イオンカードで請求書を郵送からWeb明細(環境宣言)へ変更すると不正利用に気付きにくい?

スポンサーリンク
請求書・明細・返金・キャンセル

クレジットカード会社の多くは、請求書を紙からインターネットでの確認に切り替えることを推奨しています。その理由として経費削減は勿論ですが、環境問題への配慮があります。

イオンカードは、環境宣言というテーマを掲げ、Web明細サービスを実施しています。このサービスにより、実際に請求書を送付するたびに発生する約500gのCO2が削減できるようになるとの事。

では、Web明細サービスにはどんなメリットがあるのでしょうか?

この記事では、その概要と共にまとめます。

スポンサーリンク

Web明細サービスとは

10ptのときめきポイントが貰える

Web明細に登録すると、毎月「ときめきポイント」が10ポイントプレゼントされます。付与されるタイミングは26日頃ですが、請求が発生しなかった月にはポイントも付与されません

例えば、6月11日~7月10日までにカードの利用がなければ8月26日頃はポイントを貰えないことになります。更に、後述する請求額案内メールも届きません。

ポイントが付与されない。

と感じた時は、イオンカードの請求スケジュールを確認してみましょう。

請求スケジュール
締め日10日
請求確定日20日頃
支払日2日

 

請求額確案内メール

Web明細に登録すると毎月18日~20日頃に請求額確定メールが届くようになります。メールが届いた後は、請求書を印刷できるようになるので、MyPageから必要な場合には手続きを行いましょう。

ちなみに請求書は過去24ヵ月分まで溯って確認ができます。楽天カードのように12ヵ月間と非常に短い期間までしか確認できないカード会社もあるので、この点はイオンカードのメリットです。

 

請求書が郵送で届くケース

Web明細登録後に、請求書が郵送で届く場合があります。考えられる原因としては2つです。

 

10日以降の登録

Web明細の登録が10日以降の場合には、翌月から請求書が届くようになります。

例えば、7月11日にWeb明細登録を行うと、8月2日の請求金額までは郵送で確認。9月以降はWeb上での確認となります。

 

引き落としができなかった場合

Web明細登録後、支払日に口座から引き落としができなかった場合も同様に請求書兼払い込み用紙が自宅に届きます。ですが、この方法での支払いはお薦めできません。理由は用紙が届くまでに時間がかかる分、遅延の期間が延びることになるからです。

引き落としができなかった場合は、下記3点の対処法がありますが、まずは即刻、イオンカードのコールセンターへ連絡を行い早めに支払いを済ませましょう。

  • 再引き落とし
  • 振込入金
  • 払い込み用紙にて支払い

 

■関連記事

イオンカードの締め日・支払日・確定日!利用可能額反映や再引き落としはいつ?
イオンカードの支払いサイクルは、10日締めの2日払いです。 ですが、クレジットカードの支払いって、そんな単純ではありませんよね。急な出費等で普段と違う使い方をすると、様々な疑問が浮かんでくると思います。 ...

 

クーポン・パスポートは?

Web明細登録前、請求書に同封されていたクーポンやパスポート等は届かなくなりますので、Mypageから以下のようにダウンロードが必要になります。

  1. Mypageへログイン
  2. 「カードご利用確認」をクリック
  3. おトクなお知らせの「PDFで見る」をクリック
  4. お知らせ・クーポンダウンロードの「ダウンロード」をクリック

ただダウンロードにはプリンタが必要になるので、個人的にはイオンカード公式アプリ「イオンウォレット」がお薦めです。ショッピングの際、画面を提示するだけで利用できますからね。

イオンウォレットの利用方法

 

セキュリティ

Web明細サービスの登録で1番気になるのが、個人情報漏えいや不正利用でしょう。その観点から考えると、Web・郵送どちらにしてもリスクは必ずあります。

 

個人情報漏えいの可能性

郵送の危険性

請求書を盗まれてしまったり、運送会社の誤配達から情報漏えいが発生する可能性があります。実際に2018年2月2日に請求書の誤送付が判明しました。内容は以下のようになります。

  • 対象者:北海道在住のイオンカードセレクト会員さまの一部
  • 件 数:不明(コールセンターに確認するも非公開)
  • 漏えいした情報:ご請求明細書に記載された事項
    (カード番号・パスワード・セキュリティコードは含まれておりません)

コールセンターに確認したところ、2019年2月時点で対応は終了しているようです。請求書には下4桁のカード番号しか記載されていませんが、該当した方は万一に備えてカード番号の変更手続きをお薦めします。

 

Web

IDやパスワード盗まれてしまえば、利用履歴だけでなく、カード番号・セキュリティコードまで漏えいして不正利用に繋がる可能性は十分にありますね。よってインターネット上でカードショッピングを利用する際は、必ず本人認証サービス(3Dセキュア)を利用するようにしましょう!

 

不正利用に気付きにくい?

Web明細は利用者・イオンカード側にもメリットのあるサービスですが人によって、

クレジットカードの不正利用に気付きにくい

というデメリットも存在します。

なぜなら、Web上だとサイトにアクセスする手間もかかりますし、IDやパスワードを忘れてしまう可能性もあります。勿論、利用状況を定期的に確認される方にとっては便利ですが、確認を怠りがちな方は注意が必要です。

どちらが適しているかは、人それぞれだとは思いますが不正利用が分からなくなるデメリットより大きい物はないと思うので、どちらか適した方法を選択するようにしましょう。

また、楽天カード等が提供しているショッピングした事をリアルタイムに知らせてくれる「カード利用お知らせメール」を、イオンカードは提供していません。

イオン銀行が発行するデビットカードは「利用通知メール」というサービスを提供しています。

このサービスがあるとやはり、安心感が違うのでセキュリティ対策を万全にしたい方は、カードの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

 

◆参考記事

楽天カードのWeb明細サービスで請求書が郵送停止!お知らせメールが届かない時の対処法は?
インターネット上で楽天カードの利用状況を確認できる「Web明細サービス」とカードの利用があったことを教えてくれる「お知らせメール」は、クレジットカードの不正利用被害を防ぐ手段の一つとして有効です。 ですが、利用ができない方やメ...

 

メリット・デメリットまとめ

以上、イオンカードのWeb明細サービスについてまとめてみました。

 書面Web明細
メリット・郵送で届くので確認を怠らない・ときめきポイントを10pt貰える
・請求書をダウンロード可
デメリット・請求書をダウンロード不可
・誤配達の可能性
・定期的な確認を怠り易い
・IDやパスワードを忘れてログインできない

昨今、頻発するクレジットカードの不正利用被害。

されない為の対策は当然ですが、万が一された後もすぐに気付ける体制を作っておくことが大切です。理由は、期間・過失によって補償の対象外となりえるから・・・

もし現在、

1ヵ月に一度も明細を確認していない。

という方がいるなら、請求額確定メールが届いた時点。または、Web明細でなく請求書を郵送にして届いたらチェックをする等、定期的な確認を意識付けをするようにしましょう。

後悔してからでは遅いですよ。

 

◆参考記事

クレジットカードの不正利用は期間・過失によっては補償されない?対策はスマホ紛失防止タグ?
クレジットカードとスマートフォンは、ネットショッピングや電子マネーの普及により今やお互いを切っても切り離せないような存在になりました。 スマートフォンから、ショッピングや電子マネーをチャージするサイトにアクセスする...

コメント

  1. 匿名 より:

    今のクレジットカード不正利用は、小額決済化の傾向もあって気づきにくいですね~。
    クレジットカードの利用明細はしっかり確認、3Dセキュアのパスワードは定期的に変更する、ですね!
    それと、ショッピングサイトにクレジットカード情報登録する際には3Dセキュアでしっかり本人確認するところに限定。

    • shungiku より:

      コメントありがとうございます。
      正にその通りですね。3Dセキュアに登録する事で100%とは言えないまでも、不正利用の確率を軽減する事はできます。
      一度、計上された明細は不正利用と判断されても支払わなければならないので、未然に防げるよう日々心がけておかなければなりませんね。