Nexus Cardとデポジット型ライフカードの違いやクレヒスを積んだ後の乗り換え先は?

メリット・デメリット

クレジットカードを発行するには審査が必要ですが、その通過率が圧倒的に高い、過去に金融事故を起こした方をターゲットにしたデポジット型のクレジットカードがあります。

デポジット型のクレジットカードは、Nexus Cardデポジット型ライフカードがあります。

サービスの充実度でいえば、誰もが知るライフカードが圧倒していますが、年会費が高く増額ができない点を踏まえると、デポジット型では魅力をあまり感じません。私が両者を比べた限りではそう思いました。

では、具体的な両者の違いは何なのか?

この記事でまとめます。

違いは何?スペック比較?

Nexus Cardとデポジット型ライフカードの違いは以下のようになります。

 Nexus Cardデポジット型ライフカード
年会費1,375円5,500円~22,000円
発行費用550円0円
国際ブランドMasterCardMasterCard
利用限度額5万円~200万円10万~190万円
デポジット増額×
キャッシング××
ApplePay/
GooglePay
×
ETCカード×
国内・海外旅行傷害保険×
空港ラウンジ利用×ゴールドカードのみ
弁護士無料相談×

では、一つずつみてみましょう。

 

年会費や発行費用

Nexus Cardの年会費は1,375円。一方でライフカードの年会費は5,500円~22,000円。なので、デポジット型ライフカードが格段に高くなります。

後述しますが、デポジット型ライフカードの限度額は増額できないので、年会費が5,500円のカードでは限度額が10万円しかありません。

確かにライフカードはETCカードも所有できますし、付帯サービスはNexus Cardに比べて幅広いですが、そもそもデポジット型を所有する目的は、従来のクレジットカードを持つまでのつなぎでクレヒスを積み上げる為だけという方が多いと思います。

そう考えると、ライフカードの年会費はどう考えても高すぎる為、いくらサービスが充実していても魅力的に感じる方は少ないのではないでしょうか。

 

利用限度額やデポジットの増額

また、Nexus Cardは限度額を増額できますが、デポジット型ライフカードは限度額を引き上げることができません。

年会費5,500円のカードの限度額は10万円です。家賃や光熱費の支払いをする方ならあっという間に使い切ってしまう金額なので、1枚だけなら用途が完全に限られてしまいます。

そして、限度額を増やすにはカードをもう一枚追加発行する必要があります。ただでさえ高額な年会費が2倍になってしまいますね。

一方で、Nexus Cardの利用者は、保証金を追加していき、従来のクレジットカードが使えるようになるまで預金感覚で増額している方がたくさんいらっしゃいます。デポジット型ライフカードに比べて年会費という無駄な出費を抑え込むことができる点が圧倒的なメリットです。

 

公式サイト Nexus Card デポジット型クレジットカード新規申込はこちら

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。 ...

Apple PayやGoogle Pay

現代は、スマートフォンがあればなんでもできる時代で、Apple PayやGoogle Payにより、クレジットカードを財布から出さずに決済する光景が当たり前になってきましたね。この機能にデポジット型ライフカードは対応していますが、Nexus Cardは非対応です。

「使いやすさ」という点では、デポジット型ライフカードに分がありますね。

 

ETCカード

ETCカードもデポジット型ライフカードのみ発行可能ですが、何度も言うように年会費がとにかく高いので、それだけでライフカードを選ぶと痛い目に遭います。

一方で、Nexus CardはETCカードを発行していないので、同じく保証金は必要になりますが、ETCパーソナルカードの併用も視野に入れるべきです。実際に両者の年会費を比べると下記のようになります。

年会費カード種別
5,500円~デポジット型ライフカード
2,632円ETCパーソナルカード+Nexus Card
※ETCパソカの年会費は1,257円、Nexus Cardの年会費は1,375円です。

 

勿論、デポジット型ライフカードには、Nexus Cardにはないメリットがありますが、ETCカードだけは外せないという方ならETCパソカとの併用が圧倒的にお薦めです。

 

旅行保険などの付帯サービス

デポジット型ライフカードは、旅行時に特化した傷害保険が付帯されています。

 補償内容最高保険金額
海外旅行傷害保険傷害死亡・後遺障害2,000万円
傷害治療費用200万円
疾病治療費用200万円
救援者費用等200万円
個人賠償責任危険2,000万円(免責金額なし)
携行品損害20万円(免責金額1事故3,000円)
国内旅行傷害保険傷害死亡1,000万円
傷害後遺障害1,000万円
シートベルト傷害保険死亡200万円
重度後遺障害

 

それに加え、海外アシスタンスサービスという旅行時の困りごとを解決してくれるサービスがあります。

デポジット型ライフカードのメリット・デメリット!使えば(Ch)ノワールへのインビテーションが届く?
ライフカードは、年会費無料のカードもありますが、デポジット型という保証金を預けることで発行できるカードがあります。このカードは、過去に金融事故を起こした方でも審査に通過した実績が多数ある為、一般的なクレジットカードを作れない方にとって魅力は...

 

ただ、頻繁に旅行に出かける方からすればメリットになりえますが、デポジット型を利用する私のような属性からすれば、あまり必要のない保険なのかなと思いますwwwまた、現在はコロナ渦なので、海外に行く選択肢は限りなく低いと思うので、正直大きな魅力は感じられませんね。

 

公式サイト Nexus Card デポジット型クレジットカード新規申込はこちら

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。 ...

 

ライフカードとNexus Cardはどちらを選ぶべき?

Nexus Cardより格段にメジャーであるライフカードは、ETCカードの無料付帯や旅行保険、弁護士無料相談等、サービス面が圧倒的に充実しています。しかしながら、デポジット型を所有する目的は、クレヒス作り一択だと思います。

私自身がそうでした。

なので、バカ高い年会費なんて支払いたくないし、そもそも支払う余裕もない。ましてや旅行保険なんて付帯していても意味がないし空港ラウンジに行くこともない。

そう考えると選択肢は、Nexus Cardだけに絞られると思います。

勿論、デポジット型でもゴールドカードとなれば、見栄えは良いので、高額な年会費を支払ってでも持ちたいと思う方はいるかもしれません。

ですが、大半の方は私のようにそんな余裕がないのではないでしょうか?更に、審査通過率も明らかに違います。Nexus Cardに落ちた方は皆無ですが、デポジット型ライフカードに落ちた方は結構見かけます。

クレヒスを作りたいのにわざわざ、信用情報を傷つける可能性が高い方を選ぶ理由がありません。

よって、作るなら、Nexus Card一択になると私は思います。

 

公式サイト Nexus Card デポジット型クレジットカード新規申込はこちら

Nexus Cardの評判やメリット・デメリット!クレヒスを金融事故者は積み上げよう!
Nexus Cardは、JASDAQグロース市場に上場するNexus Bankを親会社に持つクレジットカード会社です。2021年5月にJトラストカードから商号変更し、日本では他に類を見ないデポジット型のクレジットカードを発行しています。 ...

 

デポジット型でクレヒスを作った後の乗り換え先は?

では実際に、デポジット型でクレヒスを作った方の乗り換え先を調べてみると、、、

スーパーホワイトで初めて作ったクレカがデポジット型ライフカードで、半年クレヒス積んだ後でエポスカードに申し込んだら審査通った。スマホの分割払いでクレヒス貯めてたのも影響としてはあると思う。

Jトラスト(Nexus Cardの前身)よありがとう。7ヶ月間のクレヒス作ったら楽天カードの審査通った。

デポジット型ライフカードのおかげで楽天カードは作れたけど、オリコカードは審査落ちした。

時効援用してからJトラスト(Nexus Cardの前身)で1年ちょいクレヒス作ったら、アメックスグリーンの審査通過しました。

デポジット型ライフカードで8ヶ月間クレヒス積んだら、楽天カードの審査通過した。

異動1件ある状態で、審査に通過したのはデポジット型ライフカードとエポスカードだけだった。

異動2件有の状態で、、、

2018/12 デポジット型ライフカード審査通過

2020/01 アメックスグリーン審査通過

異動1件有の状態で、、、
2021/02 三井住友NL審査通過
2021/02 エポスカード審査通過
2021/09 エポスゴールドカードへアップグレード
2021/12 セゾンカードデジタル審査通過

2018/10 自己破産
2020/6 Jトラスト(Nexus Cardの前身)審査通過
2020/10 楽天カード審査通過

20年前に自己破産してから、現在進行形でCIC異動滞納中だけど、アメックスグリーンとデポジット型ライフカードは即可決した。

 

といった具合に、Nexus Cardやデポジット型ライフカードでクレヒスを6ヵ月以上積み上げたあとは、下記カードでの通過実績があります。特にアメックスに関しては、楽天カードやエポスカードよりもはるかに通過率が高いので、一番に挑戦すべきカードだと私は思います。

アメックスグリーン

・アメックスプロパーカードの中で最も審査通過率が高い
・スタータス性抜群のアメックスプロパーカードの中で、年会費が最も安い
・JCB加盟店で利用でき、使える店舗が多数
・海外旅行時の特典が豊富

楽天カード

・楽天市場でポイント3倍~13.5倍
・年会費が無料
・ポイントの有効期限は年1回の利用で無期限
・海外で便利な旅行保険・付帯サービス
・傷害・疾病治療費用保険が最高200万円

エポスカード

・マルイで年4回10%OFF
・全国10,000店舗以上でお得な優待特典
・高品質の海外旅行傷害保険が自動付帯
・エポスバーチャルカードが無料
・カードの利用通知サービス

コメント