Kyashの「イマすぐ入金」が審査落ちで利用できない?限度額を上げる方法は?

審査・申し込み

Kyashの「イマすぐ入金」は、クレジットカードが作れない方でも後払いが可能な支払い方法で、類似サービスであるバンドルカードの「ポチっとチャージ」・B/43の「あと払いチャージ」と比べてもポイント還元率が高いという大きなメリットがあります。

公式サイト Kyashアプリをインストール

しかしながら、ここ最近、、、

イマすぐ入金ができない・・・

という事例が頻発しているようです。

その理由はなんなのか?この記事でまとめます。

「イマすぐ入金」で審査落ちも?入金できない原因とは?

「イマすぐ入金」はあと払いが可能なチャージ方法で、株式会社AGミライバライがKyashのプラットフォームを通じて提供しているサービスです。

株式会社AGミライバライは、信用情報機関に加盟していますが、クレジットカードより難易度の低い後払い決済だからか、俗に言うブラックリストの方でも審査に通過する可能性が十分にあります。

実際、Kyashと同業他社である、B/43の「あとばらいチャージ」も株式会社AGミライバライがサービスを提供していますが、審査に通過した事例が大半です。

公式サイト Kyashアプリをインストール

B/43の「あとばらいチャージ」は審査落ちも?ミライバライはCICを確認する?
B/43という家計簿とVISAプリペイドカードの機能を持ち合わせたキャッシュレス決済アプリがあります。プリペイドカードなのでチャージが必要にはなりますが「あとばらいチャージ」であれば、クレジットカードや現金、口座からの振込も不要です。 ...

 

ただ、2022年になってからは審査落ち・・・というか入金に失敗する方もいるようで、その事例が増えてきました。かくいう私も2022年9月現在チャージができませんでした。

その原因と考えられるのが下記5点です。

 

SMS認証に数回失敗

「イマすぐ入金」を利用する際は、SMS認証が必須ですが、認証に何度も失敗すると入金が一時的にできなくなるので、時間をおいてから再チャレンジしてみましょう。

それでも、利用できない場合は、他の原因が考えられます。

 

複数アカウントの作成

「Kyash」は複数アカウントに関しては、当然のごとく禁止されています。

  • お一人さまにつき1アカウントでのご利用と定めております。複数アカウントを持つことは利用規約違反となり、ご利用の制限もしくはアカウント削除の対象となります。
  • 利⽤者のマネーアカウントが本条に基づいて閉鎖された場合、利⽤者が保有している残⾼および特典等はすべて消滅します

引用元:Kyash公式サイト

複数アカウントを利用したのがバレると、それが故意であろうがなかろうが規約違反となり「イマすぐ入金」どころか最悪、Kyashのアカウント自体が使えなくなってしまいます。

上述しているようにチャージ残高がある場合には、それも消滅します。

Kyashで「現在ご利用が制限されています」とエラー!複数アカウントが原因で使えない?
私事ですが、突然Kyashが使えなくなりました。クレカからのチャージもできない・・・問い合わせしたところ、原因は複数アカウントでした。なぜ複数アカウントが判明したのか?私は、スマートフォンを2台持っているのですが、半年ほど前に1台目の端末に

 

現金化とみなされる商品の購入

また、複数アカウントの作成は現金化を目論む輩の常套手段です。

あと払い業者の大半は、現金化防止の為「換⾦を⽬的としてサービスを利⽤する⾏為」を禁止しています。特に換金性の高い下記のような商品の購入に関しては、厳重にチェックしています。

◆現金化と判断される可能性がある商品◆

Amazonギフト券、App Store & iTunesギフトカード、GooglePlayギフトカード、切手、テーマパークのチケット、家電製品、PlayStation5、Nintendo Switch、ゲームソフト、Apple製品、その他換金性の高い物

現状、Kyashで上記のような買い物により、制限されたという報告は確認できていませんが、規約に記載している以上、いつ利用停止になるかは分からないので、「イマすぐ入金」後に換金性の高い商品の購入は、できる限り控えるようにしましょう。

 

滞納者が多く使えない?

「お金を借りたら返さなければならない」のが一般的な思考だと思いますが、世の中にはそうでない方もいらっしゃいます。実際、Kyashの「イマすぐ入金」に関わらず、バンドルカードやB/43等の後払いサービスを利用するも滞納する方をチラホラ見かけます。

特に前述した現金化を目的とした輩の行為は悪質です。

実際、現金化の換金率は80~90%位。50,000円を現金化すると残るお金は40,000円~45,000円です。普通に考えれば、全くメリットはありませんが、悪質な方は「イマすぐ入金」でチャージし、換金後、返済を一切しないんです。

このような方々は、信用情報は既にボロボロなので、傷つくことは恐れませんし、督促の連絡が来ても全く気にしないんです。

そのような行為を警戒してか、滞納をしていないのにKyashの「イマすぐ入金」を利用できない方がいるので、Kyashの信頼を勝ち得るためにも、別の方法でチャージをして、利用実績を増やしてから、再度チャレンジしてみましょう。

 

公式サイト Kyashアプリをインストール

 

「イマすぐ入金」とは?限度額や手数料は?

本人確認が必要

Kyashにて「今すぐ入金」を利用するには、事前に本人確認が必要です。本人確認には2つの方法がありますが、マイナンバーカードを持っていれば、面倒な写真撮影も必要なく数分で終わるのでお薦めです。

必要書類 審査時間
タッチで本人確認 マイナンバーカード なし
写真撮影で本人確認 運転免許証
マイナンバーカード
パスポート
在留カード
運転経歴証明書
3時間程

限度額を上げるには?増額できる?

限度額は、3,000円から50,000円までですが、最初は5,000円からで利用を続けることにより、最大50,000円まで上がっていきます。

限度額を上げるには、前述した複数アカウントの作成や現金化・滞納等を行わないことが絶対条件です。

私は、利用履歴がまだ浅いので限度額は5,000円ですが、類似サービスであるB/43の「あと払いチャージ」の限度額は下記のように変化していったので、今後の目安程度にはなるかと思います。

日付限度額手数料
2022年2月5,000円500円
2022年3月5,000円500円
2022年9月10,000円500円
2022年10月13,000円800円
※私の「あと払いチャージ」の限度額です。利用者によって、変更になるタイミングは異なります。

 

高額な手数料が発生

また、利用にあたっては下記のように手数料が発生します。同業他社であるバンドルカードよりは良心的ですが、それでも高額といえるでしょう。

申請金額B43/Kyashバンドルカード
3000円〜10,000円500円510円
〜20,000円800円815円
〜30,000円1,150円1,170円
〜40,000円1,500円1,525円
〜50,000円1,800円1,830円

 

実際に年率を計算してみましょう。例えば、3月1日に1万円をチャージをして5月末日に10,500円を返済したとすると、

  • 10,000×■%×61日÷365日=500円
  • ■=0.299…
  • 年率29.9%

という計算になります。

3,000円でも500円の手数料がかかるので、実際は更に高くなりますね・・・元金が低い分、負担が少なく感じますが、計算してみると手数料の高さに驚いてしまう程です。それをしっかりと理解したうえで「今すぐ入金」は利用するようにしましょう。

 

B/43の「あとばらいチャージ」とバンドルカードの「ポチっとチャージ」と比較

そんな、Kyashの「イマすぐ入金」ですが、類似サービスであるB/43とバンドルカードとの違いは下記のようになります。

 B/43バンドルカードKyash
還元率0%0%0.2~1.0%
後払いチャージの限度額5万円5万円5万円
後払いチャージの手数料安い高い安い
リアルカード発行手数料0~500円0~700円0~900円
3Dセキュア対応対応対応
ICチップ対応非対応対応
TOYOTA Walletへのチャージ×
マイナポイント受付××
※Kyashで還元率が1.0%になるのは、Kyash Cardのみです。

 

ご覧いただければ分かると思いますが、ポイント還元があるのは、Kyashのみです。しかも、Kyash Cardを発行すれば最大で1.0%の還元率とクレジットカードと同等のレベルで使用ができます。

また、チャージ後の手数料もバンドルカードに比べて安くなりますし、KyashからTOYOTA Walletにチャージすることで、更に+1.0%。合計2.0%の還元率が実現されます。

TOYOTA Walletは、常時1.0%が還元される決済サービスで、全国150万カ所以上のiD加盟店で利用できますし、SUICAやPASMOへのチャージも可能なので、使い道に困ることはありません。

クレジットカードを利用せずにこの還元率を実現できるのは「Kyash」位です。

更に現在は、Kyashの無料登録と「JCB/American Expressブランド」のクレジットカードやデビットカードから5,000円分のチャージをすると1,000円分のKyashポイントを獲得できるキャンペーンです。ポイントを獲得するには、、、

  1. キャンペーン期間中にKyashに新規登録
  2. JCBまたは、American Expressブランドのカードを登録
  3. キャンペーン期間中に登録したカードで累計5,000円以上チャージ
  4. 2023年1月下旬に1,000円分のKyashポイントを獲得

期間は2022年12月1日~2022年12月31日までと短いです。是非、早めに申し込みを行い、1,000円分のポイントを獲得しましょう。

公式サイト Kyashアプリをインストール

TOYOTA Walletはデメリットなしだが、リクルート・PayPayカードが必須?
TOYOTA Walletは、トヨタ自動車を所有しているかに関わらず、全ての人がポイント三重取りで2.0%以上の還元率を受けられるキャッシュレス決済アプリで、以下のような特徴があります。 5種類の決済サービスを利用可能 ...

コメント