「VEGA3000」をJMSおまかせサービスで導入するメリット・デメリットまとめ!

スマホ決済サービス

「JMSおまかせサービス」というJCB・三菱UFJニコス・UCカードが共同出資しているサービスがあります。

以前は「おてがるPay」というiPhoneやiPadがあればクレジットカード・電子マネー決済が可能なサービスを提供していましたが、新規申し込みは終了した為、現在は「VEGA3000」というワンランク上の端末が申し込み可能です。

では、他社と比較して違いは何なのか?

メリット・デメリット踏まえ、この記事でまとめます。

スポンサーリンク

メリット

プリンタ内蔵でレシート出力可

「VEGA3000」の魅力として挙げられるのが、プリンタが内臓している為、レシートの出力が可能な点です。現代は、メールに送られる電子レシート機能が普及しつつありますが、決済時に自分のメールアドレスを入力しなければいけないとう手間がかかります。

私も使用しましたが、相当に面倒くさいです。

それに、いくらキャッシュレス化が進んでいるとはいえ、企業勤めの方も個人事業主の方も家計簿をつけている方も大半は、紙ベースでの運用を行っています。コンビニのセルフレジだってそう。タッチパネル操作のキャッシュレス決済ができる店舗でもレシートだけは紙で出てきますよね・・・

それは、多くの方が紙のレシートを必要としているからなんです。

勿論、紙のレシートはなくてもなんとかなります。だけど、あるに越したことはない。そう考えると、他社のカードリーダーを契約して+何万円もするプリンタを用意するよりは、一体型の「VEGA3000」に魅力を感じませんか?

 

端末・月額費用が無料でスマホも不要

そんなレシート出力機能やタッチパネルが標準装備された「VEGA3000」の端末代金は高額で、競合他社の端末とは一線を画しています。

 月額費用初期費用リーダー端末代金プリンタ機能スマホ等
Airペイ0円0円20,167円×必要
楽天ペイ0円0円19,800円×必要
STORES決済0円0円19,800円×必要
JMSおまかせサービス(VEGA3000)0円0円65,780円不要
Square0円7,980円7,980円×必要
Times Pay0円38,000円~38,000円不要
※金額は税込みです。
※SquareとTimes Payを除きリーダー端末代金は不要です。
※「VEGA3000」の端末代金はSB Payment Serviceの情報を参考にしています。

 

そんな高額な端末を無料で手に入れられます。

 

公式HP 【決済サービス「JMSマルチ端末」】

更に、他社と違ってスマートフォンも不要で利用できるのが「VEGA3000」の魅力です。反面、Wi-Fi環境が必要にはなりますが、なければ別途月額693円でLTEサービスを契約できるオプションもついています。

固定回線を引いてWi-fi環境を新設するよりはずっと安価ですよね。

 

分割・リボ・ボーナス一括払いにも対応

業種にもよりますが「VEGA3000」は24回までの分割払いやリボ払いに対応しています。ただし、下記のように一部対象外の業種もあるので注意が必要です。

業種分割・リボ払いや電子マネー
物品販売(ペット)不可
飲食業(バー・スナック)不可
サービス業(専門学校(学校))不可
サービス業(学校その他)不可
サービス業(ラブホテル)不可

 

また、決済業者と国際ブランドによって分割・リボ払いに対応しているか否かが異なります。事実、競合他社のSTORES決済(旧:Coiney)VISA、MasterCardのみ。Times PayVISA、MasterCard、Diners Clubのみです。

「JMS」に問い合わせたところ、、、

状況により違う為、国際ブランドの対応状況は答えられない。

との事でした。

よって、高額な決済が多く、リボ・分割払いの利用頻度が高そうな店舗で導入する場合には、対応状況をしっかりと確認したうえでの申し込みを強くお薦めします。

 

電子マネーの対応種類が多く手数料も安い

政府によるキャッシュレス決済の推進により、電子マネーの決済件数や金額は年々増え続けています。そして当然のことながら、対応している種類が多ければ多いほど売上大きく繋がりますね。では、「VEGA3000」の対応状況はどうなのか?

ご覧のように、手数料は最安で対応種類も最多です。

 楽天ペイAirペイSTORES決済JMSおまかせサービスSquareTimes Pay
楽天Edy3.24%××3.24%××
Suica3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
PASMO3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
Kitaca3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
TOICA3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
manaca3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
ICOCA3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
SUGOCA3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
nimoca3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
はやかけん3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
nanaco3.24%××3.24%×3.24%
WAON×××3.24%×3.24%
iD3.74%3.74%×3.74%3.75%×
QUICPay+3.74%3.74%×3.74%3.75%×
Apple Pay3.74%3.74%×3.74%××

 

但し、ペットの物品販売やバー・スナック等の飲食業、サービス業(学校・専門学校・ラブホテル)では、電子マネーの契約ができないので注意が必要です。

 

売上金入金は月2回・月6回払いを選択可

「VEGA3000」の売上金入金は月2回と6回のいずれかを選択できます。

 締め日支払日
月2回16~月末15日
1~15日30日
月6回25~末日5日
1~5日10日
6~10日15日
11~15日20日
16~20日25日
21~25日30日
※支払日が土日祝日の場合、翌営業日に入金されます。

 

ゆうちょ銀行が利用できない為、不便に感じる方もいると思いますが、振込手数料は無料ですし、最短5日程度で入金されます。翌日入金される楽天ペイにはかないませんが、資金ショートの可能性が他社より少なくなる点はメリットだと思います。

決済会社最短入金日
Square翌営業日
楽天ペイ翌日
STORESターミナル2週間程度
Airペイ5日程度
Times Pay2週間程度
JMSおまかせサービス5日程度

 

JCBプレモにも対応

JCBプレモは、FamilyMart・LAWSON・Amazon・ユニクロ等、全国30万店舗以上で利用できるプリペイドカードです。家族・友人の誕生日や結婚・出産等のお祝い時にプレゼントされる事も多く、用途は様々です。

JCBプレモが利用できるからと言って、利用客が大幅に増えることはないと思いますが、他社が利用できない決済手段を持っていることは大きなメリットになりえます。

 

公式HP 【決済サービス「JMSマルチ端末」】

デメリット

審査の期間が長い

審査は一次・二次と別れておらず、完了まで1か月程かかります。

 1次審査2次審査
Square・Visa
・MasterCard
・American Expres
⇒最短当日
・JCB
・Diners Club
・Discover
・電子マネー
⇒最短3日
楽天ペイ・Visa
・MasterCard
・楽天Edy
・交通系電子マネー
・nanaco
⇒最短3~4営業日
・JCB
・American Express
・Diners Club
・Discover
・QUICPay
・iD
⇒最短2週間程度
STORES決済・Visa
・MasterCard
・SAISON Card
・WeChat Pay
⇒最短2~3営業日
・American Express
・JCB
・Diners Club
・Discover Card
⇒最短5営業日
Airペイ・VISA
・MasterCard
⇒最短3営業日
・JCB
・American Express
・Diners Club
・Discover
・交通系電子マネー
・QUICPay
・iD
⇒最短4営業日
Times Pay
JMSおまかせサービス
・VISA
・MasterCard
(・Union Pay)
⇒3週間~1ヵ月程
・JCB
・American Express
・Diners Club
・Discover
・電子マネー
⇒3週間~1ヵ月程
※Times PayとJMSおまかせサービスを除き、2次審査の起算日は1次審査の終了日です。
※Union Payは、JMSおまかせサービスのみ対応しています。

他社が最短3日で終わることを考えると、利用開始まで相当の時間がかかることになります。

「時間がかかる=審査が厳しい?」と余計な事も考えてしまいますね・・・

ただ、JMSは「JCB・三菱UFJニコス・UCカード」が共同出資しているクレジットカード決済代行会社で、圧倒的知名度と信頼度は言うまでもありません。そう考えると厳正な審査は仕方がないかもしれませんね。

 

American Expressの手数料が高い

「JMSおまかせサービス」は、American Expressの手数料が他社と比べて0.5%高くなります。

 SquareAirペイ/楽天ペイ/STORES決済Times Pay/JMSおまかせサービス
VISA

3.25%

3.24%

Master
Card

3.25%

3.24%

American
Express

3.25%

3.24%

3.74%

JCB

3.95%

3.74%

Diners
Club

3.25%

3.74%

Discover
Card

3.25%

3.74%

 

アメックスの世界シェアは一桁台と高くはありませんが、そのステータスやサービスの充実度に酔心している根強い支持者も多いので、決済頻度は少なくないと思います。その分、最安の事業者より手数料はかさむ点はデメリットになりますね。

  1. VISA:56%
  2. MasterCard:26%
  3. UnionPay:13%
  4. American Express:3%
  5. JCB:1%
  6. Diners Club:0.5%
  7. Discover Card:0.5%

 

 

QRコード決済不可

「PayPayの100億円キャンペーン」等の影響で、今や必須となりつつあるコード決済ですが、「VEGA3000」では2021年5月時点で利用はできませんし、HPに「対応準備中」と記載されていますが、いつ使用できるようになるかは分かりません。

上述したように、決済手段が少なくなればなるほど、売上の減少に響いてしまうのは事実。ただ、レシートを出力できる「VEGA3000」も捨てがたい。そんなときは、PayPayやd払い・楽天ペイ等のQRコード決済を個別に契約すればいいんです。

むしろその方が手数料が安く済みます。

例えば、QRコード決済が標準装備されているAirペイですが、PayPayやd払いの手数料は3.24%掛かります。しかしながら、「PayPay」加盟店申込を個別にすると初期費用も手数料も無料になるんです。

決済手数料は無料期間を過ぎると有料になる可能性があります。それでもAirペイの手数料に比べると安いです。

確かに一つのサービスでより多くの決済ができた方が、ゴチャゴチャしないですし管理も楽ですが、コロナ渦でいつ何が起こるか分からない時代です。少しでも支払うお金を少なくする方法を積極的に取り入れるべきだと私は思います。

 

メリット・デメリットまとめ

以上、JMSおまかせサービスで「VEGA3000」を導入するメリット・デメリットについてまとめてみました。

メリットデメリット
・プリンタ内蔵でレシート出力可
・端末が無料でスマホも不要
・分割・リボ・ボーナス一括払いにも対応
・電子マネーの対応種類が多く手数料も安い
・売上金入金が月2回・月6回払いを選択可
・JCBプレモにも対応
・審査の期間が長い
・American Expressの手数料が高い
・QRコード決済不可

 

「VEGA3000」は、アメックスの手数料が他社と比べて高い為、長期継続的に利用すれば費用がかさむ可能性は高くなります。また、年々、利用者が増えているQRコード決済に非対応なので、それらのお客様を見逃してしまうことになりかねません。

ですが、それは上述したように、「PayPay」加盟店申込等を個別にすればよいわけですし、むしろ、その方が一括して利用できるAirペイよりも手数料が安くなるメリットがあります。更に、紙ベースの運用が続く日本では必須のレシートが出力できるという大きな魅力があります。

お店にクレジットカードや電子マネー決済を取り入れるなら、「VEGA3000」を検討してみてはいかがでしょうか?

 

公式HP 【決済サービス「JMSマルチ端末」】

◆参考記事

【6社を徹底比較】電子マネーやQRコード決済・クレジットカードリーダー端末を店舗に導入するならどこがお薦め?
この記事は、「Square・楽天ペイ・STORES決済・Airペイ・Times Pay・JMSおまかせサービス」の6社を比較対象としています。 Spuare株式会社が行った調査によれば、、、 クレジットカード...

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク