[2024年版]オリコカードの利用可能額反映・更新が遅い?回復しないときに復活を早める方法はあるの?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
※当サイトではアフィリエイト広告を利用して商品を紹介しています。
締め日・引き落とし日

オリコカードの支払日は毎月27日(土日祝の場合は翌営業日)です。

[2024年版] オリコカードの締め日と支払日・確定日はいつ?残高不足で引き落としができなかったら?
オリコカードの支払いサイクルは、月末日締めの翌月27日払いですが、急な出費等でいつもと違う使い方をすると、以下のような疑問が浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。 締め日がいつもと違う 請求っていつ確定するの? リボ・分割払いの支払い月はいつ? ...

しかしながら引き落とし後、利用可能額に反映されるまでには最大で5営業日の時間がかかります。5営業日というと土日を挟むと1週間程です。

限度額ギリギリまで使用している方は不便に感じる事も多いでしょう・・・

ということで、この記事では、利用限度額の仕組みから利用可能額(カード決済できる金額)が復活する具体的な日時。そして、限度額が少なくオリコカードが使えない状況に陥らないための対策を徹底解説します。

利用限度額・可能額とは?

クレジットカードには、人それぞれ利用限度額が決められており、その金額内でカードの利用ができます。

そして、利用限度額は1ヵ月等、期間で設定されているものではなく、通算期間で買い物ができる合計の金額です。つまり、支払いを済ませた分が利用可能額に反映され再度、利用できるようになる仕組みです。

 

利用可能額は、、、

「利用限度額」-「利用残高」=「利用可能額」

で計算されます。よって請求金額を支払えば、

「現在の利用可能額」+「請求金額」=「利用可能額」

となります。ちなみにリボ払いやキャッシングの支払いに関しては、請求金額に手数料が含まれているので、

「請求金額(元本返済部分+手数料)」-「手数料」=「利用可能額への反映金額」

となります。

 

2024年の利用可能額反映はいつ?

オリコカードは引き落とし完了後、利用可能額への反映まで5営業日程(メガバンクの場合は、4・5日)時間要します。理由は、金融機関から「引き落としされました」というデータが到着するまでに時間がかかるからです。

よって、最も遅い反映日は目安ですが下記のようになります。

引き落とし日利用可能額反映日
2023年2023/12/272024/1/9
2024年1/292/5
2/273/5
3/274/3
4/305/9
5/276/3
6/277/4
7/298/5
8/279/3
9/2710/4
10/2811/5
11/2712/4
12/272025/1/9
※12月31日~1月3日を金融機関の休業日として計算しています。

 

早めに利用可能額を増やす(枠戻り)方法

オリコカードの限度額の回復を早めるには2つの方法があります。

ただし、引き落とし日後に枠の復活を早めることはできないので、手続きは引き落とし日前に行う必要があります。

・限度額の増枠
・引き落とし日前に振込入金

 

限度額の増枠

1つ目が、利用限度額を増額する方法です。ただ、限度額の引き上げには審査があり、審査の結果、増枠ができない場合や減枠される可能性もあります。

よって、直近で支払いを延滞しているなど、クレジットヒストリーに傷がある方は、そのリスクを理解したうえで申し込みを行いましょう。

オリコカードの限度額は一時的に引き上げ不可?増額審査と枠の引き下げ方法は?
「出費がかさみクレジットカードの限度額が足りない・・・」そんな時は、新たにクレジットカードを作るか、枠の引き上げ手続きがお薦めです。 オリコカードは、一時増枠をすることはできませんので、希望される方は、継続的な限度額の引き上げ手続きを行いま...

 

引き落とし日前に振込入金

引き落とし日前に振込入金を行うことで事前に利用可能額を増やすことができます。振込入金であれば、14時までの入金により翌営業日には利用限度額へ反映されるので、「限度額がギリギリ・・・」という場合には、電話で相談してみましょう!

但し、振込を実施する場合には、入金日によって注意点が異なりますので参考にして頂ければと思います。

オリコカード請求スケジュール
締め日末日
請求仮確定日10日
請求本確定日
(金融機関により異なる)
18日(21日)
支払日27日

 

支払日~仮確定日前日

27日~仮確定日前日は翌月の請求金額が決定していないので、1回払いなら各明細ごと。リボ払いなら金額を指定して振込入金を行うことができます。

どの位の金額を支払いたいか等、希望があればオペレーターの方に伝えれば調整してくれます。

 

仮確定日~本確定日前日

請求金額が仮確定した後は、27日に引き落とされる金額を先入金することができます。早めの枠戻りを希望の場合には、オリコカードセンターへ電話連絡の上、手続きを行いましょう。

 

本確定日~支払日

18日又は、21日(土日祝の場合は前営業日)は請求金額の本確定日なので、この日を過ぎて振込入金を行う場合は注意が必要です。

理由は、27日の引き落としを止めることができないから。

本確定日は、オリコカードが金融機関に「○○円を引き落として下さい」というデータを送る日です。よって、その日以降に振込入金を行うと、二重払いになってしまう可能性もある為、口座を残高不足(引き落とし金額より低い金額)にする必要があります。

 

残高不足にできず二重払いになったら?

本確定日~支払日の間に振込入金をしたにもかかわらず、引き落とし日に残高不足(請求金額より低い残高)にできなかった場合は、二重払いとなり、その分は翌月請求金額へ充当されます。更に、二重払いになった金額が翌月請求金額を上回る場合は、翌々月へと繰り越されます

オリコカードは、基本的に返金手続きを自動で行う事はないようです。

よって、返金を希望の場合には、電話連絡が必要になり且つ、振込手数料を差し引いた金額が1週間程で口座へ返金されます。

オリコカードセンター
9:30~17:30(年中無休)
北海道011-261-6002
東北022-215-2655
関東・甲信越049-271-3330
東海・北陸052-735-3525
近畿06-6821-3860
中国・四国082-225-5360
九州・沖縄092-722-5477
※お住まいの地域以外へ連絡も可能です。

 

限度額が足りないなら増枠か代替カードを!

オリコカードは、利用可能額へ反映するまでに最大5営業日かかります。これは、他社と比べてもかなり遅くなるので、普段から利用限度額ギリギリまで利用されている方は、限度額の引き上げ(増枠)を検討してみてはいかがでしょうか?

 

また、もし、オリコカードの上限が継続的に足りないのであれば、代替カードはPayPayカードがお薦めです。PayPayカードは年会費無料にも関わらず、限度額は最大500万円(増枠の申し込みは100万円まで)と超高額です。

私は一度、金融事故を起こし人間失格の烙印を押されました。

ですが、なんとかブラックだった5年間を乗り越え、FamiPay翌月払いやメルペイ定額払いでクレヒスを作った後、PayPayカードの審査にも通過しました。それから、半年で限度額が50万円⇒150万円まで上がったので、作られていない方は、是非、申し込みを検討してみてはいかがですか?

公式HP PayPayカード

[2024年版]PayPayクレジット(旧あと払い)は罠?PayPayカードと違いデメリットや危険性があるのか?
「PayPayクレジット(旧あと払い)」はスマホ決済サービスである「PayPay」にチャージすることなく支払える後払い決済で、利用するためにはPayPayカードと同様の審査が必要です。 クレジットカードの発行を拒む属性の方を「PayPayク...

コメント