費無料でポイント還元率の高い下記カードなら、チャージが可能です。

例)クレジットカード還元率+Kyash Card(0.2%)+トヨタウォレット(1%)

 

プリカ(バンドルカードやB/43)でチャージ

クレジットカードと同じく、国際ブランドはVISAかMastercardで尚且つ、3Dセキュアに対応していなければなりません。ただ、一部のプリペイドカードは、非対応なので注意が必要です。

対応非対応
バンドルカード
Kyash
ANA VISAプリペイドカード
三井住友VISAプリペイド
JAL Global WALLET
オリコプリペイドカード
Vプリカ
dカード プリペイド
B/43
POINT WALLET VISA PREPAID

 

バンドルカードからのチャージは問題なくできました。


FamiPayからバンドルカードへの入金はオンライン上ではできませんので、ファミリーマートへ出向く必要があります。

  1. チャージ画面で「コンビニ」をタップ
  2. 「チャージリクエストを作成する」をタップ
  3. ファミリーマートを選択し「選択したコンビニでチャージする」をタップ
  4. チャージ金額を入力し「この金額で決定する」をタップ
  5. ファミリーマートに行きバンドルカードのバーコードを表示させ読み取ってもらい、FamiPayで支払う旨、伝え決済
  6. TOYOTA Walletでバンドルカードのカード番号・有効期限・セキュリティコード・チャージ金額を入力しチャージ

 

また、あと払いが可能な「B/43」は2022年6月に3Dセキュアに対応しましたが、TOYOTA Walletへのチャージはできませんでした。

 

デビットカードでチャージ

デビットカードも同様に、国際ブランドはVISAかMastercardで尚且つ、3Dセキュアに対応していなければチャージはできません。

プリペイドカードと違い大抵のデビットカードはほぼほぼ、3Dセキュアに対応しているので、幅はかなり広がるでしょう。

デビットカードの還元率で言えば、Sony Bank Walletが0.5%~2%の還元率とかなり高いのでお薦めです。

 

銀行口座でチャージ

TOYOTA Walletが、銀行PayやBankPayと提携している為、ほとんどの金融機関から即座にチャージが可能です。

よって、クレジットカードやデビットカードを持っていない方や3Dセキュアに非対応のプリペイドカードしか持っていない場合には、銀行口座を連携させてチャージを行いましょう。

実際に、銀行口座からのチャージでも+1,000円の入会特典は適用になります。

 

楽天カードや電子マネー・QRコード決済でチャージできない?

TOYOTA Walletからチャージ方法は上述した通りなので、下記のような電子マネーやQRコード決済からのチャージはできません。

電子マネーQRコード決済
nanaco、楽天Edy、WAON、Suica、PASMO、Kitaca、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけんPayPay、d払い、楽天ペイ、au PAY、LINE Pay、メルペイ、YOKA!Pay、ゆうちょPay、WeChatPay、AliPay

 

ちなみに「楽天カードからチャージできない」という声を見かけることがありますが、2022年8月現在、チャージは可能です。

楽天カードからKyashへのチャージによる1%のポイント還元は対象外なので注意が必要です。

よって、もしチャージの際にエラーが出る方は、暫く時間をおいてから再チャレンジしてみましょう。

それでもチャージができなければ、楽天カードが使えない状況かもしれないので、下記記事をご確認ください。

楽天カードが使えない時の対応方法と店舗によって使える理由まとめ!問い合わせ先はどこ?
クレジットカードが使えない時って恥ずかしいですよね。私も一度、決済ができずに気まづい雰囲気になった経験があります。 では、なぜ使えない時があるのでしょうか? 理由は「利用限度額不足」や「有効期限切れ」等が考えられますが、実は他に...

 

kyash Cardからのチャージでポイント還元はいくら?

Kyash Cardは下記3種類があります。

以前は、Kyash Card Lite・Kyash Card Virtualは、TOYOTA Walletへチャージができませんでしたが、2022年11月15日以降は、全てのKyash Cardが3Dセキュアに対応した為、チャージが可能になりました。

また、ポイント還元率はKyashマネーとKyashバリューという残高の種類により異なり、クレジットカードやデビットカードからのチャージはKyashバリュー。それ以外はKyashマネーとして計上されます。

Kyashで本人確認が完了していないと、クレジットカードやデビットカード以外での入金もKyashバリュー残高として計上されるので注意が必要です。

 Kyash CardKyash Card LiteKyash Card Virtual
Kyashマネーポイント還元率
(還元対象決済上限)
1%
(月12万円)
0.5%
(月12万円)
0.5%
(月12万円)
Kyashバリューポイント還元率
(還元対象決済上限)
0.2%
(月5万円)
0.2%
(月5万円)
0.2%
(月5万円)
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
3Dセキュア
ICチップ(4桁暗証番号)
Visaタッチ決済
Apple Pay、Google Pay
QUIC Pay
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
1回あたりの決済上限
(本人確認なし)
5万円5万円5万円
1回あたりの決済上限額
(本人確認済)
30万円10万円10万円

 

銀行口座・ペイジー・コンビニ・セブン銀行ATMでのチャージは2.0%

2.0%=Kyash Card(1.0%)+トヨタウォレット(1%)

クレジットカード以外でのチャージだと、還元対象決済金額は月12万円までとなり、最大で月1,200ポイント(12万円×1.0%)獲得できます。

確かに、Kyash Cardの発行手数料は900円かかりますが、1ヶ月で十分取り返せますし、TOYOTA Walletへのチャージで還元率は2.0%まで上がります。

クレジットカードを持たずに、この還元率は他に類を見ません。

更に、2022年10月5日~2023年3月31日まで、Kyashへの無料登録とネット・実店舗での買い物で300円分のポイントを獲得できるキャンペーンを実施中です。たかが300円ですが、されど300円です。ポイ活の達人と呼ばれる方々は、この300円を決して無駄にせず、こつこつ地道なポイント獲得を積み上げて長者になったんです。

落ちてる300円を見逃すようでは今の生活は変わりません。一歩踏み出すためにも、是非、この機会に無料登録をしてみてはいかがですか?

公式サイト Kyashに無料で登録

 

クレジットカードでのチャージは最大2.4%

一方でクレジットカードでチャージするとKyashバリューとして残高に計上されるので、還元率は0.2%で且つ、還元対象決済金額は月5万円までとなります。

よって、最大で月100ポイント(50,000円×0.2%)までしか獲得できませんし、発行手数料も900円かかるので、毎月限度額まで使っても、取り返すには、9ヶ月かかる計算になります。

私は2021年10月から利用を続けて、ようやく発行手数料900円分を取り戻したので、発行手数料のかからないKyash Card Virtualでも利用価値は十分にあります。

ただ、下記のように紐付ければ、クレジットカードの還元率も付与されるので、根気よく続けられる方は、Kyash Cardを発行する価値は十二分にありますし、TOYOTA Walletが使えないVISA加盟店で、Kyashのリアルカード決済をすると、0.2%分のポイントが上乗せできるメリットもあります。(TOYOTA WalletからSUICAには1.0%の還元率を維持したままチャージ可能です)

 ※クレカKyashトヨタウォレットPayPayあと払い合計
iD加盟店1.0~1.2%0.2%1.0%2.2~2.4%
suica加盟店1.0~1.2%0.2%1.0%2.2~2.4%
PayPay加盟店0.2%1.0~2.0%1.0~2.0%
上記以外のVISA加盟店1.0~1.2%0.2%1.2~1.4%
※還元率2.4%リクルートカード
※還元率2.2%PayPayカード

 

更にKyashとPayPayカードを併用することでiDやSUICAが使えない店舗でのポイント取りこぼしを防ぐことができるんです。

「iD・SUICA」が使えなければPayPayあと払い。「PayPayあと払い」が使えなければ「VISA(Kyashのリアルカード)」で支払う。と選択肢をいつも複数用意しておけば、できる限り多くのポイントを獲得できます。

極めつけは、Kyashの無料登録とショッピングをするだけで、最大300円分のKyashポイントを獲得できるキャンペーンです。ポイントを獲得するには、、、

  1. キャンペーン期間中にKyashに新規登録
  2. Kyashにチャージ
  3. 会員登録してから7日以内にトップ画面に表示されるチュートリアルに従って特定の操作をする
  4. オンラインでショッピング
  5. 実店舗でショッピング

期間は2022年10月5日~2023年3月31日までと短いです。是非、早めに申し込みを行い、300円分のポイントを獲得しましょう。

公式サイト Kyashアプリをインストール

TOYOTA Walletはデメリットなしだが、PayPayカード・リクルートカードが必須?
TOYOTA Walletは、トヨタ自動車を所有しているかに関わらず、全ての人がポイント三重取りで2.0%以上の還元率を受けられるキャッシュレス決済アプリで、以下のような特徴があります。 5種類の決済サービスを利用可能 ...

コメント