2021年のゴールデンウィークは支払日・利用可能額反映日がずれてカードが使えない?

締め日・引き落とし日

2021年のゴールデンウィークは、5/1~5/5まで5連休・・・

私の会社は5月9日までの11連休です・・・

ですが、上記期間中に支払日があるクレジットカードを利用している方は注意が必要です。なぜなら、利用可能額の反映や引き落としが5月6日(木)以降になってしまうから。

 

なんだ支払日が遅くなるならラッキー。

と思う方もいるもしれません。ですが、以下に該当する方はと面倒なことになりかねないのでこの記事をしっかりと確認してください。

  • 手元に余分なお金があると使ってしまう方
  • 限度額ギリギリまでクレジットカードを使っている方

 

スポンサーリンク

なぜ注意が必要?

注意が必要な理由は2つあります。

  • 散財して支払いができなくなる
  • 利用可能額反映が遅くなる

では、1つずつみてみましょう。

 

散財して支払いができなくなる

お金の管理に厳しい方や経済的に余裕のある方にとっては無縁の話だと思いますが、人間というのは普段より手元にあるお金が多くなると、ついつい使ってしまう弱さを持っているものです。

今年は自粛が必須なので、散財する機会は少ないは思いますが、家にこもっていると気が滅入るので、買い物でストレス発散をする方もいると思います。私の友人の中で既に、

暇すぎてネットで無駄遣いした・・・

と嘆いている方もいます。

そして、連休明けには支払いが出来ない・・・

そんな事にならないよう、請求金額分は引き落とし口座に入金して年末年始は手を付けられないようにしておきましょう。今後の日本がどうなるか分からない今、できる限り不必要な出費は抑えた方がよいと思います。

 

利用可能額反映が遅くなる

カード決済できる限度額を利用可能額と言います。

利用可能額は、、、

「利用限度額」-「利用残高」=「利用可能額」

で計算されます。よって引き落としされれば、、、

「現在の利用可能額」+「請求金額」=「利用可能額」

となるんです。

だから、引き落とし日が遅くなると利用可能額は回復しません。つまり、限度額ギリギリまでカードを使っていると年末年始に利用ができなくなってしまいます。ちなみに、今回の連休で影響のあるカード会社と最も遅い利用可能額反映日をまとめると以下のようになります。

カード会社引き落とし日利用可能額反映日
イオンカード5月6日5月13日
Yahoo! JAPANカード4月27日5月7日
楽天カード
オリコカード5月10日
ジャックスカード
ライフカード4月26日
4月27日
4月28日
5月6日
5月6日
5月7日
5月10日
5月12日
セディナ・OMCカード4月26日
4月27日
5月7日
5月10日
エポスカード4月27日
5月6日
4月30日~5月10日
5月10日~5月13日
エクセルメンバーズカード4月27日
5月6日
5月6日
5月11日

 

限度額がいっぱいになると遅ければ、5月13日あたりまで利用可能額が回復しない為、カード決済が一切できなくなってしまうんですね・・・だから、もし現時点で、、、

足りないかも・・・

 

という方は連休が始まる前に、限度額の引き上げか別の新規カード発行を検討しましょう。

 

年末年始の営業時間

では最後に、上記したカード会社の年末年始にオペレーターに繋がる時間をまとめます。(紛失・盗難ダイヤルや自動音声サービスは除く)

カード会社休み営業時間増枠審査
イオンカード無休9:00~18:00通常より遅い可能性有
セゾンカード無休9:00~17:00通常より遅い可能性有
Yahoo! JAPANカード無休9:30~17:30受付は可能だが審査は不可
楽天カード無休9:30~17:30通常より遅い可能性有
オリコカード無休9:30~17:30不明
ジャックスカード無休9:30~17:30通常より遅い可能性有
ライフカード無休9:30~17:30通常より遅い可能性有
セディナ・OMCカード無休9:30~17:00不明
エポスカード無休9:30~18:00通常より遅い可能性有

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク