Square Terminal・VEGA3000・stera terminalを徹底比較!ターミナル決済端末を導入するならどこがお薦め?

ターミナル端末

経済産業省が公表したデータによると、クレジットカードや電子マネー・QRコードによる決済比率は下記のように年々増え続けている為、キャッシュレス決済はどんな小規模な店舗でも当たり前になってきましたね。

 クレジットデビット電子マネーQRコード合計
2014年15.4%0.15%1.3%16.9%
2015年16.5%0.14%1.5%18.2%
2016年18.0% 0.30% 1.7%20.0%
2017年19.2%0.37%1.7%21.3%
2018年21.9%0.44%1.8%0.05%24.1%
2019年24.0%0.56%1.9%0.31%26.8%
※経済産業省が公表したキャッシュレスによる決済比率。

ですが、それらを提供している企業は無数にありますし、店舗の設備状況によっても導入すべきサービスは異なります。そして、もし選び方を間違えてしまったら、初期費用や月額料金がかかったり、解約の際に違約金が発生してしまうケースもあります。

そんなことを防ぐためにも、各サービスごとのメリット・デメリット、そして違いをしっかり把握したうえで申し込みを行うようにしましょう。

ということでこの記事では、ターミナル決済端末である「Square Terminal・VEGA3000・stera terminal」のお薦め度をランキング形式で徹底的にまとめます。

スポンサーリンク

スマホを使用したモバイル決済端末との違い

店舗にキャッシュレス決済を導入するとなると、大きく分けて2つの選択肢があります。1つ目が、スマートフォンやタブレットとセットで使用できるモバイル決済端末。そしてもう1つが、単体で使用ができるターミナル端末です。

これらの違いは以下のようになります。

 モバイル決済端末ターミナル端末
固定インターネット回線不要必要
プリンタ出力機能
スマートフォン・タブレット必要不要
決済端末の操作性

 

そして当然ながら初期費用・月額料金は無料が前提の方も多いと思いますが、それらはモバイル・ターミナル端末問わず、サービス提供会社により異ります。

よって、主な分岐点となるのは下記2つです。

  1. 店舗に固定インターネット回線が設置されているか。
    YES:ターミナル端末
    NO:モバイル決済端末
  2. レシート出力機能が必要か否か。
    YES:ターミナル端末
    NO:モバイル決済端末

まず、ターミナル端末はインターネットの固定回線(光回線)が必須となるので、もし導入されていなければ、モバイル決済端末一択となります。

【6社を徹底比較】スマホを利用したモバイル決済端末を店舗に導入するならどこがお薦め?
経済産業省が公表したデータによると、キャッシュレスによる決済比率は下記のように年々増え続けています。 そして当然のことながら、クレジットカード等のキャッシュレス決済ができなければ、その分だけお客様を見逃す事になってしま...

 

続いて、レシート出力機能です。モバイル決済端末だとプリンタを購入する必要があるので、紙ベースでの運用をするならターミナル端末を選択するようにしましょう。

ただ、固定回線が店舗に無くとも、レシート出力機能があるターミナル端末を使用したいなら、月額693円でLTE契約ができるVEGA3000がお薦めです。固定回線を店舗に導入するとなると、月額料金は3桁じゃすみませんし、工事費やルーター等の代金もかかるので、この料金は格安です。

JMSおまかせサービス公式HP 【VEGA3000】の申し込みはコチラ

 

Square Terminal・VEGA3000・stera terminalを徹底比較

では、ターミナル端末3社を比較していきしょう。

決済サービスSquareJMSおまかせサービスstera pack
端末名Square TerminalVEGA3000Stera Terminal
端末代金46,980円65,780円98,670円
初期費用46,980円0円0円
月額料金無料無料3,300円
スマホ・タブレット不要不要不要
LTE無(固定回線要)693円/月無(光回線要)
レシート印刷機能
ロール紙2,487円(20巻)2,618円(10巻)無料
審査即日4週間1.5~2ヶ月
POSレジアプリ連携有料
分割・リボ払い不可
振込日翌営業日月6回月6回
常時電源接続不要(持ち運び可)不要(持ち運び可)必要
サイズL:142.2
W:86.4
高さ:63.5mm
L:168
W:78
高さ:67mm
L:266
W:108
高さ:100mm
※「VEGA3000」の端末代金はSB Payment Serviceの情報を参考にしています。
※「 stera terminal」の端末代金は本体価格(87,000円)+電子サインペン(2,700円)に税金を考慮した金額です。

 

月額料金や初期費用・違約金

まず、導入にあたり最も気になるのが、初期費用や月額料金ですね。

上記3社で、Square Terminalは初期費用として端末代金46,980円がかかりますし、stera terminalは月額料金が3,300円かかることに加え、3年以内の解約には高額な違約金が発生します。

利用期間端末1台あたりの違約金
申込月~13カ月目以内88,000円
14~25ヵ月目以内66,000円
26~37カ月目以内44,000円

 

いくら店舗のキャッシュレス化を望んでいても、余計な出費がかかるのであれば必要ないと考える方も多いと思います。よって3社の中では、初期費用・月額費用・違約金全て不要なJMSおまかせサービス(VEGA3000)が圧倒的にお薦めです。

 

審査期間

今回、選択肢として挙げている3社のうち2社はクレジットカード事業に関連している大企業で、それ故にか審査期間は下記のように長くなります。

決済サービス提携企業審査期間
Square最短翌日
JMSおまかせサービスJCB、三菱UFJニコス、UCカード1か月程
stera pack三井住友カード、GMOペイメントゲートウェイ、ビザ・ワールドワイド・ジャパン2週間~2カ月程

ただ、圧倒的知名度と信頼感を考えると、審査期間が長くなるのは止むを得ないかもしれません。また、審査云々の前に申し込みできない事業形態も多くなる為、導入ハードルは高くなります。

  • JMSおまかせサービス(VEGA3000)
    ⇒催事・イベント等の無店舗での販売形態等は申し込み不可
    ⇒電子マネーのみ契約不可:物品販売(ペット)、飲食業(バー・スナック)、サービス業(学校、ラブホテル等)
  • stera pack
    ⇒通信販売、金券ショップ、新聞、金融・貸金、保険代理店、公共料金のお取扱い(水道・ガス・電力等)、住まいのクリーニング、設計・工事・施工、公営ギャンブル、パチンコ、風俗店、宗教

一方で、Squareは圧倒的に審査期間が短く、上記2社のように申し込みできない事業形態も特にはありません。よって、仮に「審査の期間が長い=審査が厳しい」とすると、他社の審査に落ちてしまった店舗は再挑戦する価値があるかもしれません。

 

クレジットカードの手数料

 SquareJMSおまかせサービスstera pack
VISA3.25%3.24%2.7%~2.9%
Master
Card
American
Express
3.74%
JCB3.95%
Diners
Club
3.25%
Discover
Card
UnionPay3.25%3.25%
※Square・楽天ペイ・STORES決済・Times PayはUnionPayに非対応です。

stera packの手数料が群を抜いて安いように見えますが、毎月3,300円の料金が発生することや、VISA、MasterCard、UnionPay以外の国際ブランドが非対応なことを考えると、正直お薦めはできません。

stera packで月額3,300円の元を取るための売上高はいくら?

よって、クレジットカードの手数料においてもJMSおまかせサービス(VEGA3000)が抜きんでていることが分かります。

 

電子マネーの手数料

 SquareJMSおまかせサービスstera pack
nanaco×※3.24%3.25%
楽天Edy
WAON
Suica3.25%3.24%
PASMO
Kitaca
TOICA
manaca
ICOCA
SUGOCA
nimoca
はやかけん
iD3.75%
QUICPay+×
Apple Pay×
※JMSおまかせサービスの中で、nanaco、楽天Edy、WAONに対応しているのは「VEGA3000」だけで「おてがるPay」は対象外です。

電子マネーにおいてもJMSおまかせサービス(VEGA3000)が抜きんでています。

ただし前述したように、物品販売(ペット)、飲食業(バー・スナック)、サービス業(学校、ラブホテル等)に該当する事業は申し込みができないので注意が必要です。

 

QRコード決済の手数料

 SquareJMSおまかせサービスstera pack
楽天ペイ××3.25%
au PAY3.24%
d払い×
PayPay
LINE Pay3.24%
メルペイ×
ゆうちょPay3.24%
ANA Pay×
EPOS Pay
銀行Pay
WeChat Pay3.25%
ALIPAY
atone×
K PLUS
ギフティプレモPlus
pring
※銀行Pay参加行は、OKI Pay(沖縄銀行)、こいPay(広島銀行)、はまPay(横浜銀行)、ほくほくPay(北海道・北陸銀行)、YOKA!Pay(熊本・十八親和・福岡銀行)等です。

 

QRコード決済に至っては、手数料率はJMSおまかせサービス(VEGA3000)がお得ですが、PayPay、d払い、楽天ペイ等、取扱高の上位を占めるスマホ決済サービスに非対応なので、そこに関してはstera packに分があります。

ただVEGA3000は、2021年7月からSmart Codeに参画しています。

Smart Codeとは、QRコード決済事業者と店舗をつなぐ決済情報処理センターの提供と加盟店契約の一本化を行うJCBのサービスです。

これからSmart Codeに加盟するQRコード決済事業者が増えていくのは明白ですし、その時の手数料率は他社と同率の3.24%になるでしょう。よって、今の段階では取り扱いが無くとも先を見据えた選択を検討すべきだと私は思います。

ちなみに、PayPayと直に契約を結べば、2021年9月30日まで加盟店手数料は無料です。10月1日以降の手数料がいくらになるか8月末まで分かりませんが、PayPay取締役副社長執行役員COOである馬場一氏によると「業界トップに躍り出たからと言って、手数料率を上げて収益獲得に乗り出す意図はもっていない」との事でした。

よって恐らく、3.25%というstera packの手数料が一番高くなるのではないかと個人的には思います。

 

売上金の入金時期

 最短入金日振込手数料
Square翌営業日無料
JMSおまかせサービス5日後無料
stera pack5日後220円(三井住友銀行は無料)

 

キャッシュレス決済導入にあたり踏み切れない理由となるのが、初期費用や手数料、そして売上金の入金サイクルが遅くなることですね。

特に、今のご時世では何が起こるか分かりません。

ですが、3社ともに売上金の最短入金日は1週間以内。Squareに至っては翌営業日と圧倒的に早く、現金とほぼ変わらない運用ができる為、資金ショートの可能性は限りなく低くなります。

 

3社のお薦めランキング

1位:VEGA3000(JMSおまかせサービス)

メリットデメリット
・プリンタ内蔵でレシート出力可
・端末が無料でスマホも不要
・分割・リボ・ボーナス一括払いにも対応
・電子マネーの対応種類が多く手数料も安い
・Smart CodeでQRコード決済にも対応
・売上金入金が月2回・月6回払いを選択可
・JCBプレモにも対応
・審査の期間が長い
・American Expressの手数料が高い
・POSレジ連携が有料の可能性有

VEGA3000は、審査の期間が長く、American Expressの手数料も高いというデメリットはありますが、それを上回る魅力が豊富です。

まず他社と違い、初期費用・月額料金・違約金が一切かからずに利用開始ができますし、クレジットカード・電子マネー・QRコード決済の手数料が最も安く、対応数も一番というキャッシュレス決済における根幹部分が突出しています。

他社も「キャッシュレスはこれ一台で」と言ったキャッチコピーを使用していますが、一部の国際ブランドやQRコード決済自体が非対応という隠れたデメリットが存在することを鑑みると本当のオールインワンの決済端末と言えるのはどれなのか?

私は、VEGA3000だと思います。

JMSおまかせサービス公式HP 【VEGA3000】の申し込みはコチラ

「VEGA3000」の評判は?JMSおまかせサービスで導入するメリット・デメリットまとめ!
「JMSおまかせサービス」というJCB・三菱UFJニコス・UCカードが共同出資しているサービスがあり、現在は下記3種類を提供しています。 おてがるPay VEGA3000 Mobile2 VEGA3000 Counte...

 

2位:Square Terminal(Square)

メリットデメリット
・プリンタ内蔵でレシート出力可
・審査が早い
・売上金入金は最短翌日
・POSレジとの連携可
・スマホの用意は必要ないがwi-fi環境が必須
・初期費用として端末代金が¥46,980必要
・他社に比べ手数料が高い
・QRコード決済不可
・分割・リボ・ボーナス一括払いに非対応

Sqaureは、審査期間や売上金の入金が他社よりも圧倒的に早く、更には、30日間は初期費用である端末代金を返金可能という小回りが利きやすい点が魅力的ではあります。

しかしながら、決済手数料は他社よりも高い部分が多いですし、電子マネーの対応数は少なく、QRコード決済に至っては非対応。極めつけは、初期費用として端末代金が46,980円かかるという致命的とも言えるデメリットがあります。

確かに、Square独自のPOSレジと連携ができ、在庫管理や顧客管理、売上管理等をしやすい一面はありますが、支払いの幅が狭まってしまうため、オールラウンドのVEGA3000に比べるとどうしても見劣りしてしまうように私は感じます。

Square公式HP 最短当日でカード決済導入!

Square Terminalのメリット・デメリット!リーダー端末との違いや導入すべき店舗とは?
Square(スクエア)は、店舗向けにクレジットカードや電子マネー決済を導入できる下記サービスを提供しています。 ・Square Reader ・Square Terminal では、Square ...

 

3位:stera terminal(stera pack)

メリットデメリット
・VISA・MasterCardの手数料が安い
・ロール紙の追加発注が無料
・おみせポケットを無料で使用可能
・月額料金と3年以内の解約は違約金が発生
・アメックス、JCB、Dinners Clubは非対応
・電子マネー・QRコード決済の手数料が高い
・審査が長く申込できない店舗も多い
・stera terminalは光回線と電源・LANケーブルが必要
・stera marketを使用できるもPOSシステムは有料

stera packは、初期費用は不要で、VISA・MasterCardの手数料が2.7%~と業界最安なのは魅力的です。

その反面、月額料金が3,300円かかりますし、3年以内の解約は結構な額の違約金が発生します。そして、最も大きいデメリットは、国内シェア率30%ともいわれるJCBブランドやAmerican Express、Diners Clubも非対応な点です。

Q&Aを見ても「非対応なブランドに関しては、各決済ブランドへ直接お問い合わせください」との事で、今後も対応予定はなさそうです。

確かに「おみせポケット」や「stera market」等、副次的なメリットは豊富ですが、手数料や違約金という部分を考えると、月額3,300円支払ってまで導入する価値は無いように私は思います。

stera公式HP stera pack

stera packはJCBやアメックスに非対応で月額料金・違約金も発生!デメリットが多いのか?
三井住友カードがGMOペイメントゲートウェイ、ビザ・ワールドワイド・ジャパンと協業して「stera pack」という決済端末やサービス・販促ツールをまとめて導入できるサービスを提供しています。 月額料金3,300円...

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク