【6社を徹底比較】スマホを利用したモバイル決済端末を店舗に導入するならどこがお薦め?

スマートフォン決済端末

経済産業省が公表したデータによると、キャッシュレスによる決済比率は下記のように年々増え続けています。

 クレジットデビット電子マネーQRコード合計
2014年15.4%0.15%1.3%16.9%
2015年16.5%0.14%1.5%18.2%
2016年18.0% 0.30% 1.7%20.0%
2017年19.2%0.37%1.7%21.3%
2018年21.9%0.44%1.8%0.05%24.1%
2019年24.0%0.56%1.9%0.31%26.8%
※経済産業省が公表したキャッシュレスによる決済比率。

 

そして当然のことながら、クレジットカード等のキャッシュレス決済ができなければ、その分だけお客様を見逃す事になってしまうんです。

ですが、いざ導入するとなると、どんな決済サービス会社があって、どこがどう違うのか?分からず、面倒に感じる方も多いと思います。

そんな方の為に、この記事では「Square・楽天ペイ・STORES決済・Airペイ・Times Pay・おてがるPay」といった、キャッシュレス決済導入を提供する企業6社の特徴とメリット・デメリットを徹底的にまとめます。

スポンサーリンク

ターミナル端末と比較したメリットは?

まず店舗にクレジットカードや電子マネー・QRコード決済を導入するなら選択肢は2つあります。1つ目がスマートフォン等とセットで利用するモバイル決済端末。そして、もう一つが単体で使用できるターミナル端末です。

 モバイル決済端末ターミナル端末
固定インターネット回線不要必要
プリンタ出力機能
スマートフォン・タブレット必要不要
決済端末の操作性

 

そして、一番気になるのが初期費用と月額料金・手数料ですよね。ですが、これらが発生するか否か、そして高いか否かは決済サービスを提供する会社により異なります。

よって、主な分岐点となるのは下記2つです。

  1. 店舗に固定インターネット回線が設置されているか。
    YES:ターミナル端末
    NO:モバイル決済端末
  2. レシート出力機能が必要か否か。
    YES:ターミナル端末
    NO:モバイル決済端末

まず、ターミナル端末はインターネットの固定回線(光回線)が必須となるので、もし導入されていなければ、この記事でまとめているモバイル決済端末一択となります。

続いて、レシート出力機能です。モバイル決済端末だとプリンタを購入する必要があるので、紙ベースでの運用をするならターミナル端末を選択するようにしましょう。

Square Terminal・VEGA3000・stera terminalを徹底比較!ターミナル決済端末を導入するならどこがお薦め?
経済産業省が公表したデータによると、クレジットカードや電子マネー・QRコードによる決済比率は下記のように年々増え続けている為、キャッシュレス決済はどんな小規模な店舗でも当たり前になってきましたね。 ですが、それらを提供している...

 

Square・楽天ペイ・STORES決済・Airペイ・Times Pay・おてがるPayの比較

キャンペーン比較

現在、初期費用をかけずに利用開始できるのは下記の事業者です。

 月額費用初期費用リーダー端末代金
(プリンタ代金)
プリンタ機能スマホ等
Airペイ0円0円20,167円×必要
楽天ペイ0円0円19,800円×必要
STORES決済0円0円19,800円×必要
おてがるPay0円38,280円23,100円
(15,180円)
必要
Square0円7,980円7,980円×必要
Times Pay0円38,000円~38,000円不要
※金額は税込みです。
※Square、おてがるPay、Times Payを除きリーダー端末代金は不要です。

 

初期費用が発生する3社も、以前は初期費用が無料だったのですが、現在はキャンペーンを実施しておらず有料です。現在の状況を鑑みると、キャンペーン自体を続ける事業者が減っていく可能性もあるため、早めの申し込みを検討した方がいいと思います。

 

審査

6社とも2種類の審査を設けています。審査は以下のように国際ブランドごとに行われます。

 1次審査2次審査
Square・Visa
・MasterCard
・American Expres
⇒最短当日
・JCB
・Diners Club
・Discover
・電子マネー
⇒最短3日
楽天ペイ・Visa
・MasterCard
・楽天Edy
・交通系電子マネー
・nanaco
⇒最短3~4営業日
・JCB
・American Express
・Diners Club
・Discover
・QUICPay
・iD
・au PAY
⇒最短2週間程度
STORES決済・Visa
・MasterCard
・SAISON Card
・WeChat Pay
⇒最短2~3営業日
・American Express
・JCB
・Diners Club
・Discover Card
⇒最短5営業日
Airペイ・VISA
・MasterCard
⇒最短3営業日
・JCB
・American Express
・Diners Club
・Discover
・交通系電子マネー
・QUICPay
・iD
・d払い
・PayPay
・LINE Pay
・WeChat Pay
⇒最短4営業日
Times Pay
おてがるPay
・VISA
・MasterCard
(・Union Pay)
⇒3週間~1ヵ月程
・JCB
・American Express
・Diners Club
・Discover
・電子マネー
⇒3週間~1ヵ月程
※Times PayとおてがるPayを除き、2次審査の起算日は1次審査の終了日です。
※Union Payは、おてがるPayのみ対応しています。

 

尚、6社の中でSTORES決済だけは注意が必要です。理由は以下に該当する業種は、二次審査を始めから受けられないから。

電力、水道、ガス、公共料金(その他)、電話利用(通話)、インターネット接続サービス、便利屋・代行、結婚相談所

つまりはVISA、MasterCard(セゾンカード)に国際ブランドが限られてしまう為、申し込み前に対象可否を確認するようにしましょう。

 

■関連記事

STORES決済(旧:Coiney)は分割・リボ払いが可能!評判や他社と比較したメリット・デメリット!
スマートフォンやタブレットだけで導入できる実店舗型のカード決済システム「STORES決済(旧:Coiney)」。 最近では頻繁にテレビCMも流れていますね。 この決済システムは、カードリーダー端末とス...

 

クレジットカードの手数料

下記表は各社の国際ブランド対応状況と手数料です。

 SquareAirペイ/楽天ペイ/STORES決済Times Pay/おてがるPay
VISA

3.25%

3.24%

Master
Card

3.25%

3.24%

American
Express

3.25%

3.24%

3.74%

JCB

3.95%

3.74%

Diners
Club

3.25%

3.74%

Discover
Card

3.25%

3.74%

UnionPay

※3.74%

※3.25%

※Square・楽天ペイ・STORES決済・Times PayはUnionPayに非対応です。

 

Square・Times Payを除き3社の手数料は同率となっています。

ご覧の通りSquareは、「Diners Club」と「Discover Card」のみ手数料は安くなっていますが、2つの世界シェアは0.5%と他社に比べ圧倒的に低いです。

また世界シェアの50%以上を占める「VISA」や25%以上の「MasterCard」の手数料は0.01%高いです。

たかが0.01%の違いではありますが、手数料はスマホ決済選びにおいて重大な要素になります。回数が増えれば増えるほど、費用はかさみますので、手数料だけを考えるとSquareは選択肢から外れてしまいますね。

また、Times PayはAmerican Expressだけとはいえ手数料が0.5%高くなります。アメックスの世界シェアは3%なので、影響は小さいかもしれませんが、他社より出費が増えてしまうのは確実なので、デメリットとして捉えるべき点だと思います。

 

電子マネーへの対応と手数料

各社の手数料は以下のようになります。

一覧にしてみると、分かりやすいですが対応数・手数料共に楽天ペイが群を抜いていることが分かります。

「Square」は、2020年8月にようやく電子マネーへの対応を開始しました。

 楽天ペイAirペイSTORES決済おてがるPaySquareTimes Pay
nanaco3.24%××××3.24%
楽天Edy3.24%×××××
WAON×××××3.24%
Suica3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
PASMO3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
Kitaca3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
TOICA3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
manaca3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
ICOCA3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
SUGOCA3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
nimoca3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
はやかけん3.24%3.24%3.24%3.24%3.25%3.24%
iD3.74%3.74%×3.74%3.75%×
QUICPay+3.74%3.74%×3.74%3.75%×
Apple Pay3.74%3.74%×3.74%××

 

QRコード決済の対応と手数料

2021年1月に、MMD研究所が18~69歳の男女45,000人を対象に行った調査によれば、QRコード決済の利用者ランキングは、、、

    1. PayPay(43.10%)
    2. d払い(18.20%)
    3. 楽天ペイ(15.40%)
    4. au PAY(12.10%)
    5. LINE Pay(4.60%)
    6. メルペイ(3.60%)
    7. FamiPay(1.50%)
    8. QUOカードPay(0.90%)
    9. ゆうちょPay(0.40%)

となっています。

対応数だけ見ると、Airペイ一択になりますね。

 楽天ペイSTORES決済AirペイおてがるPay
Square
Times Pay
楽天ペイ3.24%
(実質無料)
×××
au PAY3.24%×××
d払い××3.24%×
PayPay××3.24%×
LINE Pay××3.24%×
ゆうちょPay××××
ANA Pay××××
EPOS Pay××××
銀行Pay××××
WeChat Pay×3.24%3.24%×
ALIPAY××3.24%×
atone××××
K PLUS××××
ギフティプレモPlus××××
pring××××
※銀行Pay参加行は、OKI Pay(沖縄銀行)、こいPay(広島銀行)、はまPay(横浜銀行)、ほくほくPay(北海道・北陸銀行)、YOKA!Pay(熊本・十八親和・福岡銀行)等です。

 

売上金の振込

クレジットカード決済を導入するにあたり、重要なのは売上金の入金サイクルです。入金サイクルが遅ければ資金ショートの可能性もある為、できるだけ早い会社を選びたいところ。

下記表は売上金の最短入金日です。

決済会社最短入金日
Square翌営業日
楽天ペイ翌日
STORESターミナル2週間程度
Airペイ5日程度
Times Pay2週間程度
おてがるPay5日程度

 

売上金の振込が一番速いのは楽天ペイです。

土日祝日関係なく自動で翌日に入金され尚且つ、振込手数料が0円というのは他を圧倒しています。

ただし、翌日振込が適用されるのは口座を楽天銀行に設定した場合のみ。それ以外の金融機関だと翌営業日で手数料が210円。更に入金依頼を手動で行う必要があります。

 

キャッシュレス・消費者還元事業へのメリットと登録方法

2020年6月30日をもって「キャッシュレス・消費者還元事業」は終了しました。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

これにより対象となる店舗は、手数料軽減(VISA:3.24%⇒2.16%)端末代金の補助が受けられますし、利用者側もキャッシュレス支払いにより5%(または2%)のポイント還元が受けられるようになります。

店舗にとっても買い物をするお客様にとってもメリットの大きい制度なので、対象となる事業者は、キャッシュレス・消費者還元事業への登録を行いましょう。

登録の手順は以下のようになります。

  1. 2020年4月までに決済事業者へ加盟店申し込み
  2. 決済事業者の審査
  3. キャッシュレス消費者還元事業への登録申し込み
  4. 国の執行団体による審査

手続きがややこしそうに見えますが、当記事で紹介している「Square・楽天ペイ・STORES決済・Airペイ・Times Pay」の6社から申し込みを行えば手取り足とりサポートを受けられるのでご安心を!

では最後に、6社をランキング形式でまとめていきます。

 

6社のお薦めランキング

1位:楽天ペイ

メリットデメリット
・月額費用0円
・カードリーダーが無料
・6つの国際ブランド対応
・主要電子マネー対応
・手数料が業界最安
・売上金翌日振込で手数料0円
・POSレジとの連携可
・楽天ペイ(アプリ)でお客様にも大きなメリット
・分割払いやリボ払いの対応不可

 

振込入金は最短翌日手数料も業界最安。対応する電子マネーの数も業界でトップ。更には楽天ペイ(アプリ)で店舗の宣伝も兼ねつつお客様も楽天ポイントが貯まる・使えるという大きなメリットがあります。

楽天ポイントは、消費者がTポイントの次に利用しているポイント。むしろ、大手加盟店がTポイントから脱退している事を考えると、それだけで差別化に繋がるほどの優位性があります。

極めつけはキャンペーンです。カードリーダー端末が有料の企業もある中で、楽天ペイは無料で手に入れられるので、6社の中で最もお薦めができる決済事業者と言えるでしょう。

 

楽天ペイ公式HP スマホではじめるキャッシュレス決済 加盟店募集中!

楽天ペイの加盟店舗決済手数料が無料?審査時間や結果は遅い?評判やメリット・デメリット!
iPhoneやiPad、Androidさえあれば、クレジットカードや電子マネー、QRコード決済サービスを無料で導入できる「楽天ペイ(実店舗決済)」。 貯めやすく使いやすい楽天ポイントによる大きな集客力は勿論、売上金の入金も最速、更には...

 

2位:Airペイ

メリットデメリット
・導入コスト実質無料
・月額費用0円
・6つの国際ブランド対応
・交通系電子マネー対応
・手数料が業界最安
・売上金の振込回数が多く手数料も0円
・iPadとiPhoneのみ対応

 

対応ブランドの数は楽天ペイには敵いませんが、電子マネー決済に対応していますし、いち早くPayPayLINEPayへの対応を開始しています。

また振込に関しては、金融機関によって手数料が変動する事業社もある中、Airペイは制約なく手数料が無料になる為、楽天ペイと違い口座の新規開設が不要になる点は、大きな魅力の一つです。

 

Airペイ公式HP カード・電マネ・QR・ポイントも使えるお店の決済サービス

Airペイの評判はやメリット・デメリット!審査期間は遅くて厳しいのか?
店舗でクレジットカードや電子マネーの決済端末(機械)を設置したい。 しかしながら導入費用も心配だし手間が面倒・・・ そんな時にお勧めなのが株式会社リクルートホールディングスが提供している「Airペイ」というサービス。Airペイは...

 

3位:STORES決済(旧:Coiney)

メリットデメリット
・19,800円の端末を無料でゲット
・分割・リボ払いに対応
・電子マネーに対応
・WeChatPayに対応
・Coineyペイジでネット・電話もカード決済可
・スマホ、タブレットやプリンターの用意が必要
・売上金入金が遅い
・業種により扱える国際ブランドが違う

 

高額な決済が頻繁にある事業社であればSTORES決済をおすすめします。

理由は2回払いとリボ払いに対応しているからです。他3社はお客様が分割・リボ払いを希望されても支払い方法の変更(後リボ等)を推奨するしかありませんし今後の対応予定も無いとの事。お客様にとって、支払い方法の選択肢が多い事は大きな魅力です。

反面、売上金の入金が遅い点や、業種によってJCBブランドがセゾンカードのみとなるので、申し込み前に利用可否を確認しなければならない点はデメリットとなります。

 

STORES決済公式HP STORESターミナル(旧:coiney)

STORES決済(旧:Coiney)は分割・リボ払いが可能!評判や他社と比較したメリット・デメリット!
スマートフォンやタブレットだけで導入できる実店舗型のカード決済システム「STORES決済(旧:Coiney)」。 最近では頻繁にテレビCMも流れていますね。 この決済システムは、カードリーダー端末とス...

 

4位:Square(スクエア)

メリットデメリット
・審査が早い
・売上金額の振込が早い
・オリジナルのギフト券で自社ブランドの確立
・カードリーダー端末が7,980円
・手数料が他社より高い
・QRコード決済不可
・スマホ・タブレットやプリンターの用意が必要

 

Squareは、キャッシュレス・消費者還元事業の終了とともに初期費用が掛かるようになったため、正直、メリットと言える部分がほとんどなくなりました。

ただ、Times Payに比べると安価な点で5位とさせていただきました。

 

Square公式HP 最短当日でカード決済導入!

Square ReaderとSquare Terminalの違いは?メリット・デメリットまとめ!
Square(スクエア)は、店舗向けにクレジットカードや電子マネー決済を導入できる下記サービスを提供しています。 Square Reader Square Terminal 競合他社として「楽天ペイ・STORESターミ...

 

5位:おてがるPay

メリットデメリット
・プリンタ内蔵でレシート出力可
・端末が無料でスマホも不要
・分割・リボ・ボーナス一括払いにも対応
・電子マネーの対応種類が多く手数料も安い
・Smart CodeでQRコード決済にも対応
・売上金入金が月2回・月6回払いを選択可
・JCBプレモにも対応
・審査の期間が長い
・American Expressの手数料が高い
・POSレジ連携が有料の可能性有

 

おてがるPayは、電子マネーへの対応種類や分割・リボ払いに対応している点はメリットではありますが、反面、アメックスの手数料が高くQRコード決済にも非対応。極めつけは、初期費用として38,280円の代金が発生するという大きなデメリットがあります。

ただ、「JCB・三菱UFJニコス・UCカード」が共同出資している事業という圧倒的な知名度で安心感はあるので、利用を検討される方もいると思います。

そんな方は、おてがるPayではなく、プリンタが内蔵されたカードリーター端末を無料で提供しており、尚且つ、QRコード決済にも対応済み。更に、nanaco・楽天Edy・WAONと主要電子マネーにも対応したVEGA3000を検討してみてはいかがでしょうか?

 

JMSおまかせサービス公式HP VEGA3000の申し込みはコチラ

「VEGA3000」の評判は?JMSおまかせサービスで導入するメリット・デメリットまとめ!
「JMSおまかせサービス」というJCB・三菱UFJニコス・UCカードが共同出資しているサービスがあり、現在は下記3種類を提供しています。 おてがるPay VEGA3000 Mobile2 VEGA3000 Counte...

 

6位:Times Pay(タイムズペイ)

メリットデメリット
・Wi-Fi環境が不要
・導入研修を無料で実施
・nanaco・WAON等の主要電子マネーに対応
・24回までの分割払い・リボ払いに対応
・初期費用が税込38,000円
・American Expressの手数料が高い
・売上金の入金が遅い
・審査が遅い

 

Times Payは、電子マネーシェア1位と言われるWAONや分割・リボ払いに対応していますし、ネット環境の構築も不要。更に導入研修も無料で実施してもらえるという、メリットが豊富な点は魅力的です。

しかしながら、アメックスの手数料が高く売上金入金が遅いですし、何よりキャンペーン終了により、初期費用が税込38,000円という他社に比べて大きなデメリットがある為、Times Payを選ぶ余地はないように私は思います。

 

Times Pay公式HP Times Pay

Times Payは初期費用38,000円!審査・売上金入金も遅いのでデメリットだらけ?
Times Payは、「パーク24株式会社」が提供している決済サービスです。 以前は、競合の「Square・楽天ペイ・STORES決済・Airペイ・JMSおまかせサービス」に引けを取らないサービスを提供していましたが、現在は、初期費用...

コメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク