バンドルカードでマイナポイントを選ぶデメリットは?Kyash・B/43と比較!

メリット・デメリット

マイナンバーカードの申請期限とマイナポイントの申込み期日が下記のように延長になり、最大で20,000円分のマイナポイントが貰える可能性が広がりました。

では、マイナポイントを受け取る際にバンドルカードを選択するメリットはあるのでしょうか?

また、同じくVISAのプリペイドカードで尚且つ「ポチっとチャージ」のような後払いサービスを提供しているB/43Kyashとはどう違うのか?

マイナポイントの概要と共にこの記事で解説します。

マイナポイント事業とは?

マイナポイント事業とは、国がマイナンバーカードの普及率を上げる為の事業で、マイナンバーカードと特定の決済サービス(クレジットカード・電子マネー・QRコード決済等)を紐づけて決済やチャージを行うことで最大5,000円(2万円×25%)が還元される仕組みです。

更に、健康保険証と公金口座を登録すれば7,500円×2=15,000円。合計2万円分もお得になります。

しかも、現在、健康保険証を廃止する動きがあり、実質的にマイナンバーカード一択になる可能性もあります。よって、遅かれ早かれ作るのであれば、マイナポイントを獲得できるうちに作成してみてはいかがでしょうか?

 

バンドルカードを選択するメリットは?

バンドルカードのメリット・デメリットは以下のようになります。

メリットデメリット
・年齢制限なく利用可能
・VISA加盟店で利用可能
・チャージ方法が10種類と豊富
・カードの再開・停止がアプリ上で可能
・ポチっとチャージで支払いを先延ばしにできる
・ポイント還元がない
・券面デザインがカッコ悪い
・リアルカードの発行手数料が300円
・ポチっとチャージの手数料が高い

 

バンドルカードで決済してもポイント還元はありませんし、普通に考えれば利用するメリットはないんです。ですが、「ポチっとチャージ」に限っては、金欠の方にとって、多少は旨味のあるサービスだと思います。

バンドルカードの「ポチっとチャージ」で審査落ち?上限金額が下がって5,000円に?
バンドルカードはVISAブランドのプリペイドカードです。リアルカードも発行できる為、全国各地のVISA加盟店で利用できます。そして、バンドルカードには「ポチっとチャージ」というクレジットカードや現金を持ち合わせていなくても後払いが可能なチャ...

 

では、ここでマイナポイントにバンドルカードを設定した場合のメリットを考えてみます。

当然、クレジットカードを持っている方や、資金に余裕があり、現金でチャージできる方はバンドルカードを選択するメリットはありませんが、手元に資金はないがマイナポイントの恩恵(5,000円の還元)を受けたいという方は、「ポチっとチャージ」で2万円チャージすれば手数料は815円

つまり、5,000円-815円=4,185円はお得になるわけです。

ただし、上述したように初回は、5,000円しかチャージできません。

でも、心配は不要です。

マイナポイント事業は1ヶ月で2万円チャージしなくても合計2万円まで。現状、2023年2月までにマイナポイント第1弾に申し込みチャージを行った方以外は対象となるので、5,000円ずつ4回に分けて「ポチっとチャージ」をしても十分に恩恵(5,000-500円×4=3,000円)を受けられるわけです。

しかも、きちんと返済を行っていけば、限度額は徐々に増えていくわけですから、クレジットカードを持っていなくても、何かあった時に使えるお金があるという安心感が得られます。

だから、お金に不安のある方は「ポチっとチャージ」を使わないまでも、発行だけでもして、余剰資金を作ってみてはいかがでしょうか?

公式サイト 1分で誰でも作れるバンドルカード

 

Kyashの「イマすぐ入金」・B/43の「あと払いチャージ」との違いは?

そんな、バンドルカードの「ポチっとチャージ」ですが、Kyashの「イマすぐ入金」・B/43の「あと払いチャージ」という類似サービスがあり、違いは下記のようになります。

 B/43バンドルカードKyash
還元率0%0%0.2~1.0%
後払いチャージの限度額5万円5万円5万円
後払いチャージの手数料安い高い安い
リアルカード発行手数料0~500円0~700円0~900円
3Dセキュア対応対応対応
ICチップ対応非対応対応
TOYOTA Walletへのチャージ×
マイナポイント受付××
※Kyashで還元率が1.0%になるのは、Kyash Cardのみです。

 

ご覧いただければ分かると思いますが、ポイント還元があるのは、Kyashのみです。しかも、Kyash Cardを発行すれば最大で1.0%の還元率とクレジットカードと同等のレベルで使用ができます。

また、チャージ後の手数料もバンドルカードに比べて安くなりますし、KyashからTOYOTA Walletにチャージすることで、更に+1.0%。合計2.0%の還元率が実現されます。

TOYOTA Walletは、常時1.0%が還元される決済サービスで、全国150万カ所以上のiD加盟店で利用できますし、SUICAやPASMOへのチャージも可能なので、使い道に困ることはありません。

クレジットカードを利用せずにこの還元率を実現できるのは「Kyash」位です。是非この機会に申し込みをしてみてはいかがですか?

 

公式サイト Kyashアプリをインストール

TOYOTA Walletはデメリットなしだが、リクルート・PayPayカードが必須?
TOYOTA Walletは、トヨタ自動車を所有しているかに関わらず、全ての人がポイント三重取りで2.0%以上の還元率を受けられるキャッシュレス決済アプリで、以下のような特徴があります。 5種類の決済サービスを利用可能 ...

 

コメント