ドコモオンラインショップと店頭はどちらが安い?分割よりdカード GOLD払いがお得な理由!

スポンサーリンク
メリット・デメリット

ドコモの新機種を購入する際、ドコモショップや家電量販店等を思い浮かべる方が多いと思います。

ですが、現在は「ドコモオンラインショップ」があり、わざわざ混雑する店舗に行かなくても自宅で手続きが完結できてしまうんですね。

そして、驚くことに手数料や頭金がかからない分、新機種を安く買えるという大きなメリットがあります。

ですが、どんな優れたサービスにもデメリットあります。

それは、どんなことなのか?そして、店舗で購入すべきなのはどんな方か?

この記事では分岐点を明確にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

メリット

まずは、ドコモオンラインショップで購入するメリットを解説していきます。

 

手数料が安い

MNPを含む新規契約時の手数料は変わりませんが、機種変更時はドコモショップや量販店に比べて1,000円~2,000円手数料が安くなります。

 ドコモショップ・量販店ドコモオンラインショップ
新規(MNP含む)3,000円3,000円



・Xi⇒Xi
・FOMA⇒FOMA
2,000円無料
・FOMA⇒Xi3,000円2,000円

 

頭金・オプション加入が不要

ドコモオンラインショップでは不要ですが、ドコモショップや量販店での購入となると頭金が5,000円~10,000円程必要になる場合があります。

頭金という端末代金の一部を先に支払っているように思えますが、実際は端末代金にプラスされているだけ。例えば、あるドコモショップや量販店で購入した場合、以下のようになります。

 ドコモショップ・量販店ドコモオンラインショップ
端末代金10万円10万円
頭金1万円0円
合計11万円10万円

また、店舗によってはdtv等の有料コンテンツ加入で頭金を下げるケースもあります。勿論、加入後すぐに解約すれば費用は掛かりませんが、解約時期が遅れてしまうとその分の出費が膨らみます。

対するドコモオンラインショップでは頭金が元々無料。そして、有料コンテンツも自分で選べるので、無駄な手続きや費用を支払う心配が全くありません。

 

送料無料

ドコモオンラインショップは2500円以上の商品を購入すると送料が無料す。

ドコモのスマートフォンが2500円未満ということは無いので、送料がかかるのはレアケースです。

 

待ち時間がなく24時間申し込み可能

ドコモショップや量販店って土日祝はものすごく混雑しているイメージがあります。

また、現在は携帯電話だけでなく、インターネットのドコモ光の申し込みや工事日調整も行うため、来店しての手続きとなると待ち時間は馬鹿になりません。もちろん、来店予約をすることで時間短縮は可能ですが、混雑時は予約時間をゆうに過ぎてしまうこともあります。

事実、私の友人はドコモ光開始当初、手続きだけでドコモショップに半日間いたことがあるそうです。スマホを購入するだけで、せっかくの貴重な休みの大半を費やしてしまうなんて勿体ないです。

そう考えると待ち時間なく24時間手続きができるドコモオンラインショップのメリットは大きいです。

 

受け取り方法を選択できる

ドコモオンラインショップで購入した機種は自宅・ドコモショップのどちらかで受け取り可能です。

受取後の初期設定を自分でできるなら自宅へ。初期設定が不安な場合や便利な使い方・不明点がある方は、来店予約をしてドコモショップで受け取りましょう。

 

デメリット

次にドコモオンラインショップで購入するデメリットを解説していきます。

店頭購入のメリットが、ドコモオンラインショップ購入のデメリットになりますね。

 

手続き方法が分からない

ドコモオンラインショップでの購入は、普段からインターネットを使っている方にとって難しい要素はありませんが、不慣れな方にとって分かりづらい部分もあります。

実際、ログインIDやパスワードなどを使っていなければ、調べるところから始まりますよね。その時点で面倒に感じる方も多いかもしれません。

ですが、そんな操作方法が分からない方のためにドコモオンラインショップは「チャットサポート」を設けています。

チャットサポートは、不明点をリアルタイムで教えてもらいながら手続きができますし、営業時間も9時~24時までと長いので、仕事で帰りが遅くなった時でも早急に解決できるという大きなメリットがあります。

 

相談・操作なしでの機種購入

スマートフォンは、次から次に新機種が出てくる為、よほど流行に敏感でもなければ自分に合った機種選びって難しいですよね。ですが、ドコモショップに行けば、その道のスペシャリストがいます。

やはり、プロの方の意見は参考になるので、自分の希望を伝えればすぐに最適な機種を提案してくれます。

また、実際の機種を手に取って操作もできるので「届いてからイメージが違った」ということもなくなります。

ただ上述したように、店頭での購入は必要のない有料コンテンツに加入させられる危険性もあるので、後悔せず尚且つ安く購入したいのなら手間は増えますが、以下のように下調べを行ったうえで購入するようにしましょう。

  1. ドコモショップへ来店し機種を決定
  2. 帰宅後、ドコモオンラインショップで購入

 

商品到着まで時間が掛かる

店頭での購入なら機種を当日に持ち帰ることができますが、ドコモオンラインショップは郵送なので到着までに時間がかかります

 宅配便店頭受取
機種変更最短2日程最短2日程
新規(追加)契約■画像アップロードの場合
⇒申し込み完了後10日程

■郵送の場合
⇒本人確認書類到着後10日程
他社からの乗換(MNP)
オプション品の購入最短2日程最短2日程

この点は店頭購入に分がありますが、自宅に機種を届けてくれることで「店頭での長い待ち時間や休日がつぶれてしまう」という大きなデメリットを回避することができるんです。

 

ドコモの分割払いはポイント付与対象外

スマートフォンの端末代金て、一昔前の携帯電話と比べると考えられないほど高くなってますよね。10万円以上する機種もあるから驚きです。

こんなに高額になると、1回払いの難易度は上がります。

その為、分割払い(12回 or 24回)の手数料もかからず尚且つ、機種代金を携帯電話料金に含めて支払う「ドコモの分割払い」に需要が集中しますよね。

ですが、「ドコモの分割払い」はdポイントが付与されないんです。

だから、端末代金はdカードでの決済をお勧めします。dカードは15日締めの10日払いなので、現金購入よりも支払い期日まで猶予が持てます。

dカード・dカード GOLDの締め日・支払日・確定日の注意点!再引き落としと利用可能額反映はいつ?
dカードの支払いサイクルは、15日締めの翌月10日払いです。 ですが、いつもと違う使い方をすると支払いに関して様々な疑問が湧いてくると思います。 ・締め日がおかしい ・請求確定日が分からない ・リ...

また、割賦枠があればボーナス一括払い2回払いもお勧めです。

◆参考記事

dカード GOLDの限度額変更!枠の「継続的・一時的な引き上げ」や「引き下げ」の条件と注意点!
dカードの限度額がギリギリ・・・ そんな時は、以下2種類の選択肢があります。 別のクレジットカードを作成 限度額の変更手続き しかしながら、クレジットカードの新規作成となると、どうしても審査やカード到着ま...

 

ボーナス一括払い

手数料のかからないボーナス一括払いを指定すれば、期日は更に長くなります。

ボーナス一括払いのスケジュールは、、、

利用日支払い月
夏:12月16日から6月15日8月
冬:7月16日から11月15日翌年1月
※支払日は10日(土日祝の場合、翌営業日)

となるので、12月16日に購入すると8月10日頃の支払い。つまり、最大で8ヵ月間の猶予が持てることになるんです。端末代金10万円を8か月後に支払うなら毎月12,500円ずつを貯金すればいいわけです。かなり現実的な金額になりますね。

ただ、上記期間以外の6月16日~7月15日11月16日~12月15日はボーナス一括払いができないので注意が必要です。

 

2回払い

また、2回払いも手数料が不要なのでお薦めです。

2回払いはボーナス一括払いのように指定できない期間がないので、年中いつでも決済ができます。端末代金10万円を2回払いで購入するなら1ヵ月に5万円ずつ支払えばいいわけです。

こう考えると、「ドコモの分割払い」ほどではありませんが、支払いに余裕が出てくると思いませんか?

支払日2回分割(5回)リボ
7/1015,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
8/1015,000円6,000円+手数料5,000円+手数料
9/106,000円+手数料
(以降も続く)
5,000円+手数料
(以降も続く)
◆条件
・5月9日:3万円の買い物
・5月21日:店舗が売上計上
・分割払いは5回払い
・リボ払いの支払いコースは5,000円

尚、3回以上の分割払いやリボ払いは手数料がかかるのでやめましょう。

 

dカード GOLD決済がお得な理由

前項で少し触れましたが、ドコモユーザーにとっては必須と言ってもいいdカードというクレジットカードがあります。

dカード・dカード GOLDはドコモ光・docomoユーザーにはデメリットなし!違いは何?
dカードはNTT docomoが発行するクレジットカードです。国際ブランドはVISA、MasterCardから選択できdポイント・電子マネー「id」の機能も付帯された利便性抜群のカードです。 勿論NTT docomo以外の携帯電話を利...

 

そしてdカードにはゴールドカードがあるんです。私はdカードよりdカード GOLDをお薦めします。その理由を踏まえて解説していきます。

 

ポイント2倍

dカード GOLDは、VISA/MasterCardの加盟店で買い物をすると100円につき1円分のdポイントを獲得できます。更に、特約店の場合はポイント倍増です。

ドコモオンラインショップは特約店なので100円につき2円分のdポイントが獲得できます。例えば、10万円のスマートフォンを購入した場合は、

  • dカード GOLD決済
    2,000円分のdポイント
  • ドコモの分割払いを選択
    ⇒0ポイント

と2,000円分も違ってきます。

2,000円あれば、いつもは手が出せないデザートや少し豪華なランチを食べられますし、疲れた体を癒すためにクイックマッサージ日帰り温泉に行くこともできます。また、安い居酒屋で軽く飲み食いできる日数が1日増えますよ。

私は、貧乏性なのでトイレットペーパーやティッシュ、洗剤など生活必需品を買います(笑)

2,000円の使い道は時と場合にもよりますが、ストレスが溜まっていれば無駄遣いもできますし、節約志向の方は必需品の買い溜めもできるんです。

とにかく「dカード GOLDでショッピングというたった1つの手間」を加えるだけで、通常の生活が少し彩られます。

いつかの楽しみのためにも、スマートフォンを購入するならdカード GOLDは必須といえます。

 

年間ご利用額特典で更にお得

dカード GOLDには「年間ご利用額特典」があります。dカード GOLDで年間100万円以上ショッピングをすると以下のような割引クーポンがもらえます。

これはdカードにはない特典です。

年間利用額割引クーポン
税込100万円以上200万円未満・10,800円相当のケータイ割引クーポン
・10,800円相当のd fashionクーポン
・10,800円相当のdトラベルクーポン
・10,800円相当のd fashion & dトラベルクーポン
・12,722円相当のdTVターミナルクーポン「dTVお試しレンタルクーポン付」

税込200万円以上・21,600円相当のケータイ割引クーポン
・21,600円相当のd fashionクーポン
・21,600円相当のdトラベルクーポン
・21,600円相当のd fashion & dトラベルクーポン
・23,522円相当のdTVターミナルクーポン「dTVお試しレンタルクーポン付」
(+d fashion5,400円×2)
(+dトラベル10,800円×1)
(+d fashion5,400円+dトラベル5,400円)

 

また、割引クーポンの中には「ケータイ割引クーポン」もあります。

つまり、dカード GOLDで端末代金を支払うと、年間ご利用額の蓄積にもなり、更に次回、機種変更をする際に使える「ケータイ割引クーポン」もゲットにも近づきます。上述したポイント2倍と合わせるとdカード GOLDの計り知れない魅力が分かると思います。

 

3年間最大10万円のケータイ補償

dカード GOLDで端末代金を決済すると、購入から3年間最大10万円までのケータイ補償(家族会員も補償の対象)を受けられます。

尚、dカードは1年間最大1万円までの補償です。

補償内容に多少の差異があってもドコモで携帯補償に加入していれば下記費用がかかるんです。iOSであれば契約しているだけで、dカード GOLDの年会費(10,800円)に近い金額を支払っていることになります。

補償料金負担額の割合
ケータイ補償
(iPhone/iPad)
年9,720円
(月810円)
90%
(9,720÷10,800)
ケータイ補償
(Android)
年6,480円
(月540円)
60%
(6,480÷10,800)
※金額は税込です。

 

ケータイ補償に関しては、利用する機会が無ければ掛け捨てと同じですし特典はついてきません。

考えてみて下さい。

dカード GOLDはゴールドカード。年会費(10,800円)を払っても以下のようなゴールドカードの優待も受けられるんです。

  • docomoの料金に対して10%のポイント還元
  • 携帯補償が3年間最大10万円
  • 最大21,600円相当の割引クーポン獲得
  • 国内・海外旅行保険付帯
  • 全国29ヵ所とハワイの空港ラウンジ無料利用可

特に「docomoの料金に対して10%のポイント。つまり、1,000円につき100ポイントと驚異的な還元率は圧巻です。また、ポイント還元は、ご自身だけでなく家族やドコモ光の料金等も含まれる(端末代金は対象外)ので年会費を取り返すのはあっという間です。

更に現在は、13,000円分のiDがキャッシュバックされる入会特典を実施しています。まさにdカード GOLDは、docomoユーザーにとっては必須のカードです。

 

◆公式サイト⇒dカード GOLD

dカード・dカード GOLDはドコモ光・docomoユーザーにはデメリットなし!違いは何?
dカードはNTT docomoが発行するクレジットカードです。国際ブランドはVISA、MasterCardから選択できdポイント・電子マネー「id」の機能も付帯された利便性抜群のカードです。 勿論NTT docomo以外の携帯電話を利...

 

まとめ

では最後にドコモオンラインショップ・店舗で購入すべきはどんな方なのか、分岐点を明確にします。

 

ドコモオンラインショップでの購入がお薦めな方

  • インターネットの操作に慣れている
  • できるだけ安く購入したい
  • 機種にこだわりがない。又は自分の欲しい機種が明確
  • 普段忙しくショップに行く暇がない

ドコモオンラインショップは店頭と違い、安く・早く・いつでも手続きができますし、初期設定が不安なら受取先をドコモショップにしておけばいいので、インターネットの操作に抵抗が無い方にとってメリットだらけです。

唯一、デメリットとして挙げられるのは、端末到着までに最短でも2日はかかることです。

衝動買いが好きな方。というより、欲しいと思ったら一刻も早く手に入れたいという方は、ドコモオンラインショップは不向きかもしれませんね・・・

◆公式サイト⇒ドコモオンラインショップ

 

店頭での購入がお薦めな方

  • インターネットを普段利用されない方
  • 多少高くなっても、実物を見て購入したい方
  • 店員に相談しながら購入したい方
  • 12回または24回と長い分割払いを希望の方

インターネットの操作に抵抗がある為、手数料の支払いは仕方がないという方や専門家の意見を聞きながらじっくり機種を選びたい方は店頭での購入がお薦めです。

勿論、手間暇をかけても構わないのであれば、店頭で一度、機種を確認後にドコモオンラインショップで購入するという手段もあります。

高価な新機種を買うなら、この位の手間暇をかける価値は十分にあると思います。

コメント

スポンサーリンク