楽天カードのキャンセル手続き!返金処理と払い戻しの明細反映はいつ?

スポンサーリンク
請求書・明細・返金・キャンセル

クレジットカードで買い物をした際に困るのがキャンセル手続き。現金決済とは違い、キャンセルをした場合は返金に時間がかかります。

この記事では、キャンセル手続きの流れと返金までの具体的なスケジュール、そして困った時の対応策をまとめてみました。

尚、キャンセル分のポイントは、減算されてしまうのでご注意を。

スポンサーリンク

カード会社は第三者

クレジットカード決済というのは、利用者と店舗、そしてカード会社が絡んだ三社間取引です。しかしながら、カード会社というのはあくまでも第三者。売買契約は、利用者と店舗の間で買わされた契約です。カード会社は、お金を立て替えているにすぎないんですね。

よって、キャンセル手続きというのは必ず、店舗に利用者が直接連絡をする必要があります。

 

返金手続きの流れ

キャンセル分の金額が返金されるまでには、2週間から長くて数カ月程度時間がかかります。ここが現金決済と比べたカード決済のデメリットと言える点でしょう。

 

キャンセルの申し出

まずは、利用店舗へ商品のキャンセル連絡をします。

 

店舗側の返金処理

利用店舗側がカード会社へキャンセルデータを送ります。データが届き次第、カード会社側で返金手続きを行います。

 

返金完了

返金の際は、翌月分の請求金額に充当処理又は、引き落とし口座への返金の2種類があります。優先されるのは、翌月請求金額への充当処理です。尚、請求金額よりキャンセル金額の方が大きい場合、差額又は全額が引き落とし口座へ返金されます。

 

具体的な返金スケジュール

楽天カードの締め日と支払日は、末締めの翌月27日(土日祝の場合は翌営業日)になります。又、請求金額の確定は翌月10日頃です。キャンセルに関しても基本的に、これに則った手続きが実施されることになります。

詳細は、下記関連記事を参照ください。

楽天カードの締め日・支払日・確定日!利用可能額反映や再引き落としはいつ?
楽天カードの支払いサイクルは、月末締めの翌月27日払いです。 ですが、クレジットカードの支払いって、そんな単純ではありませんよね。以下のようなことでお困りの方もいらっしゃると思います。 請求確定日はいつ?...

 

 

返金なし(請求確定前にキャンセル完了)
1月1日カード利用
1月10日店舗へキャンセル連絡
1月15日キャンセルデータ到着
※1月1日、カード利用分の請求が確定する前に返金処理が実施されている為、利用明細に表示されなくなります。(利用月の翌月5日までにキャンセル情報が到着した場合、利用明細が取り消されます)

 

翌月請求金額へ充当
1月1日カード利用
2月10日店舗へキャンセル連絡
2月15日キャンセルデータ到着
2月27日1月利用分引き落とし
3月27日「2月利用分」-「キャンセル分」を差し引いて引き落とし

 

口座へ返金(2月利用分が0円の場合)
1月1日カード利用
2月10日店舗へキャンセル連絡
2月15日キャンセルデータ到着
2月27日1月利用分引き落とし
3月27日キャンセル分を引き落とし口座へ返金
※2月利用分がキャンセル金額より低い場合は、差し引いて返金されます。

 

キャンセル時のQ & A

Q. 返金手続きができない(店舗の連絡先が分からない)

楽天カードコンタクトセンターへ電話連絡すると、連絡先の調査を行ってくれる場合があります。まずは、1度相談してみましょう。

 

Q. 翌月分へ充当では無く返金希望

請求確定日(10日頃)までに楽天カードコンタクトセンターへ電話連絡をすれば、口座への返金を実施してもらえます。尚、キャンセルデータが楽天カード側に到着済みでなければなりません。

 

Q. 引き落とし口座未設定の場合の返金方法は?

返金先口座確認の書類が送付されてきます。

 

Q. キャンセル連絡をしたのに「カード利用お知らせメール」が届いた

店舗側がキャンセル手続きを実施する際、ごく稀に発生するようです。そもそも「カード利用お知らせメール」は、カードの利用可否を店舗が確認した際に送られてきます。メールが届いたからといって焦らずにまずは、利用店舗へ連絡をしましょう。

 

Q. 商品が届かないのでキャンセルしたい。又、今後請求が発生しないようにしてほしい

キャンセルは、利用店舗へ購入者が直接問い合わせを行う必要があります。又、今後も継続的に請求が発生する可能性があるのなら、楽天カードコンタクトセンターへ連絡して、カード番号の変更手続きを行いましょう。

 

楽天e-NAVI上でのキャンセル明細

 

楽天カードのキャンセル明細は、e-NAVIで上記のように表示されます。恐らく店舗側からキャンセルデータが到着した翌月の確定日(10日頃)には確認ができるようになるかと思います。

万が一、キャンセル連絡をしたのに「データが反映されていない」という場合にはデータ到着のタイミングもあると思いますが、一度利用店舗とカード会社へ連絡してみましょう。

 

キャンセル状況の確認手順

クレジットカードの返金手続きにおいて、カード会社は第三者ということはお話ししました。しかしながら、店舗に問い合わせても状況がイマイチ把握できないという声を度々いただくので、キャンセル状況を確認する手順を簡単に説明します。

大事なことは、、、

楽天カードにキャンセルしたデータが届いているかどうか

です。

よって、まずは店舗側にキャンセルデータを楽天カードに送信済みか否かを確認する必要があります。

○日にキャンセル手続きしたんですが処理は完了してますか?

  1. 「手続き完了していない」と言われたら早急に処理を行って頂くよう依頼。
  2. 「手続き済」なら手続きを行った日時を正確に確認。

しましょう。

そして②の場合は、楽天カードにデータが届いているか?を確認しましょう。

○という店で△日に買い物をして、□日にキャンセルしたのですが、データは届いてますか?

 

  1. 届いているなら、返金日時と返金方法を確認。
  2. 2週間以上経過しているのに届いていないなら、いつ頃反映されるか確認。
  3. 2週間未満なら待機

となります。

尚、店舗に問い合わせする際は必ずキャンセル処理した日時を確認するようにしましょう。

確認する理由としては、楽天カード側もキャンセル状況を把握しやすいですし、場合によってカード会社から「店舗にキャンセルした日時を確認してからまた連絡してください」と言われることがあるからです。

その際、二度手間を防止できますし、何より回答をはぐらかされることが少なくなるんです。

 

まとめ

電子決済の普及に伴い、現金を持ち歩かなくても買い物ができるようになり、便利な世の中になりました。しかしながら、決済後のキャンセルとなると現金決済より時間がかかる可能性は高くなります。

そうなると「本当に返金されるのか?」という不安も多くなってきますよね。特に、インターネット上での利用となると、海外を経由していたり、電話は無くメールでしか問い合わせできない事も多々あります。

呆れるほど簡単に決済ができてしまうのがクレジットカードです。便利な反面そのリスクがあるという事を理解した上でお買い物を行いましょう。

コメント