ファミペイ翌月払いのメリット・デメリット!解約は支払残高が「0」になってから!

QRコード決済サービス

FamiPay翌月払いは、過去に金融事故を起こした方でも後払いができ、尚且つ、現金化や他の後払いの清算・公共料金の支払いが可能で、それを6カ月間も先送りできる、とにかく金欠の味方のようなサービスです。

では、具体的な使い方やメリット・デメリットはなんなのか?

そして、不要に感じた時はすぐに解約できるのか?

この記事で徹底解説します。

残高不足なら翌月払いや現金と併用可

FamiPayには4つの残高があり、下記順番で消費されます。

「FamiPayボーナスを使う」をオンにしていない場合は、③から消費されます。

  1. FamiPayボーナス期間限定
  2. FamiPayボーナス通常
  3. FamiPay残高
  4. FamiPay翌月払い

尚、FamiPay残高が足りない場合は、現金と併用して支払うことも可能ですし、FamiPay翌月払いの利用可能額が十分にあれば、現金もチャージも不要で決済することができます。

ちなみに、キャンセル(返品)や取り消しを行った場合は④から順に返金されますが、期間限定ボーナスは有効期限がキャンセル処理の段階で期限切れになっている場合は返金されないので注意が必要です。

 

ファミリーマート以外で使える店舗は?

FamiPayは、Smart Codeという、QRコード決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供と加盟店契約の一本化を行うJCBのサービスに加入している為、大手コンビニやドラッグストア等、様々な店舗で利用可能です。

FamiPayをファミリーマート以外で利用する場合には「ファミリーマート以外で支払う」をタップし、表示されたQRコードかバーコードを会計時に読み取ってもらいましょう。

ただ、業界最大手のPayPay導入店舗数は328万ヵ所。iD決済に対応しているメルペイやd払い等は全国150万カ所以上。対するSmartCodeは2021年にサービスを開始し3年以内に50万店舗を目指している状況なので、その差は明白です。

 

では、FamiPay翌月払いにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

 

メリット

ブラックでも後払いが可能

FamiPay翌月払いは、CIC等の信用情報機関の情報を照らし合わせて審査を行いますが、それでも過去に金融事故を起こした方の通過事例は多いです。実際に、サービス開始当初は、、、

ブラックだけど審査に通過した。

という声を頻繁に見かけましたし、現時点で異動・延滞情報のある方でも、審査に通過している方もいらっしゃいます。

また、クレジットカードを作れなかった方が、後払いサービスでクレヒスを積み上げ信用を得てポイント還元率の高いカード発行に至ったという朗報もあるので、まずは通過点として、FamiPay翌月払いの審査を受けてみる価値は十分にあると思います。

 

 

バンドルカードのぽちっとチャージやB/43のあとばらいチャージも清算可能

またFamiPayは、バンドルカードの「ポチっとチャージ」やB/43の「あとばらいチャージ」の清算も可能です。

「ポチっとチャージ」や「あとばらいチャージ」とは、プリペイドカードであるバンドルカードやB/43への残高入金を資金不要で行うことができるチャージ方法で、いわゆる立替払いです。

よって、チャージ額に手数料を加えた金額を後日返済する必要がありますが、それらはどちらもFamiPayで支払うことができるんです。

FamiPayで清算すれば、1件につき10円分のFamiPayボーナスを獲得できます。

ただ、後払いの清算を後払いで行うわけですから、借金を借金で返す自転車操業と同じですが、後述する現金化と比べれば公的に認められている支払い方法で、FamiPayの意向に反するわけではないので、限度額が激減するリスクは現金化に比べると少なくなるでしょう。

 

現金化が容易

FamiPay翌月払いにて「POSAカード(Amazonギフト券、App Store & iTunes ギフトカード、Google Play ギフトカード)・クオカード・切手・収入印紙」をファミリーマートの店頭で購入し、金券ショップ等で売却すれば簡単に現金化ができます。

クオカード等は企業名が印字されていると、買取価格が9割から7割まで下がってしまいますし、金券ショップでは買取不可の場所が多いので注意が必要です。

ただ、現金化は正しい利用手段ではありませんので、そのような利用を続けていると、FamiPayの意にそぐわない利用者とみなされ、与信審査の結果、利用残高が「0」になってしまう可能性も考えられます。現金化の意思はなくとも換金性の高い商品の購入がNGという後払い事業者は多いですからね。

メルペイスマート払いの現金化は違法?Amazonギフト券や切手はバーチャルカードで購入不可!
クレジットカードのように、ショッピングした残高を後から支払えるメルペイスマート払いやPaidyといったサービスが最近増えてきましたね。 これらは、クレジットカードを作れない方もターゲットとしている為、過去に金融事故を起こした方でも利用...

そのリスクを十分に理解したうえでPOSAカード等の購入は行うようにしましょう。

ファミペイ翌月払いの最大利用可能額が見直し?増枠や上限金額の変更方法は?
FamiPay翌月払いという設定された限度額内でショッピングを行い、それを翌月以降に後払いできるクレジットカードと同様のサービスがあります。 限度額は、ご自身で申し込みをして引き上げることも可能ですが、反面、見直しが行われ「0」になる...

 

公共料金の支払いが可能

FamiPay翌月払いは、公共料金の精算も可能で現金での支払いをできる限り先延ばしにしたい方にとってはメリットになりますし、請求書払いに関しては、現金化と比べて違法性がない分、使いやすさはありますね。

FamiPayで清算すれば、1件につき10円分のFamiPayボーナスを獲得できます。

ただ、下記のように手数料が発生します。

・1万円未満:税込110円
・1万円~5万円未満:税込220円
・5万円以上:税込550円

また、クレカ払いや口座振替と違い請求書払い自体に手数料を加える事業者も多いので、長期的にみれば確実に損失が大きくなる点だけは理解しておきましょう。

 

スキップ機能で6ヵ月支払いを先延ばしに

FamiPay翌月払いには「スキップ」という最大で6カ月間支払いを先延ばしできる機能があるんです。

先延ばしにした分だけ手数料がかかります。

ただ、FamiPay翌月払いの審査に通過したからといって必ずしもスキップ機能が使えるとは限らず、毎月5日には与信審査が行われますし、実際に現金化を行った方やスキップしすぎて一度も支払いをしていない方の中には、限度額が激減したという声も上がっています。

よって、どうしても現金の持ち合わせがなく今月の支払いが厳しいという場合以外は、スキップ機能の使用は控えるようにしましょう。

 

ファミペイ翌月払いのスキップ機能の使い方は?締め日や支払日はいつで手数料はいくら?
FamiPayにはクレジットカードと同様に支払った金額を翌月清算できる「翌月払い」というサービスがあります。 そして、翌月払いにはJCBカードやセブンカード・プラスと同様の「スキップ機能」という最長で6ヵ月先まで支払いを引き延ばせるサ...

 

クレカチャージより還元率が低いのがデメリット

FamiPayは、ファミリーマートで買い物をすると、合計で1.5%が還元されることになります。

  • FamiPayでの決済
    ⇒0.5%(税込200円につき1円分のFamiPayボーナス)
  • ファミリーマートでの買い物
    ⇒0.5%(Tポイント)
  • ファミマTカードでのチャージ
    ⇒0.5%(税込200円につき1円分のFamiPayボーナス)

ただ、1.5%はご覧の通り、ファミマTカードがあってこその数値で、FamiPay翌月払いでの還元率は最大で1%です。

クレジットカードが作れないと悲しい限りですね。

しかも、2021年9月28日から、ファミマTカード以外にもJCBブランドのクレジットカードからチャージが可能になり、上限金額は決して多くないないですが、下記カードではポイントも還元されます。

 ファミマTカードイオンカードセレクトPayPayカード
還元率0.5%0.5%1.0%
最低チャージ金額/回1000円3000円3000円
最大チャージ金額/回3万円3000円5000円
最大チャージ金額/日10万円15,000円15,000円
最大チャージ金額/月100万円2万円2万円

 

ファミマTカード以外を利用するとなると、1ヶ月のチャージ上限金額は少ないですが、ファミリーマートで2万円使用する方は稀だと思うので、ファミマTカードを使わずとも、イオンカードセレクトPayPayカードでFamiPayにチャージすれば効率よくポイントをためることができますね。

 

どんな人が利用するべき?

FamiPay翌月払いのメリット・デメリットは下記のようになります。

メリットデメリット
・ブラックでも後払いが可能
・バンドルカードのぽちっとチャージやB/43のあとばらいチャージを清算可能
・公共料金の支払いが可能
・現金化が容易
・スキップ機能で6ヵ月支払いを先延ばしに
・クレジットカードチャージに比べると還元率が低い

 

同様のサービスである、メルペイスマート払いはポイント還元がありませんし、PayPayあと払いはポイント還元はあるも審査に通過しづらい為、クレジットカードを利用できず尚且つ、現金での支払いを先延ばしにしたいという方にとって、両者のデメリットを補えるFamiPay翌月払いの魅力は大きいです。

確かに、還元率は半減してしまい、利用できる店舗数も多くはないですが、現金化がしやすく公共料金やバンドルカードの「ぽちっとチャージ」の清算にも対応しており、更には、その支払いを最大6カ月間先延ばしにできる為、ワケアリの方の強い味方と言っても過言ではないサービスです。

 

翌月払いの解約方法は?

ただ、FamiPay翌月払いは後払い。上述したように様々な支払い用途に対応している為、使いすぎてしまう方もいらっしゃることでしょう。よって、

必要ないかな・・・

と感じたら解約してしまいましょう。翌月払いの支払残高が「0」になればFamiPay翌月払いのトップページに「サービスを解約する」ボタンが表示されるので、そこから解約は可能です。

ただ、FamiPay翌月払いの残額を一括返済する方法はありません。資金に余裕ができ早めに清算したいと思っても、引き落とし日まで待機する必要があります。

 

コメント