楽天カードの解約方法や国際ブランド変更(再入会)手続きまとめ!ポイントやEdy・残高の支払いは?

クレジットカード

楽天カードの解約と国際ブランド変更手続きについてまとめてみました。

カードの解約は電話連絡が必要になりますが審査等も無い為、ものの数分で手続きは終わってしまいます。しかしながら、注意事項の確認を怠ると面倒なことになりかねません。

あとあと「聞いてないよ」という事にならないよう手続き前に注意事項はしっかりと確認しておきましょう。

スポンサーリンク

解約と国際ブランド変更

楽天カードにはVISA、MasterCard、JCB、American Expresssと4つの国際ブランドがあります。それぞれ特徴はありますがブランド変更を行う場合には必ず、解約と同様の手続きが必要になります。

理由はカード番号が変更になるから(それだけの理由ではありませんが・・・)。お手元のカード番号を見て頂ければ分かると思いますが、最初の数字は国際ブランドごとに決められているんです。

よってブランド変更の際は必ず、解約・再入会という手続きが必要になります。

国際ブランド上4桁
VISA4×××
Master5×××
JCB/American Express3×××

 

ブランド変更は2、3営業日後に!

ブランド変更の際は解約手続き後、ご自身でHP上から再度申込手続きが必要になります。尚、解約手続き後は2~3営業日程、経過しなければ申し込みできません。

理由は、楽天カード側のシステム上、解約が反映されるまでに時間がかかるから。楽天カードは1人につき1枚しか所持できない為、反映前に申し込み手続きをするとプレミアムカードやPINKカード等への切り替え手続き画面に遷移してしまいます。

よって、正常に手続きができない場合は時間を空けてから再度、申し込みを行いましょう。

 

スポンサーリンク

解約(国際ブランド変更)手続き

他の手続きとは違って解約には、必ず電話連絡が必要になります。以前は、自動音声サービスでも手続きできたようですが、現在は必ずオペレーターとの会話が必要です。

理由としては、解約の防止や注意喚起もあると思います。私の場合は、解約理由を聞かれた位で特に止められもせず、3分位で終了しました。

窓口
(営業時間)
電話番号
自動音声ダイヤル
(24時間年中無休)
0120-30-6910
(092-474-9255)
コンタクトセンター
(9:30~17:30)
0570-66-6910
(092-474-6287)
※電話が繋がりにくい時間帯もあるので、混雑予想カレンダーを確認してから連絡しましょう!

 

尚、電話が終わった後はカードを処分しましょう。その際は磁気テープとICチップもきちんとハサミで切りましょう。ICチップは下記図の赤枠部分のように縦横1cm程。金色で形成されています。

 

スポンサーリンク

解約(国際ブランド変更)時の注意事項

継続的な決済

公共料金や電話料金・保険料等、毎月の継続的な決済を楽天カードで行っている場合には、ご自身で手続きが必要になります。手続きを怠ってしまうと支払いが滞ってしまいますので、なるべくなら支払方法変更完了後にカードを解約しましょう。

そして、電話料金や保険料には特に注意が必要です。

 

携帯電話の割賦契約

電話料金の中に毎月のスマホ端末代金等が含まれている場合、いわば分割払いの契約をしているわけです。その支払いが滞るとご自身のクレジットヒストリーに傷をつけてしまう事になります。

今後、クレジットカード発行やローンを組む際の審査に影響してくる可能性があります。

 

保険料の支払い

保険料の支払いは、一定期間滞ると強制的に解約になる可能性があります。手続きを忘れてしまと今まで支払った保険料が無駄になってしまう場合もあります。

カード解約後は、早急な手続きと今後の支払方法を請求先ときちんと話し合っておきましょう。

 

付帯カードも解約に・・・

家族カード

家族カードは親カードを解約すると、自動解約になります。家族カードも同様に継続的な決済に使用している場合は、再手続きが必要になります。家族会員の方には事前にカードが使えなくなる旨や、必要があれば支払い手続きを変更するよう解約前に伝えておきましょう。

 

ETCカード

楽天はETCカードを単体で持つ事が出来ない為、他のクレジットカード会社で事前準備をしておくか、ブランド変更の場合には再申し込み時に同時発行を行いましょう。年会費に関しては、有効期限の2ヵ月程前に解約する事で翌年度の請求発生を防ぐ事ができます。

尚、ETCカードは解約後に破棄を怠ると事故の危険性も伴います。必ず破棄を行いましょう。詳細は下記参考記事をご覧ください。

楽天カード!ETCカードの年会費や利用明細について!解約後は必ずカードを処分しよう!
ETCカードといえば、旅行・ビジネス時の必需品でしょう。しかしながら、年会費がかかってしまうのが難点・・・ しかし、楽天のETCカードは違います。年会費無料で利用できる方法もあります。そんなお得な楽天ETCカードの気になる点について簡...

 

解約前にEdyは使い切ろう

Edy付帯のカードを利用している場合は注意が必要です。理由は、楽天カード解約後にチャージ済みのEdy残高でショッピングをしても、ポイントが付与されないからです。

解約前にできるだけEdyは使い切るようにしましょう。また万が一、残高がある状態で解約してしまった場合には、全て使い切った後にカードは破棄するようにしましょう。

Edyは、現金と同じです。カードを処分したら保障なんてありませんしEdyの移行はできませんからね。

 

楽天ポイントは失効?

楽天カードを解約しても、貯まったポイントがなくなるわけではありません。ポイントは、楽天カードでは無く楽天IDに溜まってい為、解約後も利用は可能ですし、付与前のポイントもカード解約後に付与されるのでご安心ください。

そして、ブランド変更の場合には、同じ楽天IDで申込を行えば今までと同様にポイント獲得や利用ができます。

尚、楽天カードにポイント機能が付いている場合も注意が必要です。理由は、解約により楽天ポイント機能が使えなくなるからです。インターネット上で利用する際は関係ありませんが、リアルな店舗で利用する場合には別途、新しい楽天ポイントカードの所持と、そのカードをご自身の楽天IDに登録する作業が必要になります。

ポイントカードの登録はコチラから。

 

残高の支払いは?

解約時やブランド変更時にリボ払いや分割払いの残高が残っている場合には、申し出をしない限り今までと同様に請求されます。一括返済の必要はありませんし、引き落とし口座の変更も不要です。

又、カードを解約すると楽天e-NAVI上で利用明細を確認する事ができなくなりますが、残高が残っている場合には郵送で請求書は送られてきます。

尚、ブランド変更時に残高が残っている場合は、基本的に新しいカードへその残高は移行されます。稀に請求がまとまらない場合もあるようですが、その際は、楽天カードコンタクトセンターへ相談をしましょう。

 

個人情報の変更

引っ越し済みや今後、引っ越し予定のある方。解約時には住所変更の手続きをおすすめします。

理由は請求書が届かなくなるから。

「カードの利用残高が残っていないから関係ない」と思うかもしれません。しかしながら、請求が発生するタイミングって私達が利用した日ではなく、決済した店舗が請求を計上した日です。

遅い店舗であれば1ヵ月、2ヵ月程かかることもありますしETCカードの支払いに至っては、もっと遅くなる場合もある。そうなると忘れた頃に請求が発生していて気がつかないうちに「延滞」という事態におちいってしまいかねません。

勿論、引き落とし口座は変わりませんので残高があれば問題ありませんが、万一に備えて変更手続きをする事が延滞を防ぐ。つまりは、自分自身の身を守ることに繋がると思います。

 

海外旅行保険

海外旅行保険は、楽天カードで旅行代金を決済したことにより適用される保険です。但し、楽天カードで旅行代金を決済してもカード自体を解約すれば補償の対象外となるので注意が必要です。

 

解約証明書

住宅ローン等を組む際、金融機関が借入状況を確認する為に、解約証明書や残高証明書の提出を求められるケースがあります。

楽天カードの利用残高が「0」であればすぐに発行してくれますが、残高がある場合には、一旦清算した後に、楽天カードコンタクトセンターへ再連絡する必要があります。支払いが終わっても、自動的に発行はしてくれませんので証明書が必要な場合には、入金後に電話連絡を行いましょう。

 

スポンサーリンク

強制解約

楽天カードは入会時だけでなく入会後も不定期に審査を行っており、審査の結果によっては減枠や利用停止になる可能性を、利用規約(カード会員規約第1章第18・19条)に明記しています。

どのカード会社も審査基準は開示していませんが、強制解約はご自身のクレジットヒストリーに大きな傷をつけてしまう恐れがあるので、下記等のような行為は控えるようにしましょう。

  • 他社を含む支払いの延滞
  • クレジットカードの濫用
  • 入会後、半年以内等の早期解約

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、楽天カードの解約と国際ブランド変更時の注意事項についてまとめてみました。

クレジットカードの解約は、電話1本で驚くほど簡単にできてしまいます。その反面、確認事項を怠ると、あとあと面倒な事になりかねません。解約前は今どんなことにクレジットカードを使っているかを1度確認したうえで、手続きを行いましょう。

コメント