セゾンカードの解約手続きは電話orカウンターで!退会時のポイントや年会費の支払いは?

スポンサーリンク
解約

セゾンカードの解約は、驚くほど簡単にできてしまいますが反面、デメリットや注意事項を知らずに退会してしまうと後悔することになりかねません。

よって、手続き前は、これから記載する注意事項をしっかりと確認したうえで手続きを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

解約方法

セゾンカードの解約は、電話連絡もしくは、セゾンカードカウンターでの手続き必要になります。

電話での解約は、下記のセゾンインフォメーションセンターに連絡しましょう。

会員種別電話番号
一般会員0570-06-4133
03-5996-1111
06-7709-8000
ゴールド会員0120-30-0989
アメックス会員 0120-39-9930
※営業時間:1/1除く9時~17時

 

セゾンカウンターは47都道府県のうち、30の都道府県に設置されています。クレジットカードの解約ってなにかと不安なことが多いと思うので、電話よりも対面での手続きが安心できますよね。ただし、お住まいの近隣にセゾンカウンターがない場合には、電話での解約が必要です。

尚、この記事では、カード解約時の不安点を解消できるよう注意事項についてまとめてみました。

 

退会のデメリットと注意事項

セゾンカードのポイントは、1,000円につき5円相当。還元率は0.5%と決して高いとは言えませんが、有効期限が存在しない永久不滅ポイントや交換先が豊富な点は他社に比べてメリットとなりえます。

しかしながらそれもカードを解約しなければの話。退会すれば永久不滅ポイントでも関係なく消滅してしましまいます。よって解約前には必ずポイントは使い切ってしまいましょう。

ポイント交換

但し、セゾンカードを同名義で複数枚所持している場合には、ポイントは自動移行されるため、消滅する事はありません。

そのことを踏まえた上で解約時の注意事項を説明します。

 

 

年会費発生のタイミング

年会費の請求は一部のカードを除き入会月の翌々月4日なので、年会費を発生させないためには、カード有効期限月(券面に記載あり)の1ヵ月前までに解約手続きを完了させましょう。

ただし、インフォメーションセンターに確認したところ、カードの種類や契約日により年会費発生のタイミングは異なるようです。不要な年会費を支払わない為にも、事前に確認しておくことをお薦めします。

 

利用残高の清算

分割払いやリボ払い等の利用残高がある場合には、今までと同様に引き続き請求されます。

又、解約と同時に「Netアンサーサービス」も利用不可になる為、Web上で請求金額の確認はできなくなります。勿論、請求書は郵送されますが、使っていないカードの支払いって忘れがちになるので、なるべくなら退会時の一括返済をお薦めします。

ちなみに、解約後もあとからリボ(リボ変更)は基本的に利用できます。但し、Webからの手続きはできないので、インフォメーションセンターへ電話連絡を行いましょう。

 

個人情報の変更

引っ越し済みや今後、引っ越し予定のある方。解約時には住所変更の手続きをおすすめします。

理由は請求書が届かなくなるから。

カードの利用残高が残っていないから関係ない。

と思うかもしれません。

 

以下の例のように10月利用分が翌年1月に請求されるようなケースもあります。

<例>

10月30日:3万円の買い物
11月11日:店舗が売上計上
1月4日:3万円の請求

また、遅い店舗であれば1、2ヵ月程かかることもありますしETCカードの支払いに至っては、もっと遅くなる場合もあります。そうなると忘れた頃に請求が発生していて気がつかないうちに「遅延」。そして、住所が変わっていたら「ご入金のご通知」という書面も届きません。

結果、信用情報に傷をつけてしまう事になりかねませんので、万一に備えて変更手続きをする事が延滞を防ぐこと。つまりは、自分自身の身を守ることに繋がると思います。

 

継続決済の再手続き

公共料金や電話料金・保険料等、毎月の継続的な決済をセゾンカードで行っている場合には、ご自身で手続きが必要になります。手続きを怠ってしまうと支払いが滞ってしまうので、なるべくなら支払方法変更完了後にカードを解約しましょう。

尚、公共料金等は延滞しても最悪、支払えば復旧しますが、保険料金等は滞納すると解約になってしまう場合があります。今まで積み上げた物が全て水の泡になってしまう可能性があるので、必ず保険会社へは解約前に連絡を行い、決済手段を変更しておくようにしましょう。

 

家族・ETCカードも同時解約

家族カードやETCカードも同時に解約になります。

家族カードでも上述した継続的な決済をしている場合には、再手続きが必要になります。家族会員の方には、解約前に必ず一言伝えておきましょう。

また、ETCカードも同時解約にはなりますが解約後も利用できる場合があります。

ショッピングに利用するクレジットカードは、買い物時にカード番号・有効期限をカード会社に確認のうえ決済されますが、ETCカードは有効期限しか確認しません。

よって、解約有無に関わらず利用ができてしまう場合があるんです。(勿論、利用分は請求されます。)これは、ETCカードの処分忘れによる事故防止ですが、、、

後で処分しよう。

なんて思っていると、忘れてしまう可能性もあるので、解約後は必ずハサミで切って利用できないようにしておきましょう。

 

解約証明書

住宅ローン等を組む際、金融機関が借入状況を確認する為に、解約証明書の提出を求められるケースがあります。必要な場合はインフォメーションセンターへ電話連絡を行いましょう。

 

短期解約は控えよう

セゾンカード問わずクレジットカードを解約する際は、入会後半年以内の解約は控えましょう。理由は、短期解約により、ご自身の信用情報に影響する可能性があるからです。

カード会社は新規顧客獲得の為に入会キャンペーン等の投資をしており当然、その投資金額を回収したいわけです。1回や2回であれば影響は少ないと思いますが、何回も短期解約を繰り返すと、他のクレジットカード発行時や住宅ローン等を組む際の審査に影響してくる場合があります。

よって、キャンペーン目的で入会してカードが不要になったとしても、半年以上は契約を継続するようにしましょう。

 

コメント

スポンサーリンク