B/43の評判や口コミは?ペア口座やポケットにメリットはあるのか考えてみた!

メリット・デメリット

B/43は、株式会社スマートバンクが運営する家計簿を備えたVISAブランドの家計簿アプリです。

サービス名の由来は「Balance(残高) / 43(予算)」 や「Budget(予算) / 43 (資産)」 を意識して生活できるように、という願いを込めています。

概要
対応OSiOS、Android
国際ブランドVISA
年会費無料
還元率0%

 

ただ、家計簿アプリがたくさんある中で「B/43」でなければならない理由が個人的には見つかりませんでした。では、具体的にどんな魅力がありデメリットはなんなのか?

この記事ではまとめます。

招待コードで300円ゲットのキャンペーン実施中

2021年7月15日から金のチケットではなく招待コードに名称が変更になりました。

現在は、登録時に招待コード「KC8ZPR」を入力することで、初回1,000円以上チャージすると、プラスで300円が貰えます。(例:5,000円チャージ⇒残高5,300円)

また、その他にも期間限定でのキャンペーンも実施しています。

直近なら、B/43で3,000円以上の支払いをすると3%分(最大600円分)の残高が還元されるキャンペーンを実施していました。ただ、お知らせが届いた方のみで、尚且つ、期間が2日間と短かい為、私はトライできませんでしたが、Amazonギフト券の購入でもキャッシュバックの対象にはなっているようですね。

 

券面デザインが良いと評判

良い評判のほとんどは、券面デザインに関してです。オシャレに疎い私でも、カードが届いた時は「カッコイイなぁ」と少し気持ちが高揚した記憶があります。一方で、よろしくない評判はというと、ICチップに対応していない点です。

以上を踏まえたうえで、次項からメリット・デメリットについてまとめます。

 

良い評判

 

悪い評判

 

特徴

ペア口座で2人の支出管理が可能に

ペア口座とは、生計を共にする方同士が何に使ったかを共有できる機能です。アプリ上で簡単に切り替え可能で、二人が入出金できるだけでなく、個人口座とペア口座の間でも残高を自由に移せて、更に残高や利用履歴を共有することもできます。

ペア口座開設は、本人確認時か個人カードが手元に届いた後のどちらでも可能です。

B/43は申し込み後いつ届く?PayPayやモバイルSuicaにチャージ可?使えない店舗はあるの?
家計簿とプリペイドカードの機能を持ち合わせた「B/43」という決済アプリ。スマートフォンだけで申し込み・本人確認は完了しますが、実際に手元にリアルカードが届くまではどの位かかるのでしょうか? また、届いた後、どのような手続きをすれば利...

 

登録の手順はQRコードの読み取りを行うだけ。自分名義の口座を共有するには「あなたのQRコードを表示」から。相手名義の口座を共有させてもらうには「相手のQRコードを読み取り」からカードの発行手続きを行います。

 

ポケットで積み立て預金が可能

ポケットとは、メイン口座とは別に口座を作って積み立て等に利用することができる機能です。

目的を達成する為に様々なアイコンが用意されており、それを実現する為のイメージをより持ちやすくなるよう作られています。

ただ、クレジットカードやあとばらいチャージで入金した残高は他のポケットに移すことができないので注意が必要です。下記のように移せる残高はメインポケットにある残高と比べても少ないのが分かりますね。

また、ポケットは残高があると削除できないので、メインポケットに残高を戻してから削除するようにしましょう。

 

クレカが無くとも後払いでチャージが可能

最近は、Paidyやメルペイスマート払いFamiPay翌月払い等、BNPLと呼ばれる後払い決済が増えてきました。

これらは、クレジットカードや現金をお持ちでない方でも支払いの先延ばしが可能です。B/43もあとばらいチャージという機能があります。ただ、チャージのたびに審査があり使い始めは上限も低く設定されている為、限度額を上げる為には使い続けなければなりません。

また、チャージのたびに高額な手数料はかかりますし、清算が遅れれば延滞料金がかかるので、メリットと呼んでよいか微妙なサービスだと私は思います。

B/43の「あとばらいチャージ」は審査落ちも?手数料や清算が遅れれば延滞料金も発生!
B/43という家計簿とVISAプリペイドカードの機能を持ち合わせたキャッシュレス決済アプリがあります。プリペイドカードなのでチャージが必要にはなりますが「あとばらいチャージ」であれば、クレジットカードや現金、口座からの振込も不要です。 ...

 

デメリット

還元率が0%

B/43での決済はポイント還元がありません。

2022年1月10日までは「クレジットカード⇒Kyash⇒トヨタウォレット⇒B/43」とポイントの4重取りができましたが、現在はTOYOTA WalletからB/43へのチャージができなくなった為、メリットは大きく半減しました。

よって「クレジットカード⇒B/43」というルートしか残っておらず、全てがクレジットカードの還元率に依存することになります。また、国際ブランドはVisa・MasterCardのみで、JCBやDiners等ではチャージできないので注意が必要です。

 

出金手数料がかかる

出金はセブン銀行ATMから可能ですが、1回あたり220円の手数料がかかります。また、出金額は下記のように上限があるので注意が必要です。

  • 1回あたり出金額:1,000円~10万円
  • 1日あたりの出金額:1,000円~20万円

尚、ご自身でチャージした金額は出金可能ですが、あとばらいチャージで入金した金額は出金できません

 

3Dセキュアやタッチ決済に非対応

チャージするクレジットカードに対しては3Dセキュアを要求するにも関わらず、B/43自体は非対応なので3Dセキュアの必要な店舗では利用できません

また、タッチ決済にも非対応でICップも付帯していないので、セキュリティ面ではいささか不安に感じる部分もありますね。

現状では、ICチップが付帯していない磁気カードを利用できない店舗は少ないですが、今後は徐々に使える店舗が少なくなるのは確実なので、改善を試みてほしいところです。

 

メリット・デメリットまとめ

B/43のメリット・デメリットは下記のようになります。

メリットデメリット
・招待コードで300円ゲットのキャンペーン実施中
・券面デザインが良いと評判
・ペア口座で2人の支出管理が可能に
・ポケットで積み立て預金が可能
・クレカが無くとも後払いでチャージが可能
・還元率が0%
・出金手数料がかかる
・3Dセキュアやタッチ決済に非対応

 

ポケット機能で支出を共有できるメリットはありますが、夫婦間・親子間でもプライバシーはありますし、金銭が絡んでくると関係性の悪化を招く要因になるかもしれません。

また、ポケット機能に関してはどこにでもある見慣れた機能という感じです。

今や、大抵の金融機関やクレジットカードにはアプリがあって、同様の機能は付帯されているんです。それをいくら使い過ぎが怖いからという理由で、わざわざ3DセキュアやICチップの付いていないB/43を発行して、そこにお金を移行して、、、という手間を考えると、メリットはほとんど感じられません。

ただ、類似サービスであるバンドルカードよりはデザイン性がよく、あとばらいチャージの手数料も安いですし、機能面も秀でています。

だからといって、実際に使用するかというと、、、という感じなので、あとばらいチャージが利用できる金額を少しずつ上げていき、どうしてもやむを得ない金欠時のみに使える緊急回避策として使用するのがベターな使い方ではないかなと私は思います。

コメント