PayPayカード(あと払い)の入会キャンペーンで7,000ポイントゲット!更に3,000ポイントを獲得するには?

キャンペーン

「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列です。

よって「PayPayカード」から申し込んでも「PayPayあと払い」は利用できますし「PayPayあと払い」から申し込んでも「PayPayカード」を発行したことになります。

PayPayあと払いは危険な罠?PayPayカードとの違いやメリット・デメリットまとめ!
「PayPayあと払い」は「PayPayカード」の支払い方法の一つで、分割払いやリボ払い・ボーナス払い等と同列です。ただ、クレジットカードの発行を拒む属性の方を「PayPayあと払い」という名目で、会員として取り込むための施策に過ぎません。...

 

そしてポイント還元率は、PayPay加盟店では「PayPayあと払い」をすると1.5%~2.0%。更に、PayPayジャンボ等のキャンペーンにより、還元率は上乗せされます。

 PayPay残高支払いPayPayあと払いPayPayカード
通常還元率
(~2022年12月)
0%1.0%
(0.5%)
1.0%
PayPayステップ
(~2022年12月)
+0.5%+0.5%+0.5%
(0%)
PayPayカード ゴールド所有+0.5%
合計
(~2022年12月)
0.5%2.0%
(1.5%)
1.5%
(1.0%)
※2023年1月以降の利用からPayPayあと払いの基本還元率が1.0%になります。
※2022年12月1日以降、PayPayカードによる決済もPayPayステップの特典の対象となる支払い方法に加わります。よって、PayPayステップの条件を満たせば、2023年1月以降の利用は+0.5%の特典が適用されます。
※PayPayゴールドカードを所有してPayPay加盟店で「あと払い」をすると、+0.5%が還元されますが、PayPay加盟店以外(VISA/MasterCard/JCB加盟店)で決済しても+0.5%は還元されません。

 

そんなPayPayカード(あと払い)は現在、2022年11月17日から最大7,000円分のポイントを獲得できるキャンペーンを実施しています。

No.1のポイントサイト moppyからPayPayカードを申し込んで+3,000円ゲット!

では、具体的なキャンペーンの内容はどんなものなのでしょうか?

この記事にてまとめます。

新規入会キャンペーンで7,000円ゲット!

 入会特典利用特典
獲得ポイント
2,000pt5,000pt
条件審査通過利用申込月を含む2カ月目の末日までに3回の利用
付与時期通過後すぐ3回目を利用後、利用明細に反映された翌月下旬

 

入会で2,000ポイントは審査完了と同時に

PayPayカード(あと払い)の審査が完了すると、すぐに2,000円分のPayPayポイントを獲得できます。

上記のように、メールは審査完了から2日後届いていますが、実際にポイントが付与されたのは審査完了と同時刻の11:19でした。まさにリアルタイム、圧倒的なスピードでのポイント獲得は嬉しい限りです。

 

3回利用で5,000ポイント

審査通過後、PayPayカード(あと払い)で3回のショッピングをすると5,000円分のPayPayポイントを利用明細に反映された翌月下旬に獲得できます。ただし、下記は1回の利用としてカウントされないので注意が必要です。

  1. PayPay残高のチャージ分
  2. PayPay残高のみでのご決済分
  3. 入会特典等を含む、各種ポイントの充当によりお支払金額合計が300円未満となった場合
  4. nanacoクレジットチャージ分
  5. Tマネーのチャージ分
  6. 「振込依頼書」および「ご利用代金請求明細書」の発行手数料
  7. お客様自身や、店舗都合などによりご利用をキャンセルされた場合
  8. ETCカード年会費のご利用分
  9. キャッシングサービスのご利用分
  10. 提携CD・ATM利用手数料

色々難しい事が書いてあるように見えますが、上記に該当しないヤフーショッピングやAmazon、楽天市場での買い物は金額も問われず尚且つ、回数にカウントされますが、利用申込月を含む2カ月目の末日までに利用し、尚且つ、明細に反映されなければなりません。

PayPay加盟店では「PayPayあと払い」、加盟店以外では「PayPayカード」での決済で、どちらも1回としてカウントされます。

よって、利用明細への反映が遅くなる支払いには注意が必要です。

例えば、ネットショッピングでは、商品を購入した日ではなく発送した日を利用日として設定する店舗がある為、発送日が期間外であれば対象外となってしまいます。

また、電気料金等の継続決済も対象になりますが、支払手続きをした時のオーソリゼーション(カード決済が可能かどうかの確認)は、後々キャンセルされるべき取引なので、実際に利用明細に反映されるのはずっと先です。

そのような反映時期が遅くなる可能性のある決済はリスクが高いので、コンビニやスーパーマーケット等で普段から使う商品をPayPayカード(あと払い)で購入する等して、回数を稼ぎましょう。

 

No.1のポイントサイト moppyからPayPayカードを申し込んで+3,000円ゲット!

 

PayPayステップの達成には注意が必要

また、PayPayステップでは基本還元率が0.5%⇒1.0%まで上がりますが、達成するには「300円以上の決済30回以上で尚且つ、10万円以上」の利用と、難易度が高くなります。

 達成条件付与率・付与上限
①PayPay支払い300円以上の支払い30回以上且つ、10万円以上達成+0.5%(基本還元率)








PayPayモール or Yahoo!ショッピング1回の買物につき1,000円以上+0.5%(基本還元率)
⇒2022年11月をもって終了
PayPayフリマ or ヤフオク!1回の購入・落札につき1,000円以上
Yahoo!トラベル1回の予約につき1,000円以上
ebookjapan電子書籍の買い物1回につき300円以上
LOHACO by ASKUL1回の買い物につき1,000円以上
③Yahoo!プレミアム会員会員登録+2%(PayPayモール&Yahoo!ショッピング)
④PayPay・ヤフーアカウント連携連携+2%(PayPayモール)
合計最大1.5%(基本還元率)
最大15.5%(PayPayモール)
最大13.5%(Yahoo!ショッピング)

 

よって、無理に利用しようとすると無駄な出費が増えてしまい、ポイント獲得による節約が全く無意味になってしまう可能性があるので注意が必要です。

 

PayPayジャンボが10月17日から12月28日まで開催

そして入会特典とは別に、2022年10月17日~12月28日までは、PayPayジャンボを開催しており、対象店舗でPayPayにて支払うと抽選が行われ、最大1.5%(2022年12月まで)に加え下記ポイントを獲得することができます。

  • 1等:100%
  • 2等:5%
  • 3等:0.5%

しかもPayPayあと払いでの支払いや本人確認済みかにより、最大で3回チャレンジでき、3等でも+0.5%(計2.0%)。2等なら+5.0%(計6.5%)。1等なら全額が還元されることになるんです。

私は、前回の当選結果は3等しか当たらず、尚且つ当選率は5割弱だったので、今回は大いに期待しています。

決済日 店舗 金額 還元率 獲得予定日
7月1日 寿司  ¥ 2,260 0.50% 7月31日
7月3日 うどん  ¥   780 0.50% 8月2日
7月8日 うどん  ¥ 2,130 0.50% 8月7日
8月8日 寿司  ¥ 2,497 0.50% 8月8日
8月9日 蕎麦屋  ¥ 1,420 0.50% 8月9日
7月10日 カフェ  ¥   320 8月9日
7月10日 ドラッグストア  ¥ 1,872 8月9日
7月13日 タクシー  ¥ 1,000 0.50% 8月12日
7月13日 観光  ¥ 1,500 0.50% 8月12日
7月14日 タクシー  ¥ 3,880 8月13日
7月14日 タクシー  ¥   920 8月13日
7月15日 昼食  ¥   750 0.50% 8月14日
7月15日 CAFÉ  ¥   320 8月14日
7月17日 寿司  ¥ 3,383 8月16日
7月17日 ホテル  ¥ 1,500 8月16日
7月18日 アミュプラザ  ¥ 1,400 8月17日
7月18日 アミュプラザ  ¥ 2,052 8月17日

ちなみに、「PayPayあと払い」は、PayPayアプリ上で「残高払い(赤い画面)⇒あと払い(青い画面)」に切り替えてから支払う方法です。

 

 

ポイントサイトで+3,000円~5,000円獲得可能?

今や、PayPayはQRコード決済サービスの中では断トツのシェア率を誇っており、そのサービスの恩恵を最大限に受ける為にはPayPayカード(あと払い)は必須です。

 WBSMMD研究所
PayPay54.3%43.1%
d払い13.0%18.2%
楽天ペイ13.8%15.4%
au PAY8.6%12.1%
LINE Pay10.3%4.60%
メルペイ3.60%
FamiPay1.50%
QUOカードPay0.90%
ゆうちょPay0.40%
※中列は、2021年8月19日にWBSが公表したデータです。
※右列は、2021年1月にMMD研究所が18~69歳の男女45,000人を対象に行った調査結果です。

 

更に、通常のクレジットカードの還元率が0.5%に対し、PayPayカードは1%にも関わらず年会費無料。おまけにPayPay加盟店では1.5%~2.0%の還元率と、日本一の発行枚数を誇り顧客満足度もNo.1の楽天カードと肩を並べられる唯一のカードと言っても過言ではありません。

しかも、PayPayのユーザー数5,000万人を記念して、10月からは再び「超PayPay祭」や「PayPayジャンボ」も復活します。その時にポイントサイトがキャンペーンを実施していれば、入会特典とは別で+3,000円~5,000円分のポイントが獲得できるかもしれません。

ポイントサイトには、クレジットカードの発行や商品購入・アンケート回答・アプリインストール等、様々な案件が用意されており、条件をクリアすることで公式サイトのキャンペーンとは別に下記のようなポイントが貰えますが、時期により未実施の場合もあります。

 PayPayカードPayPayあと払い
公式サイト7,000円7,000円
ポイントサイト3,000円
合計10,000円7,000円

 

よって、PayPayあと払い(カード)を申し込もうか迷っているという方は、ポイントサイトで「PayPayカード」の案件がないか確認してから申し込みされることを強くお薦めします。

No.1のポイントサイト moppyからPayPayカードを申し込んで+3,000円ゲット!

コメント