stera packはJCBやアメックスに非対応で月額料金・違約金も発生!デメリットが多いのか?

ターミナル端末

三井住友カードがGMOペイメントゲートウェイ、ビザ・ワールドワイド・ジャパンと協業して「stera pack」という決済端末やサービス・販促ツールをまとめて導入できるサービスを提供しています。

月額料金3,300円で、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済や、おみせポケットという顧客との橋渡しやリピート率を効率的にアップさせるためのツールが使用できる為、一度、使い始めたらやめられなくなるサービスです。

ただ競合他社と比べると、JCBに非対応な点や違約金がかかる点等、致命的とも言えるデメリットがります。

では、具体的な違いはなんなのか?メリット・デメリット踏まえ、この記事でまとめます。

スポンサーリンク

stera terminalとstera mobileの違い

steraのサービスは、以下のように複数あり「stera pack」は月額3,300円で①~④までのサービスが使用できます。

  1. stera terminal:オールインワン決済端末
  2. stera code:コード決済
  3. stera market:アプリ利用
  4. stera dashboard gateway:EC向け
  5. stera mobile:オールインワンモバイル端末(stera pack対象外)
  6. stera transit:公共交通機関向けソリューション(stera pack対象外)

 

また、決済端末はterminal端末mobile端末の2種類が用意されており「stera pack」、「stera terminal単体」、「stera mobile単体」で契約した時の違いは以下のようになります。

 stera packstera termial単体契約stera mobile単体契約
端末代金

98,670円

91,300円
初期費用0円98,670円91,300円
月額料金3,300円無料無料
通信料月額

693円(LTEを契約する場合)

990円(必須)
レシート印刷機能

ロール紙

無料

無料
POSレジアプリ連携

pos+のみ

連携不可
サイズ

L:266
W:108
高さ:100mm

L:175.7
W:78
高さ:58mm
※terminal端末の代金及び初期費用は本体価格(87,000円)+電子サインペン(2,700円)に税金を考慮した金額です。

 

stera packと他社とのスペック比較

また「stera pack」はレシート出力機能がついたターミナル端末が売りで、競合としては、Square株式会社の「Square Terminal」、JMSの「VEGA3000」があり、違いは以下のようになります。

決済サービスSquareJMSおまかせサービスstera pack
端末名Square TerminalVEGA3000Stera Terminal
端末代金46,980円65,780円98,670円
初期費用46,980円0円0円
月額料金無料無料3,300円
スマホ・タブレット不要不要不要
LTE無(固定回線要)693円/月無(光回線要)
レシート印刷機能
ロール紙2,487円(20巻)2,618円(10巻)無料
審査即日4週間1.5~2ヶ月
POSレジアプリ連携有料
分割・リボ払い不可
振込日翌営業日月6回月6回
常時電源接続不要(持ち運び可)不要(持ち運び可)必要
サイズL:142.2
W:86.4
高さ:63.5mm
L:168
W:78
高さ:67mm
L:266
W:108
高さ:100mm
※「VEGA3000」の端末代金はSB Payment Serviceの情報を参考にしています。
※「 stera terminal」の端末代金は本体価格(87,000円)+電子サインペン(2,700円)に税金を考慮した金額です。

 

「stera terminal」の端末代金は98,670円と最も高額で、開発はパナソニックが行っており、OSにAndroidを搭載、更に山型のデザインで、店舗側、利用客側の両方にディスプレイが設置されている為、どちらの立場からでも操作がしやすい優れものです。

 

ですが、他社と比べるとデメリットと言わざる負えない部分も多く存在します。

では、具体的な違いを見ていきましょう。

 

メリット

VISA・MasterCardの手数料が安い

まず、「stera pack」最大の魅力は、VISA・MasterCardの手数料が他社と比べて格安という点です。他社は最安で3.24%ですが、stera pack導入店舗の手数料は下記のようになります。

 前年度売上手数料
初年度2.80%
2年目以降250万円未満2.90%
500万円未満2.80%
500万円以上2.70%

 

損益分岐点は?

上記のように「stera pack」の手数料は1年目、そして2年目以降は前年売上高が高いほど手数料が低くなります。ですが、忘れてはならないのが月額料金が3,300円かかる事。では、他社の手数料を3.24%とした場合、steraがお得になる売上高の分岐点はいくらか計算してみましょう

 前年売上高①stera手数料率
(手数料)
②他社手数料率
(手数料)
①-②
(差額)
損益分岐点
1年目2.80%
(21,000円)
3.24%
(24,300円)
0.44%
(3,300円)
750,000円
2年目250万未満2.90%
(28,147円)
3.24%
(31,447円)
0.34%
(3,300円)
970,588円
500万未満2.80%
(21,000円)
3.24%
(24,300円)
0.44%
(3,300円)
750,000円
500万以上2.70%
(16,500円)
3.24%
(19,800円)
0.54%
(3,300円)
611,111円

 

1年目なら75万円以上。

2年目以降は、、、

  • 2.9%なら970,588円以上
  • 2.8%なら75万円以上
  • 2.7%なら611,111円以上

の売上があれば、他社の手数料を3.24%とした場合の月額料金3,300円を取り戻すことができます。

但し、2,8%で75万円、2.7%で611,111円しか売り上げが無い場合は、翌年の手数料が2.90%と高くなってしまうので注意が必要です。

ただ、あくまでもVISA、MasterCardのみの売上高です。JCBやAmerican Expressは「stera pack」では取り扱えないので、除外して考える必要があります。

 

ロール紙の追加発注が無料

また、ロール紙が無料提供される点でも他社を抜きんでています。この金額が意外とバカになりません。JMSおまかせSHOPの情報を元にすると、1ロールあたりで60回の決済が可能となります。ロール紙の代金は、、、

  • Square Terminal:2,487円(1200決済=20巻×60回)
  • VEGA3000:2,618円(600決済=10巻×60回)
  • stera pack:0円

となります。

レシート出力の頻度にもよりますが、店舗によっては、これだけで元が取れるかもしれませんね。

 

おみせポケットを無料で使用可能

「stera pack」では、月額3,300円で下記機能を使用することができます。

機能概要
会員証の電子化持ち忘れ・紛失を防ぎ、在庫管理や制作にかかるコストを削減できる。
スタンプカードの電子化オリジナルスタンプの発行機能により、貯める楽しみを顧客に提供できる。
クーポン発行誕生日やスタンプ満了時等、様々な場面に応じたクーポンを発行できる。
イベント情報等のお知らせ機能ニュースやイベント等、指定した日付に表示できる。
プッシュ通知情報を高い視認性で尚且つ、属性を限定して通知できる。
自動配信条件にマッチした顧客に対し、クーポン・メッセージ・プッシュ通知・チケット・スタンプを自動配信できる。
配信属性性別・年代・エリア等、さまざまな属性に合わせたマーケティングを行える。
顧客管理性別やエリアだけでなく、来店履歴やスタンプ発行状況まで、プロフィールとして一元管理できる。
行動ログ顧客のアプリの使用状況を確認でき、分析に必要なデータを集約できる。

 

会員証やスタンプカードの電子化で店舗側の管理も不要になり、何度も足を運びたくなるようお得なイベントやクーポン情報等を、属性を搾って配信することもできます。更には、顧客の来店・利用状況等も管理できるので、今後の売り上げアップにつながる分析まで行えます。

これだけの機能を独自に用意するとなると、かなりの労力や費用が掛かるのは目に見えています。それが「stera pack」なら月額3,300円で利用できる点は大きな魅力です。

 

stera公式HP stera pack



 

デメリット

月額料金と3年以内の解約は違約金が発生

「stera pack」はTerminal端末1台につき月額3,300円が発生することは前述しましたが、その他にも発生する費用があります。それが違約金です。

実は「stera pack」には最低契約期間が3年あり、期間内に解約すると下記の違約金が発生するんです。他社は契約期間の縛りや違約金も発生しない点を考えると、躊躇してしまいますね。

「Square」は商品到着後30日間返品及び、端末代金を支払っていたら返金も可能ですが、初期費用が46,980円かかります。

利用期間端末1台あたりの違約金
申込月~13カ月目以内88,000円
14~25ヵ月目以内66,000円
26~37カ月目以内44,000円

 

ですが、JMSのVEGA3000であれば、初期費用・月額料金・違約金も不要と三拍子そろっています。

JMSおまかせサービス公式HP 【VEGA3000】の申し込みはコチラ

Square Terminal・VEGA3000・stera terminalを徹底比較!ターミナル決済端末を導入するならどこがお薦め?
経済産業省が公表したデータによると、クレジットカードや電子マネー・QRコードによる決済比率は下記のように年々増え続けている為、キャッシュレス決済はどんな小規模な店舗でも当たり前になってきましたね。 ですが、それらを提供している...

 

アメックス、JCB、Dinners Clubは非対応

「stera pack」は、VISA・MasterCardの手数料が安くなるというメリットがありますが、反面、Union Payを除く国際ブランドは、手数料云々の前に対応すらしていません

デメリットの中ではこれが一番厄介です。

確かにVISAは56%、MasterCardは26%と世界シェアの80%を、カバーすることにはなりますが、日本のシェアは下記のようにJCBが30%を占めます。

  1. VISA:55%
  2. JCB:30%
  3. MasterCard:12%

更に、ステータスやサービスの充実度に酔心している根強い支持者がいるAmerican Expressも使えないとなると、クレジットカード対応店舗と言えるのか疑問にすら覚えてきます。

よって「stera pack」を導入する店舗は、他社と併用もしくはJMSの「VEGA3000」等、トータルバランスの取れた決済会社の使用を強くお薦めします。

 

電子マネー・QRコード決済の手数料が高い

「stera pack」の決済手数料は、VISA・MasterCardを除くと一律3.25%です。対応数や手数料では、JMSの「VEGA3000」とは比較にならないですね。

 

電子マネーの手数料比較

 SquareJMSおまかせサービスstera pack
nanaco×※3.24%3.25%
楽天Edy
WAON
Suica3.25%3.24%
PASMO
Kitaca
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
iD3.75%
QUICPay+×
Apple Pay×
※JMSおまかせサービスの中で、nanaco、楽天Edy、WAONに対応しているのは「VEGA3000」だけで「おてがるPay」は対象外です。

 

QRコード決済の手数料比較

 SquareJMSおまかせサービスstera pack
楽天ペイ××3.25%
au PAY3.24%
d払い×
PayPay
LINE Pay3.24%
メルペイ×
ゆうちょPay3.24%
ANA Pay×
EPOS Pay
銀行Pay
WeChat Pay3.25%
ALIPAY
atone×
K PLUS
ギフティプレモPlus
pring
※銀行Pay参加行は、OKI Pay(沖縄銀行)、こいPay(広島銀行)、はまPay(横浜銀行)、ほくほくPay(北海道・北陸銀行)、YOKA!Pay(熊本・十八親和・福岡銀行)等です。

 

審査が長く申込できない店舗も多い

下記業種の店舗は「stera pack」の申し込みはできません。

通信販売、金券ショップ、新聞、金融・貸金、保険代理店、公共料金のお取扱い(水道・ガス・電力等)、住まいのクリーニング、設計・工事・施工、公営ギャンブル、パチンコ、風俗店、宗教

また、他社の審査期間はどんなに長くても1ヶ月ですが「stera pack」は2週間~2カ月ほどかかります。

導入までに時間を要してしまうと、その間のキャッシュレス決済のお客様を見逃してしまう又は、非対応と認識されてしまう事になりかねないので、審査は早いに越したことはありませんね。

審査は各決済会社ごとに行われる為、一部ブランドのみ導入できない可能性もあります。それでも、月額料金3,300円は発生するので注意が必要です。

決済サービス提携企業審査期間
Square最短翌日
JMSおまかせサービスJCB、三菱UFJニコス、UCカード1か月程
stera pack三井住友カード、GMOペイメントゲートウェイ、ビザ・ワールドワイド・ジャパン2週間~2カ月程

 

stera terminalは光回線と電源・有線LANが必要

「stera terminal」は、店舗側・利用客側の両方にディスプレイが付いており、どちらからしても操作がしやすい高スペックな機能を有している反面、電源への常時接続が必須です。

「VEGA3000」や「Square Terminal」のように持ち運びができない為、テーブルでの決済ができません。

また、ADSLではなく光ファイバー。Wi-Fi(無線LAN)ではなく有線LANを推奨しています。ADSLに至っては、最近少なくなったので該当する店舗は少ないと思いますが、Wi-Fiでの使用が推奨されていないとなると、不便でなりませんね。

ただ、あくまでも推奨されていないだけで、非対応ではありませんし、推奨環境もそこまで高くはありません。

◆Wi-Fi接続時の推奨環境◆

  • Wi-Fiルーターと「stera terminal」は、同一部屋内に設置
  • Wi-Fiルーターから「stera terminal」の距離は1m以上、20m以内(目安)に設置
  • 「stera terminal」のWi-Fiアンテナバー表示が、設置場所で必ず100%の状態

 

stera marketを使用できるもPOSシステムは有料

「stera terminal」では、下記アプリを利用することができます。ただ、無料で使えるアプリはほとんどありません。他社POSレジとも連携ができない点を考えると、有料のPOSシステムを使うしか選択肢がないですね

アプリ金額概要
TrustSound Point Terminal個別見積来店者にポイントやスタンプを付与するアプリ
QR Order個別見積QRコードを読み取るだけで注文できるアプリ
POS+retail個別見積POSレジシステム
GiftPad QR無料ギフトコードの有効化、消込処理を行えるアプリ
mPOS無料「ANAのマイル」を積算できるアプリ
POS+epaylink個別見積iOS版POSレジ「POS+」と「stera terminal」を繋ぐアプリ
駐車場割引アプリ個別見積お買い上げ金額に応じた駐車場利用料の割引券を発行できるアプリ
領収書アプリ500円stera terminalでインボイス対応の領収書を発行
C-Web アプリ無料ショッピングローンの申込ができるアプリ
POS+food個別見積多様な機能を実装したPOSシステム
BASE Creator無料BASEの店舗の開設や管理を簡単にstera terminalでできるアプリ
SmartDetax個別見積導入実績No. 1の免税システム。
Sカメラ個別見積stera terminalのカメラで写真を撮影し、クラウドでデータを管理するサービス
matoca個別見積煩雑な受付業務をサポートする順番管理サービス
Dentry byGMO steramarket4,950円/月歯科向け予約システム
グルメSNS【シンクロライフ】加盟店アプリ無料累積25万件・登録店舗数10万店舗のグルメSNS「シンクロライフ」の飲食加盟店向けアプリ
twitter無料店舗やビジネスの情報発信が可能

 

どんな店舗が導入すべき?

以上、「stera pack」のメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリットデメリット
・VISA・MasterCardの手数料が安い
・ロール紙の追加発注が無料
・おみせポケットを無料で使用可能
・月額料金と3年以内の解約は違約金が発生
・アメックス、JCB、Dinners Clubは非対応
・電子マネー・QRコード決済の手数料が高い
・審査が長く申込できない店舗も多い
・stera terminalは光回線と電源・LANケーブルが必要
・stera marketを使用できるもPOSシステムは有料

 

「stera pack」は、VISA、MasterCardの手数料が安く、ロール紙の料金が無料というメリットもありますが、JCB等、国内シェア率の高いブランドが非対応という致命的なデメリットや、電子マネー・QRコード決済の手数料が他社より高いことを考えると、月額料金3,300円払ってまで導入する価値は個人的には無いように思えます。

また、3年以内の解約には違約金が掛かってしまう為、お試しという形での利用もできません。確かに初期費用がかからずに高スペックな端末を使用できるというメリットもありますが、それだけでなら、月額料金も初期費用もかからず、JCBブランドにも対応しているJMSの「VEGA3000」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

JMSおまかせサービス公式HP 【VEGA3000】の申し込みはコチラ

Square Terminal・VEGA3000・stera terminalを徹底比較!ターミナル決済端末を導入するならどこがお薦め?
経済産業省が公表したデータによると、クレジットカードや電子マネー・QRコードによる決済比率は下記のように年々増え続けている為、キャッシュレス決済はどんな小規模な店舗でも当たり前になってきましたね。 ですが、それらを提供している...

コメント

  1. 匿名 より:

    sterapackではなく、クレジット決済のみ利用する場合は、月額3,300円は不要で、手数料だけ発生するという認識なのですが、合ってますか?その場合、アプリの使用はできず、ロール紙は有償と認識しています。よろしくお願いいたします。

    • 管理人 より:

      (2021年9月8日 16:04)
      コメント頂きありがとうございます。

      steraの契約形態は、「stera pack」、「stera terminal単体」、「stera mobile単体」のいずれかになり、ご質問頂いた月額料金・アプリの使用可否・ロール紙の有無等、違いを記事に追記しました。端末単体契約だと、月額料金が発生しない代わりに初期費用が10万円近くかかってしまうのがデメリットになりますね。

      stera terminalとstera mobileの違い

      ————————————–
      (2021年9月7日 21:17)
      情報を持ち合わせていない為、現在問い合わせを行っております。大変恐れ入りますが、返信があるまでもう暫く待ちくださいませ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク