楽天カード紛失・盗難と再発行時の手数料と注意点!不正利用されたら補償はあるの?

スポンサーリンク
個人情報の変更

クレジットカードを紛失・・・

考えたくも無い出来事ですが、起ってしまったら歎いていても仕方ありません。「迅速・冷静」に対応しましょう。この記事では、その手続き時の注意点や万が一、不正利用された場合の対応についてまとめてみました。

スポンサーリンク

紛失後は即連絡と警察への届け出を

クレジットカードを紛失したら、即刻窓口まで連絡してカードを止め、不正利用がないかも確認してもらいましょう。勿論、警察への届け出も必須です。

尚、紛失窓口だけはフリーダイヤルがある為、通話料無料で24時間連絡可能です。

楽天カード盗難紛失専用窓口
国内・0120-86-6910
・092-474-9256
海外81(国コード)-92-474-9256

そして、窓口では以下のことを聞かれます。

  • 紛失した日時
  • 紛失したのは楽天カードだけか?財布やカバンは一緒か?
  • 最後に楽天カードを使った日時と金額
  • 警察に届け出たか?

 

紛失時・再発行時の注意点

ここからは、紛失したカードを再発行するときの注意点をまとめます。

尚、紛失と再発行を同時に行う時は、上記の紛失窓口でで手続きは可能ですが、再発行の手続きを後回しにする場合には、楽天カードコンタクトセンターへ連絡が必要になります。

理由は、紛失・盗難窓口はカードを失くした方専用の窓口だから。連絡が1分1秒でも遅れると不正利用に繋がる可能性があるので、混雑を避けるためにも紛失以外の手続きは受け付けてもらえないんですね。

窓口
(営業時間)
電話番号
自動音声ダイヤル
(24時間年中無休)
0120-30-6910
(092-474-9255)
コンタクトセンター
(9:30~17:30)
0570-66-6910
(092-474-6287)
※電話が繋がりにくい時間帯もあるので、混雑予想カレンダーを確認してから連絡しましょう!
※「0570~」から始まる電話番号は「かけ放題」でも通話料がかかります。

 

到着までは利用不可

カード再発行に対する手数料は発生しませんが、到着までは2週間程待つことになります。その間、カードは利用できません。

 

継続的な決済

紛失に伴うカード再発行の場合、不正利用の懸念がある為、カード番号を変更の変更が必要です。公共料金や電話代などの継続決済にカードを利用している場合には、再手続きを行いましょう。

そして、電話料金や保険料には特に注意が必要です。

 

携帯電話の割賦契約

電話料金の中に毎月のスマホ端末代金等が含まれている場合、いわば分割払いの契約をしているわけです。その支払いが滞るとご自身のクレジットヒストリーに傷をつけてしまう事になります。

今後、クレジットカード発行やローンを組む際の審査に影響してくる可能性があります。

 

保険料の支払い

保険料の支払いは、一定期間滞ると強制的に解約になる可能性があります。手続きを忘れてしまうと今まで支払った保険料が無駄になってしまう場合もあります。

番号変更後は、早急な手続きと今後の支払方法についてきちんと話し合っておきましょう。

 

家族カード・ETCカード

本カード再発行の場合、家族カードやETCカードの番号に変更はありませんが、本カード到着まで、カード決済ができなくなります。対する家族カードやETCカードの番号変更時は、他のカードに影響はありません。

 

楽天Edy

楽天Edyは現金と同じなのでカードを落としたら残高もなくなります

よって、楽天カードに付帯しているEdyへの高額なチャージは控えた方がいいかもしれません。

 

楽天ポイント

楽天カードを紛失しても、貯まったポイントがなくなるわけではありません。ポイントは、楽天カードでは無く楽天IDに溜まっていく為、紛失後も利用は可能です。

ただ、楽天ポイント機能を止めないと拾得者が実店舗でポイントを利用できてしまします。電話連絡時は必ずポイント機能も停止しましょう。

 

カードが拾われていた場合

カードの拾得者が楽天カードに連絡をしていた場合には、その時点でカードは停止されます。

又、カード自体も物理的に利用できないようになっている可能性がありますので、楽天Edyの残高は、諦めるしかありません。

 

不正利用されてしまったら・・・

紛失時に、不正利用がなくても、後々売上として計上される可能性もあります。理由としては、利用店舗によってが売上を計上するタイミングが違うからです。

例えば、下記のように5月利用分が7月に請求されるようなケースもあります。

<例>

5月30日:3万円の買い物
6月1日:店舗が売上計上
7月27日:3万円の請求

その際には、利用店舗と楽天カードコンタクトセンターへ連絡を行い調査をお願いしましょう。

調査の末、不正利用と判断された場合には、返金や補償が受けられますが、調査には相当の時間を要します。また、残念なことに1度、不正利用された請求に対しては一旦、全額を支払わなければならないようです。

もしも、支払わなければ「遅延」という事になり、限度額の引き下げや他社でのクレジット発行等が難しくなる可能性があります。

不本意ではありますが、やはりカード不正利用される側にも原因があるという事でしょう・・・

 

まとめ

以上、カードを紛失時の注意点や手続きについてまとめてみました。カード紛失時は不安になるでしょうが、1番大事なことは、「迅速・冷静」に対処する事です。

しかしながら、「落としてしまった人が悪い感」は否めないですね。

今の世の中、契約が必要なサービスを利用する場合には、その規約に準じて行動しなければ後々痛い目に合う可能性があります。

カードをわざと紛失する人なんていないでしょうが、うっかりがちの人は、何かしら防止策を考慮する必要があると思います。

 

コメント