Nexus Cardは利用可能枠の反映が遅い!増額や振込で回復は早められるも減枠は不可!

限度額変更

Nexus Cardは、デポジット型のクレジットカードです。

デポジット(保証金を預ける)することで、クレジットカードの審査に通りやすくなりますが、反面、利用限度額が低くなりやすいというデメリットもあります。

更に、Nexus Cardは引き落とし後に利用可能枠が回復するまで4営業日かかるので、限度額ギリギリまで使用しているという方も多くいらっしゃいます。

では、余裕をもってNexus Cardを利用するにはどうすればよいのでしょうか?

この記事でまとめます。

限度額はデポジットと同額

Nexus Cardの限度額はデポジットする金額と同額で、申し込みの際「5万円、10万円、15万円、20万円、25万円、30万円、50万円~200万円」と、5万円または10万円単位で選択することができます。

デポジット(保証金)はカード到着後、3週間以内に行わなければ強制的に脱会になる可能性があります。また、デポジット後は利用限度額へ反映するまでに3・4営業日かかりますが、急ぎの場合は、振り込んだ後に電話連絡をすると反映が早くなることもあるようです。

ちなみに「限度額を超えてもショッピングができた・・・」という声を見かけますが、これはNexus Cardに限ったことではありません。

クレジットカードを利用した店舗がオーソリゼーション(カードの有効性や利用枠確保を確認する行為)を行わずに請求を上げたり、公共料金など毎月請求される支払いがあれば、稀に限度額を超えて決済ができてしまう時があります。

そして、そのような状況が何度も続いてしまうと強制解約の対象になってしまう場合があるんです。限度額ギリギリまでの利用はそのような事態を招きやすくなるので、できる限り控えるようにしましょう。

 

利用限度額の仕組み

クレジットカードには、人それぞれ利用限度額が決められており、その限度額内でお買い物をする事ができます。

その利用限度額は1ヵ月等、期間で設定されているものではなく、通算期間で買い物ができる合計の金額です。支払いを済ませた分が利用可能額に反映され再度、利用できるようになる仕組みです。

 

利用可能額は

「利用限度額」-「利用残高」=「利用可能額」

で計算されます。よって請求金額を支払えば、

「現在の利用可能額」+「請求金額」=「利用可能額」

となります。ちなみにリボ払いやキャッシングの支払いに関しては、請求金額に手数料が含まれているので、

「請求金額(元本返済部分+手数料)」-「手数料」=「利用可能額への反映金額」

となります。

 

引き落とし後の利用可能枠反映はいつ?

カード会社によって、引き落とし後、利用可能枠が復活するタイミングは異なります。

これはカード会社が「みなし決済」を行うか否かで変わってきますが、Nexus Cardは「みなし決済」を行わない為、引き落としが行われてから利用可能枠が回復するまで4営業日程かかってしまうんです。そうすると、利用可能枠が反映する日程は下記のように引き落とし日から大幅にズレてしまうので注意が必要です。

 引き落とし日利用可能額反映日
2022年1/61/13
2/72/14
3/73/11
4/64/12
5/65/12
6/66/10
7/67/12
8/88/15
9/69/12
10/610/13
11/711/11
12/612/12

 

ちなみに、Nexus Cardは、Web明細で利用可能枠を確認できません。つまり、残りいくらNexus Cardでショッピングできるかを、ご自身で記録しておかなければならないんです。もし、どうしても把握しきれないのであれば、電話で問い合わせれば確認はできますが、他社と比べると、かなり面倒になるので、デメリットと言わざる負えない部分です。

 

 

早めに利用可能枠を戻すには?

限度額ギリギリまで使用している為、利用可能枠を増やしたいという場合には、引き落とし日まで待たずとも、振込入金をすることで早めに枠を戻すことができます。

Nexus Cardのコールセンターへ電話連絡をすれば、返済用の口座を教えてもらえます。

ただし、連絡する時期によっては、すぐに利用可能枠が回復しない可能性があるので、出費の予定が多い時は早めに手続きするか、振込ではなくデポジット(保証金)の増額を検討しましょう。

 

デポジットを増額するには?減枠はできない?

Nexus Cardの限度額引き上げは、1万円単位で可能です。

利用限度枠ギリギリまで利用している方に対しては「増枠しませんか?」とメール等で打診される場合があります。

その際は、デポジット(保証金)が必要になるので、まずはメールか電話でNexus Cardに連絡をしましょう。ただ、増枠の際も信用情報機関であるCICを参照しているようですが、、、この審査に落ちた方を見かけたことはありません。

一度デポジットしてしまうと返金対応はしていない為、枠を引き下げることができません。どうしても減枠したい場合には一旦、Nexus Cardを解約する必要があるので増枠は慎重に行いましょう。

そして、増枠が完了したらメールが届きます。その時点で利用限度額は増えていますが、Web明細に記載のある利用可能枠の金額が更新されるのは、請求確定日の25日頃になるので注意が必要です。

 

クレヒスを積み上げて高ステータスのカードを!

以上、余裕をもってNexus Cardを利用する方法についてまとめてみました。

通常のクレジットカードと違って、保証金を預けることに抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。ですが、デポジットにより審査に通過しやすくなりますし、カード会社に保証金を預けることを貯金ととらえ、増枠を続けながら高還元のクレジットカードの発行を目指す方もいらっしゃいます。

長期的にメインカードとして使用するにはメリットは少ないですが、ポイント還元もあるので、確実にクレヒスを積み上げて、ステータスの高いカードの所持を目指してはみてはいかがですか?

公式サイト デポジット型クレジットカード【Nexus Card】

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。 ...

コメント